自転車通勤の社員にはヘルメットを貸与自転車の安全利用推進 優良企業を初認定 大阪・岸和田署

  • 一覧
認定証を受け取る岸和田観光バスの中井秀樹社長(左) =岸和田市(吉村剛史撮影)認定証を受け取る岸和田観光バスの中井秀樹社長(左) =岸和田市(吉村剛史撮影)

 大阪府警岸和田署は10月20日、社員の自転車の安全利用に積極的に取り組んでいる「自転車安全利用推進優良企業」として、岸和田市内で初めて岸和田観光バスに認定証を交付した。

 府警が今春打ち出した施策に沿い、認定した。同社は、駐輪場の設置や警察の自転車安全講習会への参加、安全利用推進責任者の設置などに全社的に取り組んでおり、高く評価された。

 この日は同社の会議室で交付式があり、中井秀樹社長に認定証が交付された。岸和田署の安岡純男交通課長は「特に高齢者の事故に気をつけてください」と述べた。同社では今回の認定にあわせ、自転車通勤の社員14人にヘルメットも貸与。担当者は「自転車通勤者の事故ゼロを目指したい」と話している。

産経新聞・泉州版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載