日本人最高位は別府史之の14位【速報】ネイサン・ハースがスプリントを制し2度目のV ジャパンカップサイクルロードレース

  • 一覧

 2014ジャパンカップサイクルロードレースが10月19日、宇都宮市森林公園周回コースで開かれ、集団スプリントを制したネイサン・ハース(オーストラリア、ガーミン・シャープ)が3年ぶり2度目の優勝を飾った。2位はエドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、チーム スカイ)、3位にはグレガ・ボーレ(スロベニア、ヴィーニファンティーニ・NIPPO・デローザ)が入った。日本人選手では別府史之(トレック ファクトリーレーシング)が14位で最高位、また15位に増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が入った。新城幸也(チーム ヨーロッパカー)は26位だった。

ゴールスプリントを制し、手を上げて喜びを表すネイサン・ハース(左、ガーミン・シャープ)と、2位のエドヴァルド・ボアッソンハーゲン(チーム スカイ) <平澤尚威撮影>ゴールスプリントを制し、手を上げて喜びを表すネイサン・ハース(左、ガーミン・シャープ)と、2位のエドヴァルド・ボアッソンハーゲン(チーム スカイ) <平澤尚威撮影>

午前10時にスタートした2014ジャパンカップサイクルロードレース <平澤尚威撮影>午前10時にスタートした2014ジャパンカップサイクルロードレース <平澤尚威撮影>

 絶好の秋晴れに恵まれたこの日、レースは1周14.1km、標高差185mの周回コースを10周し、最後に10.3kmのショートカットコースを走る151.3kmで争われ、国内外から16チーム、79選手が出場した。午前10時にスタートした後、序盤から阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)、ホセビセンテ・トリビオ(スペイン、チームUKYO)、山本元喜(ヴィーニファンティーニ・NIPPO・デローザ)ら4人による逃げが続いたが、終盤にメーン集団が吸収。

最終周回で攻防を繰り広げる先頭集団の選手たち <平澤尚威撮影>最終周回で攻防を繰り広げる先頭集団の選手たち <平澤尚威撮影>

 有力選手による勝負は最終周回にもつれ込み、古賀志林道の上りでモレノ・モゼール(イタリア、キャノンデール プロサイクリング)が一気に抜け出して独走に持ち込んだが、それも最後の上りの手前で吸収され、ゴール前での集団スプリントをネイサン・ハースが制した。

 沿道では早朝から大勢のファンが詰め掛け、ジャパンカップ史上最高の8万人がトップ選手による熱い走りに大声援を送った。

■ジャパンカップサイクルロードレース(151.3km)
1 ネイサン・ハース(オーストラリア、ガーミン・シャープ)4時間06分48秒 
2 エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、チーム スカイ) +0秒
3 グレガ・ボーレ(スロベニア、ヴィーニファンティーニ・NIPPO・デローザ) +0秒
4 ミケル・ヴァルグレンアンデルセン(デンマーク、ティンコフ・サクソ) +0秒
5 ジュリアン・アレドンド(コロンビア、トレック・ファクトリーレーシング) +0秒
6 ヴァレリオ・コンティ(イタリア、ランプレ・メリダ) +0秒
7 ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、キャノンデール プロサイクリング) +0秒 
8 モレノ・モゼール(イタリア、キャノンデール プロサイクリング) +0秒
9 ヤン・ポラン(スロベニア、ランプレ・メリダ) +5秒
10 クリストファー・ユールイェンセン(デンマーク、ティンコフ・サクソ) +18秒
14 別府史之(トレック ファクトリーレーシング +48秒
15 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) +48秒
22 ⻄⾕泰治(愛三工業レーシングチーム) +56秒
23 初山翔(ブリヂストンアンカー サイクリングチーム) +56秒
24 内間康平(ブリヂストンアンカー サイクリングチーム) +56秒
26 新城幸也(チーム ヨーロッパカー) +56秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2014 ジャパンカップ UCI

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載