title banner

RENの「自転車のススメ」<10>鈍行益田行き、2日目はちょっと寄り道 出雲大社や廃線跡、サイクルトレインで極楽旅

  • 一覧

 東京から島根県益田市まで、「青春18きっぷ」を使って2日間の鈍行旅。初日は17時間列車に乗り続け、東京から兵庫県豊岡市まで移動。夜が明けて、遥かなる乗り鉄の旅はまだ続きます。今日も元気に「出発進行!」

2日目最初の車両は国鉄時代から走り続けているディーゼル車。とても鉄分の濃い1日となりそうです。ちらりと見えている国鉄特急色も相まってノスタルジックな雰囲気2日目最初の車両は国鉄時代から走り続けているディーゼル車。とても鉄分の濃い1日となりそうです。ちらりと見えている国鉄特急色も相まってノスタルジックな雰囲気

2日目はディーゼル車で山陰路へ

「快速」と謳っているが各駅停車を追い抜くことはない。1日の乗降客数が僅か数人という無人駅に停車しないということである「快速」と謳っているが各駅停車を追い抜くことはない。1日の乗降客数が僅か数人という無人駅に停車しないということである

 前夜に泊まったオバケが出そうなホテルは、フロントで「すみませーん!」と何度呼べどもスタッフは出てこず、鍵をカウンターに置いてチェックアウト。接客してくれた人は、もしかして幽霊だったのかもしれない…。電気をつけたまま、とても浅い睡眠となり完全に寝不足ですが、今日も楽しい乗り鉄の時間が始まります。

 本日乗車の最初の列車は、豊岡駅を07:49発。乗り継ぎのダイヤの関係で少しゆっくりした朝となり、この時間なら駅の売店もオープンするので朝食を購入できます。助かりますね。

 ホームにはキハ47が「ガラガラ…」とエンジン音を響かせて停まっています。

 初日は電車に乗って電化区間を走ってきましたが、2日目はローカル色が濃い非電化区間からスタート。ディーゼル車で単線の山陰路に向け出発です。

キハ47、綺麗に手入れをされています。ですが時代の流れには逆らえず淘汰が進んでおり、引退の噂もちらほらと…キハ47、綺麗に手入れをされています。ですが時代の流れには逆らえず淘汰が進んでおり、引退の噂もちらほらと…
田舎らしい景色と出会える。稲刈り直前ですね。日本の四季を感じる瞬間です。お米を食べたくなってきました田舎らしい景色と出会える。稲刈り直前ですね。日本の四季を感じる瞬間です。お米を食べたくなってきました
兵庫県の日本海側は起伏が激しい。海のすぐ側まで迫っているのでダイナミックな景色が楽しめる兵庫県の日本海側は起伏が激しい。海のすぐ側まで迫っているのでダイナミックな景色が楽しめる

 旧型の鋼鉄製のボディはスプリングで支えられていて、「ポワンポワン」と揺れが収まらない。山陰本線は畑、林の中を進み、ますますローカル色を濃くする。

 線路は段々と岩肌が目立つ海岸沿いに近づく。鉄道を敷くのに大変苦労しそうな地形だ。切り通しやトンネルで標高を稼ぎ、鎧駅と餘部駅の間、山陰本線の見所の1つである余部鉄橋に差し掛かる。

絶景の余部橋梁 鳥取を行く

余部橋梁から眺め。た、高い! この景色が見たいが為に席を移動する人続出余部橋梁から眺め。た、高い! この景色が見たいが為に席を移動する人続出

 赤い鉄橋と眼下の街並み、そして真っ青に広がる日本海という構図は、鉄道ファンで知らない人はいないかもしれません。

 初代の橋は1912年(なんと!明治45年)に架けられ、98年間風雪に耐えてきました。長らく親しまれてきましたが、老朽化が進み2010年に鉄筋コンクリート橋に架け替えられました。ですが車内からの景色は「ハッとする高さの眺め」で、これは昔と変わりません。京都方面から乗車した際は、進行方向右側の窓がオススメです。是非、海側の席を確保してくださいね。

