スマートフォン版はこちら

バイクインプレッション2014「KUOTA KOUGAR」 ミッドレンジの域を超える最新仕様で登場した新エアロロード

  • 一覧

 カーボンフレームを得意とするイタリアのバイクメーカー、クォータの2015年モデルが今夏に発表され、エントリーからミドルグレードのカーボンロードが大きくモデルチェンジし、モデル名も全体にポップな新しいネーミングとなったのは記憶に新しい。今回はそのニューモデルの中からKURAROの後継モデル「KOUGAR」を試乗した。ミッドレンジながらトレンドを網羅したフレームを、シマノ・105組みを始めとする、3仕様の完成車とフレームセット販売から選択肢できるのも魅力だ。

KUOTA KOUGAR(クォータ クーガー)KUOTA KOUGAR(クォータ クーガー)

KUOTA KOUGAR(クォータ クーガー)
価格:463,000円(アルテグラDi2完成車、税抜)
   348,000円(アルテグラ完成車、税抜)
   298,000円(105完成車、税抜)
   190,000円(フレームセット、税抜)
サイズ:XS(443), S(463), M(505), L(525)
カラー:ホワイト×グリーン、ダークグレー、ホワイト×レッド
問い合わせ先:インターマックス http://www.intermax.co.jp

スペック

フレーム:カーボン
フォーク:カーボン
変速機:シマノ・デュラエース(F)&(R)
ギヤ:シマノ・デュラエース 50×34T、11-25T(11s)
ホイール:Vision・metron55
重量:6.85kg(完成車実測値)

リアはダイレクトマウントブレーキを採用し、シートステーはスッキリとした印象とともに性能を追求したリアはダイレクトマウントブレーキを採用し、シートステーはスッキリとした印象とともに性能を追求した
フレームに合わせ、シートポストもエアロ形状で、固定ボルトと接続部は専用ラバーで覆われるフレームに合わせ、シートポストもエアロ形状で、固定ボルトと接続部は専用ラバーで覆われる
フロントブレーキはフォーク裏に取付るTRPのVブレーキタイプを採用。ミッドレンジながらトコトン空力性能にこだわった1台だフロントブレーキはフォーク裏に取付るTRPのVブレーキタイプを採用。ミッドレンジながらトコトン空力性能にこだわった1台だ

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中

米山 KURAROの後継モデルとして、新しく発売になるKOUGAR。2015年モデルからブランディングに変化が見られ、前年モデルの流れを汲んでいるが、モデル名やグラフィックの傾向が変わったね。

松尾 ミッドレンジは一新され、KOUGARは流行が全て入っていたフレームとなっています。思い切っていますね。

米山 上位モデルで採用されていたBB386を採用し、リヤはチェーンステー裏につくダイレクトマウントブレーキ、フロントはTRP製のエアロVブレーキと、かなり攻めている。

松尾 ええ。最初に目がいくのがブレーキですが、フロントとリヤどちらのブレーキも充分な制動力を持っており、止まる動き、スピードをコントロールする動きともに良かったと思います。しかし、調整に関してはどちらも少々難しそうです。ダンシングの際にリムがブレーキシューに擦っていたので、アーチを広げようとしたんですが、工具を使わないとできないんですよね。シマノのようにアジャスターがあるのに慣れていると不便に感じてしまいます。もちろん、しっかりブレーキの調整を行って乗ることが大前提ですが。

米山 そうだね、でもボクも気になった。試乗車は完成車モデルではなく、フレームの試乗用にチューンされた1台だったので、そのへんホイールとの相性も影響してはいたね。乗り味はどうだった?

松尾 フレームの性格は前三角が大きく感じるような乗り味なので直進安定性が良い感じでした。乗り心地は良かったです。とくにバックステーがいいかもしれません。

米山 同感。振動吸収性は高かった。

松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する

松尾 フレームの剛性感は高過ぎず低過ぎずロングライドやエンデューロにも使えそうです。発進加速はさほど良くはなく、徐々に上げてくのが良いと思いました。なので、しっかりと踏んだ時の剛性感を求める人は違うモデルのほうがいいでしょう。

米山 今のボクの脚だと十分な剛性があって安心感のある印象だったな。加速も軽快さは感じられた。上りも良いフィーリングだったと思うよ。

松尾 上りだとトルクをかけたダンシングよりはシッティングでシャカシャカと回していきたいです。下りの安定感はまずまずです。極度にコーナーで倒した時のバイクコントロールはシビアでしたが、フレームのマイルドな性格からそこまで倒さない時の安定感は良かったです。全体的にはチャートで表すと尖った部分が無く全体的に平均的な印象でした。

米山 もっとカチッとしたフレームももちろんあるけど、これはこれでコストパフォーマンスの高いリアルレースモデルとして、軽快さと安定感、そしてキビキビ走る性能面と価格やルックスを含めて総合的によくできていると思う。

松尾 採用されるブレーキ、カラー、エアロフレーム形状など、流行の最先端なので、所有欲も満たされるバイクだと思いますね。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


関連記事

この記事のタグ

20~30万円のロードバイク30~50万円のロードバイククオータ(KUOTA)のロードバイク

20~30万円 30~50万円 クオータ バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載