ポタガール埼玉が全力レポート<前編>さいたまクリテリウムの興奮をコースの中で体感! レースもイベントも大にぎわい

  • 一覧

 さいたま新都心で10月25日に開催された「2014ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」。このビッグイベントに、埼玉県の魅力と自転車の楽しさを発信している女性グループ「ポタガール埼玉」の後口沙織さんらが盛り上げ役として参加しました。会場の雰囲気や、選手と一緒にコースを走った感動、関連イベント「サイクルフェスタ」でのポタガールの活動などを、後口“さおりん”のレポートでお届けします。

「ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」のオープニング走行にポタガール埼玉のメンバーが参加。折り返し地点で撮影する(左から)後口沙織さん、栗原育美さん、橋本弘子さん、絹代さん「ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」のオープニング走行にポタガール埼玉のメンバーが参加。折り返し地点で撮影する(左から)後口沙織さん、栗原育美さん、橋本弘子さん、絹代さん

「サイクルフェスタ」は大忙し!

今年もやってきました。さいたまクリテリウム!今年もやってきました。さいたまクリテリウム!

 いよいよやってきた「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」。昨年の大会は台風と重なり、中止されるかどうか不安ななかで迎えましたが、今年は空が味方してくれました! とってもイイ秋晴れのもとで、レースやイベントが開催されました。

 今年はさいたまスーパーアリーナの中がコースの一部になったこともあり、昨年はアリーナ内で催された「サイクルフェスタ」は、JRさいたま新都心駅を挟んで反対側の場所で開かれました。ポタガールも、自転車と埼玉の魅力を発信するキャンペーン「LOVE bicycle SAITAMA」のブースで活動しました。

標語が書かれたカードで、自転車の安全利用をPR標語が書かれたカードで、自転車の安全利用をPR

 駅から歩いて5分くらいのサイクルフェスタ会場は、午前10時の開場と同時にたくさんの人でにぎわい、大忙しとなりました。私たちは来年3月にスーパーアリーナで開催される「埼玉サイクルエキスポ2015」のチラシ配りと、自転車安全利用の標語が書かれたプラカードを持って、来場者の皆さんと写真撮影をしていました。

 今回、ポタガール埼玉リーダーの絹代さんをはじめ、栗原育美さん、橋本弘子さん、私の4人が、レース前に選手と一緒にオープニング走行をさせていただくことになりました。サイクルフェスタの会場からさいたまスーパーアリーナに向かう途中、コースの折り返し地点やアリーナの前で記念撮影。いざアリーナ内へ案内されると、会場は独特の緊張感に包まれました。オープニング走行参加者の控えスペースには片山右京さんの姿も! オープニング走行を待っている時間は、長いようであっという間でした。

LOVE bicycle SAITAMAのイニシャルを指で作る(左から)橋本弘子さん、絹代さん、後口沙織さんLOVE bicycle SAITAMAのイニシャルを指で作る(左から)橋本弘子さん、絹代さん、後口沙織さん
片山右京さんもオープニング走行に参加していました片山右京さんもオープニング走行に参加していました

選手たちは筋肉があって、いい体格!

 選手紹介が始まる前に、参加者がコースにスタンバイする時間がやってきました。緊張はしていたものの、「楽しもう!」という気持ちの方が勝っていましたね。ステージの両脇にはそれぞれのチームのピットがあり、選手の姿がたくさん! 絹代さんの旦那さま、シマノレーシングの畑中勇介選手が近寄ってきて絹代さんと楽しそうに会話する場面も。このようなシチュエーションは初めて見たので、思わず写真に撮ってしまいました。

 アリーナ内のステージで選手紹介が始まり、紹介された選手は自転車のまま次々に降りてきてコースイン! そして、選手の後ろについてオープニング走行の始まりです。私たちは海外チームの「チーム カチューシャ」の選手と一緒に走りました。世界のトップ選手をこんなにも間近で見るのは初めてのことです。選手たちは思った以上に筋肉があって体格もいい!

