JR両国駅発、千葉・館山でサイクリング自転車“そのまま”で乗れるサイクルトレインで行こう 「Station Ride in 南房総」11月8日開催

  • 一覧

 丘陵地帯や海が美しい千葉・南房総の自然を堪能するサイクリングイベント「Station Ride in 南房総」が11月8日に開催される。JR東日本はこのイベントに合わせ、自転車を梱包せずにそのまま持ち込める団体専用臨時列車「サイクルトレイン南房総」を運行する。JR両国駅から会場近くのJR館山駅までの往復便で、イベント参加者のために用意される特別な列車だ。

両国駅で自転車とともに列車に乗り込む参加者(昨年のイベントより)<大星直輝撮影>両国駅で自転車とともに列車に乗り込む参加者(昨年のイベントより)<大星直輝撮影>

走りやすいコース、多くのエイドステーション

 Station Ride in 南房総のコースは、千葉県館山市の北条海岸をスタート・ゴール地点とする85km。房総半島の先端にあたる館山市の西側から、内陸部を通って東側の和田浦(南房総市)に抜け、半島南端の海岸線ををぐるりとまわるルートが設定されている。

景観が美しく、走りやすい海沿いのコース(昨年のイベントより)<大星直輝撮影>景観が美しく、走りやすい海沿いのコース(昨年のイベントより)<大星直輝撮影>

 丘陵地帯や海沿いなどコースからの眺めがよく、適度なアップダウンや、信号が少なく走りやすい道も魅力。南房総の気候は首都圏の中でも暖かく、11月のこの時季は好天に恵まれることが多いという。

 「ステーションライド」の名の通り、多くのエイドステーションが道の駅に設けられ、さんがバーガーや館山メンチ、ドラゴンフルーツジュースなど7種類の地元の味覚を無料で楽しめる。また、スタート・ゴール会場では、地元特産の農水産物や加工品を軽トラックの荷台などで販売する「Kマルシェ」が開催される。

参加者から大人気だった、いわしのつみれ団子(昨年のイベントより)<大星直輝撮影>参加者から大人気だった、いわしのつみれ団子(昨年のイベントより)<大星直輝撮影>
地元の特産品を販売する軽トラ市も開催(資料写真)地元の特産品を販売する軽トラ市「Kマルシェ」も開催(資料写真)

サイクリングのためだけに列車を運行

自転車はベルトでしっかり固定。車内はサイクリストのための空間だ(昨年のイベントより)<大星直輝撮影>自転車はベルトでしっかり固定。車内はサイクリストのための空間だ(昨年のイベントより)<大星直輝撮影>

 参加方法は現地集合と、サイクルトレインの2通り。JR東日本がこの日のために運行するサイクルトレインは、自転車をそのまま載せられる首都圏では珍しい列車だ。

 参加者は、始発駅となる両国駅と、途中で停車する千葉駅のいずれかで乗車できる。両国駅では自転車をそのまま積み込むことができ、千葉駅では通常どおり車輪を外しての輪行となる。スタート・ゴール会場の最寄り駅である館山駅までの往復便で、サイクリングを楽しんだ後は再び館山駅から千葉駅を経由して両国駅へ。JRがサイクリングイベント参加者のためだけに列車を走らせる貴重な機会だ。

 申し込みは、現地集合での参加は「スポーツエントリー」から、サイクルトレインでの参加はJR東日本の旅ブランド「びゅう」から行える。応募期間は10月24日(金)まで。

「Station Ride in 南房総」のために運行される「サイクルトレイン南房総」(昨年のイベントより)<大星直輝撮影>「Station Ride in 南房総」のために運行される「サイクルトレイン南房総」(昨年のイベントより)<大星直輝撮影>
内房線岩井駅ホームで復路のサイクルトレインへ乗り込む(昨年のイベントより)<大星直輝撮影>内房線岩井駅ホームで復路のサイクルトレインへ乗り込む(昨年のイベントより)<大星直輝撮影>

サイクリングイベント「Station Ride in 南房総」の概要

日程:11月8日(土)
参加費:8,000円(現地集合)
スタート・ゴール地点:千葉県館山市北条海岸
主催:StationRide実行委員会
募集人数:現地集合 320人、サイクルトレイン 85人
募集締切:2014年10月24日(金)
 
■サイクルトレインを利用する場合
【旅行商品名】「サイクルトレイン南房総で行く!Station Ride in 南房総」
【旅行代金】12,800円(両国駅発着)、11,800円(千葉駅発着)
※子どもはそれぞれ1,000円引き
※イベント参加費、往復のサイクルトレイン運賃、乗車記念品を含む
【行程】<往路>両国駅7:07発 → 千葉駅7:56発 → 館山駅9:21着
「Station Ride in 南房総」参加
<復路>館山駅16:51発 → 千葉駅18:43着 → 両国駅19:28着

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント 輪行

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載