日本人最高位は宮澤崇史の8位【速報】大通りの高速レースをサットンが制覇 ジャパンカップクリテリウム

  • 一覧

 2014ジャパンカップクリテリウムが10月18日、宇都宮市中心街の宇都宮市大通り周回コースで開かれ、大集団によるスプリントをクリストファー・サットン(オーストラリア、チームスカイ)が制した。2位はスティール・ヴォンホフ(オーストラリア、ガーミン・シャープ)、3位にはベン・スイフト(イギリス、チーム スカイ)が食い込んだ。日本人最高位は宮澤崇史(ヴィーニファンティーニ・NIPPO・デローザ)の8位だった。

ハイスピードの集団ゴールスプリントを、クリストファー・サットン(オーストラリア、チームスカイ)が僅差で制したハイスピードの集団ゴールスプリントを、クリストファー・サットン(オーストラリア、チームスカイ)が僅差で制した
優勝したクリストファー・サットン優勝したクリストファー・サットン
日本人最高の8位に入った宮澤崇史(ヴィーニファンティーニ・NIPPO・デローザ)日本人最高の8位に入った宮澤崇史(ヴィーニファンティーニ・NIPPO・デローザ)

 レースは1周1.55kmの周回コースをパレードラン3周、レース20周の計35.65kmで争われ、国内外から17の有力チーム、84選手がエントリー。午後3時50分にスタートが切られると、コースを疾走する選手たちへ、沿道に詰めかけた4万1000人の大観衆から声援が送られた。

上位3選手によるウイニング・ラン上位3選手によるウイニング・ラン

■ジャパンカップクリテリウム(35.65km)
1 クリストファー・サットン(オーストラリア、チーム スカイ)41分32秒 
2 スティール・ヴォンホフ(オーストラリア、ガーミン・シャープ) +0秒
3 ベン・スイフト(イギリス、チーム スカイ) +0秒
4 グレガ・ボーレ(スロベニア、ヴィーニファンティーニ・NIPPO・デローザ) +0秒
5 ウェズレイ・サルツバーガー(オーストラリア、ドラパック プロフェッショナルサイクリング) +0秒
6 ミケル・ヴァルグレンアンデルセン(デンマーク、ティンコフ・サクソ) +0秒
7 アレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、クリテリウム・スペシャルチーム) +0秒 
8 宮澤崇史(ヴィーニファンティーニ・NIPPO・デローザ) +0秒
9 ヴァレリオ・コンティ(イタリア、ランプレ・メリダ) +0秒
10 エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、チーム スカイ) +0秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2014 ジャパンカップ UCI

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載