 車内に響く「ギッギッ」と軋む音。ゆりかごの様な心地よさです。最高に気持ち良く、幸せな時間…。

地上からの高さは約41.5m。旧鉄橋の一部分は解体を免れ、整備され観光施設となっている地上からの高さは約41.5m。旧鉄橋の一部分は解体を免れ、整備され観光施設となっている
列車は空席が目立つ。ボックスシートが嬉しい。高校生の頃、通学に使っていたのを思い出す列車は空席が目立つ。ボックスシートが嬉しい。高校生の頃、通学に使っていたのを思い出す

 9:58、景色が良いのであっという間に終点の鳥取駅に到着。

 次は10:17発、3421k 米子行き「とっとりライナー」、高速運転に対応した121系に乗車します。

 「おお!広い!」。グリーン車より広い足元。こんなに広いボックスシートがあるなんて! この車両に実際に乗らなければ、知ることができませんでしたね。初めての場所、初めての車両に乗る楽しさです。

 高速化事業が完了した路線と車両は、電車と変わらないスピードで走ります。しかし米子駅には、定刻11:54から4分遅れで到着しました。

鳥取駅。大きな駅だが非電化区間なので架線がない。昔は当たり前の光景だった筈。今は逆に珍しい鳥取駅。大きな駅だが非電化区間なので架線がない。昔は当たり前の光景だった筈。今は逆に珍しい
とっても広いボックスシート。これだけ広ければ向かいの人と膝がぶつかることはないだろうとっても広いボックスシート。これだけ広ければ向かいの人と膝がぶつかることはないだろう

まさかの乗り遅れ…

ぽつんと取り残されてしまった私。ワンマンカーは車内放送が少ないので慣れていないとこういう事態になる…ぽつんと取り残されてしまった私。ワンマンカーは車内放送が少ないので慣れていないとこういう事態になる…

 ワンマンカー故の自動放送は、乗り換え案内の情報量の乏しさがネックです。そして、とっとりライナーの到着が遅れたせいか、ホームの電光掲示板では乗り継ぎ列車の案内が消えていました。

 「ん?あれ?」と混乱…次の電車はこれで良いんだよな? ところが、キョロキョロしている間に向かいのホームの電車が無情にも出発。

 「ええーそんなー(泣)」

 まさかの乗車ミスが発生。

やくも号の中で、乗車券と特急券を購入。さすが特急列車、あっという間に追い付き追い越した。そして約30分時間を短縮し出雲市駅に到着やくも号の中で、乗車券と特急券を購入。さすが特急列車、あっという間に追い付き追い越した。そして約30分時間を短縮し出雲市駅に到着

 幸い、後続の特急列車「やくも」に乗車できます。しかし青春18きっぷの規約外となってしまうので、乗車券1140円と特急券1180円を車内で購入しました。合計で2320円は、青春18きっぷの1日乗り放題分とほぼ同額、悔しい…青春18きっぷのコストパフォーマンスが際立つぜ!

 悔しさを噛みしめて乗車した「やくも」ですが、さすがは振り子式特急列車。カーブの内側に車体が倒れ、これまでの苦労は何だったのだろうというスピードで疾走し、13:35に出雲市駅へ到着しました。

自転車そのまま電車に乗って

 出雲市といえば、出雲大社! 日本中の神様が集まる場所としておなじみですね。

一畑電車、元南海電鉄21000系の「3000系」。来年の2月で引退することになりそうだ一畑電車、元南海電鉄21000系の「3000系」。来年の2月で引退することになりそうだ

 暦の「神無月」は、あちらこちらにいる神様が出雲に出掛けている月のことだそうです。ちなみにこのとき、出雲だけは「神在月」(かみありづき)と呼ぶとか。そんな神聖な場所に行かない訳にはいきません。もちろん自転車を使って! ひたすら列車による輪行ばかりしてきましたが、やっと自転車に乗りますよ(笑)