畑中勇介選手、絹代さん(右)夫妻と一緒に写真を撮っちゃいました畑中勇介選手、絹代さん(右)夫妻と一緒に写真を撮っちゃいました
ポタガールと一緒に走るチーム カチューシャの選手がコースへポタガールと一緒に走るチーム カチューシャの選手がコースへ
選手の目線から見たコースや沿道の観客たち。めったに見られない光景です選手の目線から見たコースや沿道の観客たち。めったに見られない光景です

 コースに出ると、沿道からたくさんの方々が選手に声援を送っていました。この光景は、本当なら一流選手にしか味わえない眺めなんですね。選手たちに聞きたいことがあったので、思い切って質問してみると、気さくに教えてくれました。とても親切です! 観客がいないトンネルでは、選手たちが一気にスピードを上げたので、私たちはあっという間に引き離されてしまいましたが、橋本弘子さんと栗原育美さんが果敢に食いついていきました。こんな走りを見られたことも、宝物のような経験です。沿道から、ポタガールだと気づいてくれた方が声をかけてくれる場面もあり、ちょっぴり選手の気分を味わえたこともうれしかったです。

 1周3.1kmのコースはあっという間に終盤を迎え、最後は沿道の方々にハイタッチのサービス! ゴール付近では、私たちの後ろの組で走行していた「チーム スカイ」の選手が『ブンブーン』と言いながらあおってきました。少し驚かされたけれど、選手の無邪気な一面を見ることができ、本当に貴重で夢のような時間でした。オープニング走行を終えた方々が続々と控えスペースに戻ってくると、皆さっきまでの緊張した顔から一変、満面の笑み!

トンネル内で、選手たちが突然スピードアップ!トンネル内で、選手たちが突然スピードアップ!
観客の声援に選手はハイタッチで応えていました観客の声援に選手はハイタッチで応えていました

アリーナに飛び込んでくる選手たちに大興奮

いろいろな方がブースに訪れてくれましたいろいろな方がブースに訪れてくれました

 ずっとこの空気感を味わっていたかったのですが、サイクルフェスタに戻ってポタガール活動の続きです。ブースには他の大会で知り合った方や、告知を知ってわざわざ遊びに来てくれた方たちとのうれしい再会がたくさんありました。他のブースも見学に行き、りそな銀行のゆるキャラと写真を撮ってみたり、沖縄の自転車イベント告知のブースでローラー台に乗ってみたり。さらに、自転車の試乗コースや、自転車安全教室が開かれる子供向けスペースなど、楽しめる場所がたくさんありました。

りそな銀行のブースで、ゆるキャラ「りそにゃ」とりそな銀行のブースで、ゆるキャラ「りそにゃ」と
体験スペースでは自転車安全教室も行われていました体験スペースでは自転車安全教室もありました

 メインレースが始る頃にコースへ向かいましたが、沿道にはもう観戦できる場所がほとんどない状態。何とか移動しながら観戦していました。途中、グルメのお祭り「さいたまるしぇ」で小腹を満たすことに。生ハムがおいしかった~!

小腹がすいたので「さたいまるしぇ」へ小腹がすいたので「さたいまるしぇ」へ

 レース終盤はアリーナの中で観戦することができました。モニターに映る選手が一気に目の前に現れる光景はとっても興奮しますね! ゴール後には皆さんが観覧席からコース前に下りてきて声援を送っていました。表彰式までの時間には、選手がサインをしてくれる場面も。表彰式ではまぶしすぎるカメラのフラッシュと選手のオーラがとってもきれいでした。

観戦ポイントを探して移動中。だけどコースの周りはスペースがありません観戦ポイントを探して移動中。だけどコースの周りはスペースがありません
選手たちが一気にアリーナを走り抜けていく光景は圧巻です選手たちが一気にアリーナを走り抜けていく光景は圧巻です

 世界的な自転車レースが自転車王国埼玉県で今年も見られたこと、そして夢のように貴重な体験ができたことによって、本当に充実した1日を過ごすことができました。また来年も開催されることを期待して、楽しみにしています。

(レポート ポタガール埼玉・後口沙織)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2014ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム ポタガール

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載