トライアスリート向けセミナーを淡路島で12月14日開催パワータップからカーボンクリンチャーリムのホイール「アンプ」シリーズ登場

  • 一覧

 ライダーの出力を後輪のハブで測定するパワーメーターシステム「パワータップ」から、パワータップG3をフルカーボンクリンチャーリムに組み込んだ「AMP」(アンプ)シリーズホイールが発売された。リムハイト50mmの「アンプ50」と35mmの「アンプ35」の2モデルで、レースでも練習でも常にパワーデータを収集しながら使えるホイールだ。

パワータップG3を組み込んだカーボンクリンチャーリムホイール「アンプ50」パワータップG3を組み込んだカーボンクリンチャーリムホイール「アンプ50」

練習もレースも任せられるパワータップ搭載ホイール

 カーボン製造技術の向上で、フルカーボンクリンチャーリムに対する疑念や不安は払拭されつつあり、練習もレースも任せられるホイールへのニーズが高まっている。アンプシリーズは、パワートレーニング実践者にとって、常にパワーデータを収集でき、トレーニングの精度をより向上させられるアイテム。パワータップG3ハブによって、+/-1.5%の精度で出力計測が可能だ。

 アンプホイールはパワータップのオリジナルフルカーボンリムを採用。24.5mmの幅広リムで、断面は空気抵抗を抑えるUシェイプ。前後ペア重量は、リムハイト50mmのアンプ50が1717g、35mmのアンプ35は1608g。前後別売のためフロントに35、リアに50といった組み合わせも可能だ。TCg(極低温ガラス転移)テクノロジーとCryo-Blueブレーキパッドの採用で、ブレーキ面への熱集積によるリムの変形を防止する。

非常に高い制動力を誇るCTgブレーキングテクノロジーを採用非常に高い制動力を誇るCTgブレーキングテクノロジーを採用
CTg専用のブレーキパッド「Cryo-Blue」などの付属アクセサリーCTg専用のブレーキパッド「Cryo-Blue」などの付属アクセサリー
CTgブレーキングテクノロジーとCryo-Blueパッドの組み合わせ(右)は、他メーカーのカーボン専用パッドよりも効率よく放熱するCTgブレーキングテクノロジーとCryo-Blueパッドの組み合わせ(右)は、他メーカーのカーボン専用パッドよりも効率よく放熱する

 また、パワータップ製品の販売を行うキルシュベルクは、パワータップに関するすべての修理を国内で行える設備を備えており、約1週間の預かり期間で修理サービスを提供している。

■パワータップ「アンプ50」「アンプ35」
税込価格:185,000円(リア)/85,000円(フロント)
前後ペア重量:1,717g(アンプ50)、1,608g(アンプ35)
保証期間:2年

◇         ◇

トライアスリートにはパワーメーターが重要

アスロニア・トライアスロン・アカデミー梅田校のメインコーチ、清水辰生さんが講師を務めるアスロニア・トライアスロン・アカデミー梅田校のメインコーチ、清水辰生さんが講師を務める

 パワータップを使用した、トライアスリート向けの自転車セミナー「パワータップ・セミナーライド in 淡路島 Vol.2」が、兵庫県の淡路島で12月14日に開催される。講師はアスロニア・トライアスロン・アカデミー梅田校のメーンコーチを務める清水辰生さん。

 トレーニングの構成は、パワートレーニングや機材について約90分の講義、パワーメーターを使用して約90分の公道ライド、そしてこだわりのデザート付きのおいしいランチを楽しみながら行う90分の質疑応答。ライドで使用するパワーメーターに関してはメーカーは問わず、パワータップの無料レンタルもある。また、雨天の場合は室内でのローラー走行となる。

講習会で使われる施設「カフェ・チルコロ」講習会で使われる施設「カフェ・チルコロ」

 パワーメーターは、普段の練習では有酸素域での自身の能力を把握するため、そしてレースでは絶対的なペーサーとして大きな戦力になる。しかしトライアスロンでは、プロを除くとまだまだ愛用者が少ないのが現状。超長距離競技だけに、パワーメーターの導入が大幅なタイム短縮につながることもあるという。また、パワートレーニングを始めるのにレベルや年齢は関係なく、40~50代でもトレーニングで驚くような成果を得られる。

 パワートレーニングでは最初にノウハウを習得しなければならないので、プロのコーチのレクチャーを受けられるセミナーは、パワートレーニングを始める最適なきっかけとなりそうだ。

パワータップ・セミナーライド in 淡路島 Vol. 2

主催:株式会社キルシュベルク
講師:清水辰生(アスロニア・トライアスロン・アカデミー専属コーチ)
協賛:カフェ・チルコロ
日時:2014年12月14日(日) 8時~14時頃
場所:カフェ・チルコロ(現地集合・解散)
内容:パワートレーニング勉強会(約90分)、路上走行(約90分、雨天の場合は室内ローラー走行)、昼食兼質疑応答タイム(約90分)
定員:20人
参加費:8000円(ランチ、コーヒー、シャワーなどの施設使用料込み)
参加資格:ロードバイク経験者でロードバイクを持参できる方
申込方法:キルシュベルク・オンラインストアから
お支払い方法:現地にて現金でお支払い
対象:パワートレーニングに興味のある方、パワーメーターを持っているが活用できていない方など
その他:パワータップホイール、サイクルコンピューターのレンタル有り(無料)

関連記事

この記事のタグ

ホイール|サイクルパーツ商品一覧

サイクルパーツ パワータップ ホイール 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載