 しかし、まさかの天候悪化。遠ざかっているようですが、雷も鳴っています。パラパラと降る雨…レインウエアに身を包んで自転車を組み立てます。

 出雲大社の近くまでは、地元の鉄道会社である一畑電車に乗車。一畑電車は都心部では考えられない、電車に終日自転車を持ち込める「レール&サイクル」というサービスを提供しています。持ち込み料金は一律300円かかりますが、車内には自転車駐輪スペースが設けられ、固定用のゴムバンドが備え付けられています。

自転車をそのまま載せられる。しかも終日というのは大変珍しい。地元の方々の理解があってこそ自転車をそのまま載せられる。しかも終日というのは大変珍しい。地元の方々の理解があってこそ
自転車を置く為のスペースが設けられている。これならチェーンで汚してしまうこともありませんね自転車を置く為のスペースが設けられている。これならチェーンで汚してしまうこともありませんね
転倒防止用ゴムのお陰で、倒れることを気にしなくていい。とても便利!転倒防止用ゴムのお陰で、倒れることを気にしなくていい。とても便利!

 「おお、これはいい!」

 サイクリストなら涙を流して喜びそうなサービスのおかげで、楽々、出雲大社駅へ到着。だが土砂降り…日頃の行いが悪いのか、神様に嫌われたのか?

出雲大社。嫌われてしまたのか? 晴れの日に再訪しようと思う出雲大社。嫌われてしまたのか? 晴れの日に再訪しようと思う

趣のある旧大社駅から、線路跡を駆け抜ける

見事に雨に降られてしまいました見事に雨に降られてしまいました

 広い出雲大社を散策するのは、最終目的地に辿りつけない可能性が出てくるのでまたの機会に。雨の日はパンクのリスクも高くなりますし…。境内に向き一礼し、気をとりなおし「JR大社線」廃線跡を目指します。

 参道を下って行くと、重厚な木造建築の「大社駅」が現れます。この駅舎は大正時代に建てられた2代目で、1990年に路線が廃止された後も、ホーム、線路、掲示板が当時のまま残されていて、ホームにはD51形蒸気機関車も。完全に時が止まっています。

 そして出雲市駅~大社駅間の7.5km。かつて線路が敷いてあった跡は、自転車道として整備されています。比較的近年まで列車が走っていたので、道の脇にはホームや保安機器がそのまま残っています。鉄橋もほぼそのままです。

純日本風な大社駅。「現役で使っている駅舎です」と言われても違和感がない程綺麗に保存されている純日本風な大社駅。「現役で使っている駅舎です」と言われても違和感がない程綺麗に保存されている
駅舎の裏側に回るとホーム、線路、信号、機関車がそのまま留置されている駅舎の裏側に回るとホーム、線路、信号、機関車がそのまま留置されている
荒茅駅跡。大社線には2つ中間駅があった。この駅と出雲高松駅だ。雑草は生えているがホームはまだ残っている荒茅駅跡。大社線には2つ中間駅があった。この駅と出雲高松駅だ。雑草は生えているがホームはまだ残っている
川に架かる大型の鉄橋は撤去された。だが小川を跨ぐ橋は残っている。軌道上には鉄板が敷かれている。年数は読み取れなかったがかなり古いもののようだ川に架かる大型の鉄橋は撤去された。だが小川を跨ぐ橋は残っている。軌道上には鉄板が敷かれている。年数は読み取れなかったがかなり古いもののようだ
わかりますか?この違和感。普通の道路とは明らかに違う雰囲気わかりますか?この違和感。普通の道路とは明らかに違う雰囲気

 大粒の雨に打たれながら目を瞑る。ここを走っていたであろう汽車の音を想像すれば、短いながらの時間旅行…

 『鉄分チャージ!』

 タイムスリップしていて時間が無くなってきました(笑)。先を急ぎましょう。出雲市駅に戻り、再び自転車を輪行袋にパッキングします。

黄昏の山陰路 夕焼けの美しさに感動

 出雲市駅から先は、運転本数がグッと減ります。特急列車を除けば、走るのは一日にわずか数本。本日中に益田へ着かなければいけません。16:14発の3457D、快速アクアライナーに乗車します。

