9月にオランダで開催ロード世界選手権の日本代表選手を発表

  • 一覧
昨年の世界選手権、男子エリートの代表は宮澤崇史、別府史之、新城幸也の3人だった昨年の世界選手権、男子エリートの代表は宮澤崇史、別府史之、新城幸也の3人だった

 JCF(日本自転車競技連盟)は8月21日、9月にオランダで開催されるロード世界選手権の日本代表選手団を発表した。

 エリート男子は6人の代表枠に対して、まずヨーロッパのプロチームで活動する宮澤崇史、別府史之、土井雪広、新城幸也の4人と、それに加えて福島晋一、畑中勇介が選出されている。なお今回の代表枠獲得にUCIポイント獲得で大きな貢献を果たしている愛三工業レーシングの西谷泰治は、9月までのポイントで争われるUCIアジアツアーでのトップ争いを優先するため、今回の代表選出を辞退したことが同チームのウェブサイトで明らかにされた。

 エリート女子は全日本ロード3連覇を達成した萩原麻由子が選出された。

 U23は4人が選出。いずれも今年4月の全日本選手権ではU23ではなく、エリートのレースに出場していた選手となる。ジュニアは4人が選出されているが、全日本選手権のジュニア覇者の高士拓也(中央大)は選から漏れている。

 JCFは6月に世界選手権代表選手の選考基準を発表しており、国際大会やUCIポイント獲得選手を優先する方針を打ち出しているが、その結果U23とジュニアでは、今年の全日本チャンピオンが代表に入らない選考となっている。

大会名:2012年ロード世界選手権自転車競技大会
開催場所:オランダ・リンブルグ
大会期間:2012年9月16日(日)~23日(日)
派遣期間:2012年9月15日(土)~25日(火)

代表選手団

選手(15名)
●エリート男子
福島 晋一(JPCA・トレンガヌ サイクリングチーム)
宮澤 崇史(長野・チームサクソバンク)
別府 史之(JPCA・オリカ・グリーンエッジ)
土井 雪広(山形・アルゴス・シマノ)
新城 幸也(沖縄・チームヨーロッパカー)
畑中 勇介(東京・シマノレーシングチーム)
●エリート女子
萩原 麻由子(和歌山・サイクルベースあさひレーシング)
●U23男子
木下 智裕(神奈川・エカーズ)
平井 栄一(神奈川・ブリヂストンアンカー サイクリングチームU23)
寺崎 武郎(福井・ブリヂストンアンカー サイクリングチームU23)
椿 大志(東京・ブリヂストンアンカー サイクリングチームU23)
●ジュニア男子
西村 大輝(東京・昭和第一学園高校)
小橋 勇利(愛媛・ボンシャンス飯田)
徳田 優(京都・北桑田高校)
横山 航太(長野・篠ノ井高校)

監督:松本 整(JCFナショナルチーム総監督)
コーチ:高橋 松吉(JCF強化コーチ)、浅田 顕(JCFロード競技部会員)
柿木 孝之(JCFジュニア育成部会員)
アドバイザー:沖 美穂(JCF強化アドバイザー)
メカニック:鬼原 積(JCF強化スタッフ)
マッサー:中野 喜文(JCFロード競技支援スタッフ)
宮島 正典(JCFロード競技部会支援スタッフ)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載