男女U23イタリア王者が参戦関西唯一のシクロクロス国際大会「マキノラウンド」 滋賀・マキノ高原で23、24日開催

  • 一覧

 滋賀県高島市マキノ高原で11月23、24日、関西シクロクロスシリーズ第4戦「UCIクラス2・マキノラウンド」が開催される。海外招待選手として、イタリアの男女U23チャンピオンの参戦が決定。翌週に開催される野辺山シクロクロスとあわせ、UCIシクロクロスレースが2週に渡って開催され、国内シクロクロスシーズンのピークとなる。

観戦しやすいマキノ高原観戦しやすいマキノ高原
ジョエーレ・ベルトリーニ(左)とアリスマリア・アルツッフィ(右)ジョエーレ・ベルトリーニ(左)とアリスマリア・アルツッフィ(右)

 レースは23日にUCIカテゴリーにあたる男子エリート、女子エリート、U23クラスと、シリーズ戦のマスタークラスCM1のレースが行なわれる。24日は通常の関西シクロクロスシリーズ、第4戦のレースがCM1以外行なわれる。

 UCIレースに出場する招待選手のジョエーレ・ベルトリーニ(セライタリア・グエルチョッティ)は、19歳でMTBとシクロクロスで活躍する有望なイタリア若手選手。アリスマリア・アルツッフィ(同)もシクロクロスで活躍する一方、ロードレースではアスタナ女子チームに所属している。

 対する国内選手は、U23男子からは昨年の全日本シクロクロス選手権大会3位でAJOCC・U23のチャンピオンとなった沢田時(ブリヂストンアンカー)や、横山航太(シマノレーシング)といった将来の日本を牽引する選手たちが勝負を挑む。女子は全日本シクロクロス選手権チャンピオンの宮内佐季子(Team CHAINRING)と、全日本マウンテンバイク選手権チャンピオンの與那嶺惠理(サクソバンクFX証券)の、2人のチャンピオンが迎え撃つ。

沢田時(ブリヂストンアンカー)は昨年の全日本シクロクロス選手権U23クラスのチャンピオン沢田時(ブリヂストンアンカー)は昨年の全日本シクロクロス選手権U23クラスのチャンピオン
女子シクロクロスチャンピオンの宮内佐季子(Team CHAINRING)女子シクロクロスチャンピオンの宮内佐季子(Team CHAINRING)

 マキノ高原の会場は全体に芝生で見通しが良く、コース全体を一望できるため観戦のしやすいコースとして知られている。なお23日は会場への入場の際に、入場料500円が必要となる(高校生以下は無料)。

関西シクロクロス20周年記念「カンクロー」カウベル関西シクロクロス20周年記念「カンクロー」カウベル

 会場には飲食等の出展ブースも多数用意される予定。また関西シクロクロス20周年記念アイテムとして、関西シクロクロスのマスコットキャラ「カンクロー」をデザインした黄色いカウベルも販売される。


関西シクロクロス マキノラウンド

■開催場所:滋賀県高島市マキノ町牧野 マキノ高原特設コース
■開催日:11月23日(日)、24日(月・祝)
■23日のスケジュール
9:00〜 CM1 スタート(40分) 
10:00〜 U23 スタート(50分)
11:10〜 女子スタート(40分)
13:00〜 男子スタート(60分)
※※23日は入場料500円/1人(高校生以下は無料)、24日は駐車料金500円/1台が必要

この記事のタグ

シクロクロス

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載