漁村をかすめ目的地を目指す。ちなみに出雲市駅で自転車をパッキングしていると雨が止みましたよ…漁村をかすめ目的地を目指す。ちなみに出雲市駅で自転車をパッキングしていると雨が止みましたよ…
ワンマン列車は運転席にギリギリまで寄る事ができる。運転士を邪魔してはいけないので、紳士な鉄は流れ去る景色を楽しむワンマン列車は運転席にギリギリまで寄る事ができる。運転士を邪魔してはいけないので、紳士な鉄は流れ去る景色を楽しむ
時間によっては、普通列車の設定がない時間帯も…のんびりしています時間によっては、普通列車の設定がない時間帯も…のんびりしています

 寝不足に雨のライドが重なり、疲労度は高い…そこで、深い眠りのワープ航法。気がつけば17:48浜田駅へ到着です。

 さて、最後の列車、益田行きの18:02発、353D各駅停車に乗車です。

バスっぽい雰囲気のキハ120形。出入り口は路線バスに使用されるものと同じタイプの折り戸バスっぽい雰囲気のキハ120形。出入り口は路線バスに使用されるものと同じタイプの折り戸

 「ちょっと大きなバスみたい…」

 初めて乗車するキハ120形の可愛らしい姿に感動。ローカル線用に作られた車体は16mほどの長さで、通常のJR在来線の車両長20mに比べて小ぶりです。国鉄全盛時に作られた長いホームには不釣り合いな姿に、親近感が湧きます。

 ですが、比較的新しい車両。運動性能は高く、海岸沿いのクネクネと連続したカーブと登坂をとても力強く走ります。

 先ほどまでの雨が空気中の塵を落とし、田舎の空気をより澄んだものにしています。車内に乗車していても、その清々しい空気を感じるほどです。

 そして夕刻。日本海に日が沈み、西の空が真っ赤に染まります。私がこれまで見たことのない美しい赤。都心部ではこんなに綺麗な夕陽は見られない! きっとここまで頑張って列車に乗ったご褒美でしょう。

日本海に沈む夕陽、その1。少し雲が多いが、旅は一期一会、撮るしかない!日本海に沈む夕陽、その1。少し雲が多いが、旅は一期一会、撮るしかない!
日本海に沈む夕陽、その2。雲の切れ間から太陽が!日本海に沈む夕陽、その2。雲の切れ間から太陽が!
日本海に沈む夕陽、その3。沈む瞬間! 雲は多いが真っ赤な夕陽を撮る事ができた日本海に沈む夕陽、その3。沈む瞬間! 雲は多いが真っ赤な夕陽を撮る事ができた

ついに益田へ! 楽しい旅はまだまだ続くよ

 人生で一番列車に乗車した2日間が、いよいよ終わりを迎えます。18:50、ついに、ついに島根県益田駅に到着しました。

 「やっと着いた!」という感覚と、「終わってしまったか…」という気持ちが混ざる不思議な感覚です。

 でも、まだ終わりではありません。翌日が「益田 I・NA・KAライド」本番! 列車の旅から自転車の旅へ。楽しい時間はまだ続くのです。

1年ぶりの益田に到着。遠かった…けどもうちょっと乗っていたい?1年ぶりの益田に到着。遠かった…けどもうちょっと乗っていたい?
益田駅は立派な駅舎。乗り鉄は終了したが明日はライド益田駅は立派な駅舎。乗り鉄は終了したが明日はライド

滑走路を疾走する驚きと喜び 「益田I・NA・KAライド」でネオ・田舎を堪能

小林 廉(こばやし・れん)/REN小林 廉(こばやし・れん)/REN

数々のCM・雑誌・ファッションショーで活躍するトップモデル。08年より本格的にスポーツサイクルに乗り始める。毎月発行される自転車雑誌に見ない月はないというほどの“乗れるモデル”。日本マウンテンバイク協会公認インストラクター。特技はウィリー(映像を見る)。身長188cm、体重74kg。東京都在住。オフィシャルブログ「REN’s World」。取材のお問い合わせは info.studioren@gmail.com まで

関連記事

この記事のタグ

REN RENの「自転車のススメ」 サイクルトレイン 島根県益田市 輪行 鉄道

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載