最大の思い出は「兄とツールのポディウムに立ったこと」アンディ・シュレクが現役引退を発表 負傷したひざが回復せず

  • 一覧

 トレック ファクトリーレーシングに所属するアンディ・シュレク(ルクセンブルク)が10月9日に記者会見を行い、現役引退を発表した。2010年ツール・ド・フランス総合優勝、2009年リエージュ~バストーニュ~リエージュ優勝など数々の栄光に輝いた一方で、近年はけがに泣かされ、29歳にしてキャリアの幕を閉じることになった。

アルベルト・コンタドール(左)と一騎打ちになったツール・ド・フランス2010の第17ステージ、逆転を狙って攻め続けたアンディ・シュレク。このステージで優勝を飾ったアルベルト・コンタドール(左)と一騎打ちになったツール・ド・フランス2010の第17ステージ、逆転を狙って攻め続けたアンディ・シュレク。このステージで優勝を飾った
第4ステージ開始前のアンディ・シュレク。このあと出走を断念した(ツール・ド・フランス2014)第4ステージ開始前のアンディ・シュレク。このあと出走を断念した(ツール・ド・フランス2014)

 アンディは今年7月のツール・ド・フランスに、兄のフランク・シュレクのアシストとして出場したが、第3ステージで落車に巻き込まれひざを負傷。膝蓋靭帯の断裂と診断され、翌日の第4ステージには出走せずリタイアしていた。以降、レース活動は行わず、負傷箇所の回復に努めてきたが、完治には至らないと判断。引退の決断を下すこととなった。

 会見では、ツールでの落車が引退を決める直接の理由であることを認め、「靭帯の損傷により、膝蓋骨付近の軟骨がほとんどない状態である」と説明。回復を目指す間は、スペイン・マヨルカ島でリハビリを行っていたものの、3~4時間のライドを行うとひざが痛み出す状態だったことも明かした。

 サイクリングへの思いを問われ、思わず涙をこらえるシーンも。キャリアを通じて多くの友人に恵まれたと述べ、いくつもある“良き思い出”の中でも「フランクと一緒にパリでツールのポディウムに上がったこと」を筆頭に挙げた。

ツール・ド・フランス2011の最終日、兄弟でともに表彰台に上ったアンディ・シュレック(左)とフランク・シュレク(右)ツール・ド・フランス2011の最終日、兄弟でともに表彰台に上ったアンディ・シュレク(左)とフランク・シュレック(右)

 今後については未定。それでも今シーズン途中に引退したチームメート、イェンス・フォイクトを引き合いに出し、「イェンスのように42歳で引退するわけではなく、まだ30歳前だ。やることはたくさんある」と前向きなコメント。何より「息子のテオが生まれた時に、生活のなかで自転車よりも大切なことがあると気付いた」とし、今後は家族との時間も楽しみたいと話した。

2010年のツール・ド・フランス総合優勝という輝かしいキャリアを誇るアンディ・シュレクが、29歳で現役生活に別れを告げる2010年のツール・ド・フランス総合優勝という輝かしいキャリアを誇るアンディ・シュレクが、29歳で現役生活に別れを告げる

 父のジョニー氏、兄のフランクと、自転車一家に育ち、19歳でプロデビューしたアンディ。早くから非凡な走りを見せ、将来を嘱望され続けたロードレース界の貴公子が、静かにキャリアを終える。

(文・福光俊介 写真・砂田弓弦)

アンディ・シュレクの主な競技成績

■ツール・ド・フランス
総合優勝(2010年)
総合2位(2009、2011年)
新人賞(2008~2010年)
ステージ通算3勝
※2010年は総合2位でレースを終えたが、その後に1位の選手がドーピング違反で失格し、繰り上がり優勝となった
 
■リエージュ・バストーニュ・リエージュ優勝(2009年)
 
■ジロ・デ・イタリア
総合2位、新人賞(2007年)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載