知事、商工会議所会頭が意見交換サイクリングを核に観光客誘致を継続 愛媛・広島両県が交流会議で申し合わせ

  • 一覧
10月26日開催「サイクリングしまなみ」の舞台となる、瀬戸内海に架かる「来島海峡大橋」(塩塚夢撮影)10月26日開催「サイクリングしまなみ」の舞台となる、瀬戸内海に架かる「来島海峡大橋」(塩塚夢撮影)

 愛媛、広島両県の知事、商工会議所会頭が連携策などについて協議する「交流会議」が10月8日、愛媛県今治市の村上水軍博物館で開かれ、広域的災害に対する相互支援や、サイクリングをテーマとする観光振興策などについて活発に意見交換。会議後、来月から両県で上演される坊っちゃん劇場(愛媛県東温市)制作のミュージカル「鶴姫伝説」の発表会見も行われた。

10月26日「サイクリングしまなみ」成功させよう

 同会議には、愛媛県側は中村時広知事と森田浩治・松山商工会議所会頭、広島県側から湯﨑英彦知事と深山英樹・広島商工会議所会頭が出席。村上水軍の居城、能島(同市)を見学した後、しまなみ海道で10月26日に両県共同で開催する「サイクリングしまなみ」を成功させ、サイクリングを核とした国内外からの観光客誘致に官民を挙げて継続的に取り組んでいくことなどを申し合わせた。

 また、甚大な被害が予測される南海トラフ巨大地震などに対し、両県がパートナーとして情報を共有し、訓練を重ねていくことで合意した。

◇         ◇

発表会見に臨んだ(左から)湯﨑英彦・広島県知事、塩月綾香さん、中村時広・愛媛県知事 =愛媛県今治市発表会見に臨んだ(左から)湯﨑英彦・広島県知事、塩月綾香さん、中村時広・愛媛県知事 =愛媛県今治市

 一方、「鶴姫伝説」の会見には鶴姫役を演じる元宝塚歌劇団女優、塩月綾香さん(26)も駆けつけ、「平和を願い真っすぐに生きた鶴姫を演じたい」と抱負を語った。中村知事は「あの名作の再演に心躍る気持ち」、湯﨑知事は「愛媛・広島連携の新たな象徴として多くの人たちに見てもらいたい」とエールを送った。同ミュージカルは戦国時代のしまなみ海道周辺を舞台に描かれた作品で、平成21年度に両県で上演。好評だったことから再演される。

産経新聞・愛媛版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

しまなみ海道

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載