バイクインプレッション2014「FELT F4」 高い基本性能が魅力の、快適性の高いマイルドなオールラウンダー

  • 一覧

 重量に対する剛性を最大限高めるように設計し、最高のオールラウンドピュアレーサーとしてレース性能を追求したフェルトのFシリーズ。同社には空力性能に長けたARシリーズと、ロングライドの走破性を追求したZシリーズもある。今回試乗したF4はシマノ・アルテグラを搭載したフルカーボンフレームの完成車で、イベントやレースを楽しみたい初・中級者に最適な好パッケージモデルだ。

「FELT F4」(フェルト F4)「FELT F4」(フェルト F4)

「FELT F4」(フェルト F4)
価格:298,000円(完成車、税抜)
サイズ:480、510、540、560
カラー:サテンカーボン
問い合わせ先:ライトウェイプロダクツジャパン http://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/top.html

スペック

フレーム:UHC パフォーマンス カーボン
フォーク:UHC アドバンスド カーボン モノコック
変速機:シマノ・アルテグラ(F)&(R)
ギヤ:シマノ・アルテグラ 52×36T、11-25T(11s)
ホイール:シマノ・RS21
重量:7.6kg(完成車実測値)

ハイモジュラスカーボン繊維を加えた軽量なカーボン素材を採用したフルカーボンフォークハイモジュラスカーボン繊維を加えた軽量なカーボン素材を採用したフルカーボンフォーク
INSIDEOUTをはじめとする、フレームに採用される最先端テクノロジーがチェーンステー内側に記されているINSIDEOUTをはじめとする、フレームに採用される最先端テクノロジーがチェーンステー内側に記されている
フレームサイズ毎にヘッドチューブのカーボンの積層は調整される。ワイヤーは外装だが、メカニカルケーブルと電動ケーブル両方に対応するフレームサイズ毎にヘッドチューブのカーボンの積層は調整される。ワイヤーは外装だが、メカニカルケーブルと電動ケーブル両方に対応する

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する

米山 フェルトは住み分けが明確なシリーズを従える、車種豊富なブランドの1つだ。レース志向の人からロングライド志向の人まで、適正なロードバイクが性能と価格の面から選べるように充実しているね。

松尾 Fシリーズはすべてにおいてニュートラル、尚かつハイレベルなスペックを持つバイクという印象を持っていたので、F4の試乗はとても楽しみでした。

米山 乗ってみると乗り心地の良さが非常に印象的だった。走りは軽快でクセが無く、これまでのフェルトの印象をそのまま受け継いだ、らしさを感じる1台だった。

松尾 ええ。モノコックではあるけど、乾いた剛性感ではないので、その分、乗り心地に寄与してヌルヌル加速できました。個人的にはもう少し俊敏に動いてくれても良いと思いましたが、フォークとフレームのマッチングもよく、非常に安定していましたし、バランスは最高です。

米山 まさにオールラウンダー。どんなセクションでも軽快さはそのままに気持ちよく走ってくれる。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中

松尾 下り性能はハンドリングの安定感が素晴らしく優秀でしたね。上りに関してはもう少しパリっとした剛性感がある方が好みでしたが、Fシリーズには上位機種があるので、差があって当然です。大きな力の入力に対するレスポンスは上位機種に劣りますが、ハンドリング特性とスムーズでコンフォート性能の高い乗り味は上位機種と比べても遜色無く、乗り心地で言えばF4の方がよかったです。元々角がないF1に比べて更に角を取りマイルドにした乗り味でした。

米山 相変わらずフェルトはフェルトというか、グラフィックも含めて、マニア受けするような趣味的な面白みというのは、外から見る限りほとんどないんだけど、このバイクで走ることで、上質なサイクリングを実現できるのは確かだ。

松尾 カラーは一見地味ではありましたけど、ダウンチューブ裏の色使いや、フレーム表面の細かい目のカーボン地は、とてもキレイでレーシーな印象を与えてくれます。ロングライドやエンデューロには最適なバイクだと思いました。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

20~30万円のロードバイクフェルト(FELT)のロードバイクフェルト(FELT)のロードバイク|20~30万円

20~30万円 バイクインプレッション フェルト ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載