新製品情報走行時に車幅を照射し視認性アップ 朝日電器の自転車用レーザー付LEDシグナルライト

  • 一覧

 LED照明などを手がける電器製品メーカーの朝日電器が、「自転車用レーザー付LEDシグナルライト」を発売した。自転車の後方に設置して使用する同製品は、テールライトに加えて路面に照射するレーザーを搭載し、クルマなどへの視認性向上に効果を発揮する。

 自転車用レーザー付LEDシグナルライトの2本の赤色レーザーライトは、自転車の両側面の道路に照射される。夜間に走行する自転車の車幅を知らせることで、後方からの巻込み事故防止が期待できるという。

 テールライト部分は5個の赤色LEDをT字型に配し、点灯・点滅・スクロールをして後方に自転車の存在をアピール。パターンにスクロール機能を加えることでライトシグナルに動きを出し、同方向に走行するクルマのドライバーの視線をとらえて素早く存在を知らせる効果がある。

 取り付けは、付属のブラケット付きホルダーを用いたシートポスト固定式。ライト本体は取り外し可能で、電池交換の容易さや盗難対策も考慮されている。電源は単4電池2本、10~24時間の連続点灯が可能。防滴仕様。

 朝日電器では、「夜道の走行は特に路肩が暗く視界も利きにくいので、クルマのドライバーに自転車の存在を知らせることが大切。自転車通勤・通学はもちろん、近年需要が高まる電動機付自転車を活用している子育てママやシニア層の安心で安全な自転車ライフに役立てて」とコメントしている。

この記事のタグ

ライト|サイクルアクセサリー商品一覧

サイクルアクセサリー ライト 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載