新製品情報MAXXISから“世界初”ラジアルチューブレスタイヤが登場「Radiale TL」

  • 一覧
MAXXIS Radiale TL(マキシス ラディエール・チューブレス)MAXXIS Radiale TL(マキシス ラディエール・チューブレス)

 MAXXIS(マキシス)から、ラジアルチューブレスタイヤが9月に発売される。

 「Radiale TL」(ラディエール・チューブレス)はMAXXISがタイヤ開発における技術を結集して完成させたラジアルケーシング構造によるチューブレスロードタイヤで、この構造の自転車用タイヤは世界初のものだという。

 MAXXISは2年前よりラジアルテクノロジーを使用した「Radiale」を投入しているが、今回これにチューブレス構造を取り入れることで、さらに一歩進化したものになった。この新しいタイヤに合わせて、設置面であるコンパウンドも新たに開発。高密度粒子コンパウンドで気密性を高め空気保持性能も向上させたほか、耐摩耗性能も既存のチューブレスロードタイヤより最大で約25%向上させているという。

Radiale TLの内部構造Radiale TLの内部構造

 もちろん定評のある高密度のラジアルケーシングは、ライダーのパワーを逃さず推進力に変換する。

 乗り心地、グリップ、耐久性を高次元で実現し、あらゆるシーンで活躍するハイパフォーマンスタイヤだ。専用タイヤレバーが2本付属する。

 
MAXXIS Radiale TL
価格:10,500 円(税込)
サイズ:700×22c
コンパウンド:デュアル
重量:270g
推奨空気圧:7.2 ~ 8.6気圧
専用タイヤレバー2本付属
発売日:9月中旬

問い合わせ)インターテック http://www.maxxis.jp/

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載