ガード下や立体駐車場での「激突」防止に効果運転中にルーフキャリアの愛車を“チラ見”できるミラー登場

  • 一覧
「ルーフスコープ」の取り付け例「ルーフスコープ」の取り付け例

 クルマのルーフキャリアに自転車を積んだとき、そのことを忘れてガード下や屋内駐車場に進入し、愛車を破損してしまう恐れがある。そんな“うっかり事故”を避けられるよう、ボンネットなどに取り付けてルーフキャリアを“チラ見”できる画期的なミラー「ルーフスコープ」がハッピーライディンから発売された。

 ルーフスコープは、強力なシリコン吸盤でボンネットやフロントフェンダーに取り付けて使用。角度調整できる広角ミラーによって、運転席からカールーフ上の荷物を見ることができる。

運転席からルーフキャリアの様子が見られる「ルーフスコープ」運転席からルーフキャリアの様子が見られる「ルーフスコープ」
ボンネットなどに取り付けられる強力なシリコン吸盤ボンネットなどに取り付けられる強力なシリコン吸盤
不意に高さ制限のある場所が現れても、屋根の上が見えるから安心不意に高さ制限のある場所が現れても、屋根の上が見えるから安心

 運転中にルーフキャリアに積んだ自転車のことを忘れてしまうのは、ルーフ上の状態が『見えない』ことも原因の一つ。しかしルーフスコープを設置すれば、キャリアの荷物が『見える』ので、安心して運転に集中することができる。また、風雨が強い時などには、運転中た停車時にルーフ上のバイク等の揺れ見ることもでき、不測の事故の防止に効果的だ。

 さらに、ルーフスコープを確認すべきということを気付かせるために、運転席周辺に設置できる注意喚起のステッカーも付属する。


■ルーフスコープ(ROOF SCOPE)の詳細
【大きさ】高さ:17.5cm / 底面直径:7.5cm / ミラー直径:8.5cm
【販売価格】¥4,000(税込¥4,320)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載