「自転車購入時に漏れがないように」兵庫県が全国初の自転車保険加入義務付けへ 罰則なしで条例化

  • 一覧

 自転車の交通事故が増えていることを受け、兵庫県の井戸敏三知事は10月20日の定例記者会見で、使用者に自転車保険への加入を義務付ける条例を制定する方針を明らかにした。自転車保険加入を義務化する条例は全国初。取り締まりが難しいため罰則は設けない見込みで、来年2月にも県議会に提案する。

 県によると、県内での自転車と歩行者の事故は10年間で約2倍に増えたが、自転車保険の加入率は4分の1に満たない。神戸市では、自転車の小学生と衝突した女性が重体となる事故が発生し、神戸地裁が昨年、保護者に約9500万円の損害賠償を命じるなど賠償が高額になるケースもある。

 こうした状況を受け、県は今年度、自転車保険の加入について抜本的対策の検討を始め、有識者による専門部会が条例による保険加入の義務化を結論づけた。未成年者には保護者、仕事で使う自転車には企業に加入を求め、低額で利用できる新たな保険の創設も働き掛ける。井戸知事は会見で「自転車購入時に漏れがないようにしたい」と述べた。

 県によると、自転車保険加入については、京都府や東京都など4都府県が条例で努力義務を課している。

産経WESTより

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載