世界遺産、国立公園など美しい山岳景観をPR山梨県がヒルクライムコースなど情報満載のウェブサイトでサイクリングの魅力を発信

  • 一覧
山梨県が運営する「富士の国やまなしを全力で走るサイト」山梨県が運営する「富士の国やまなしを全力で走るサイト」

 山梨県は、自転車ヒルクライム、サイクリング、マラソンやトレイルランのコースを紹介する観光サイト「富士の国やまなしを全力で走るサイト」を運営している。おすすめコースのほかに、読者「いちおし」のヒルクライムコースやビュースポットを、地図や写真付きで紹介できる投稿コンテンツ「俺クライム」も併設。山梨の「サイクルツーリズム」の魅力を日本全国に向けて発信している。

今中大介さんら県内のサイクリストが協力

 山梨県は面積こそ小さいが、3つの国立公園と1つの国定公園のエリアが含まれ、世界文化遺産である富士山や、ユネスコのエコパークに指定された南アルプスなどの美しい山岳景観を楽しむことができる。

 また、県土の8割を山林が占めていることから、完全舗装の県道や林道網がきめ細かく整備されており、「Mt.富士ヒルクライム」「八ヶ岳グランフォンド」「ツールドジャパン西湖ステージ」「Mt.fujiエコサイクリング」など人気のサイクルイベントが数多く開催されている。

 「富士の国やまなしを全力で走るサイト」を開設した目的は、県内のサイクリストに人気の高いコースを数多く紹介することで、「サイクルツーリズム」の効果を県外にも波及させること。コースの選定にあたっては、甲府市内に本社がある自転車関連の輸入販売会社「インターマックス」の今中大介代表をはじめ、県内のサイクリストに協力を求め、人気の高いヒルクライム10コース、サイクリング5コースを選定した。コース図やアクセス方法、駐車場といった情報のほか、コース全体の走行映像を確認できる動画も掲載。さらに、周辺の温泉など観光スポットの情報も豊富だ。

 また、実際に県内の山岳コースでトレーニングを積んでいる今中さんが、山梨の道を走る楽しさや、お勧めのコースについて熱く語るロングインタビューも掲載している。

今中大介さんが山梨のヒルクライムコースについて語るインタビュー今中大介さんが山梨のヒルクライムコースについて語るインタビュー
投稿コンテンツ「俺クライム」投稿コンテンツ「俺クライム」

2012年からサイクルツーリズムを本格化

 山梨県では、2012年3月に策定した「やまなし観光推進計画」の中で、「自転車ロードレースなどのスポーツと地域の豊かな観光資源を組み合わせたスポーツツーリズムを推進」する旨を明記し、さまざまな取り組みを進めている。2012年度には富士北麓の市町村や観光事業者と連携して「富士五湖サイクリングマップ」の作成などを行い、2013年度に「富士の国やまなしを全力で走るサイト」を開設した。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクルツーリズム ヒルクライム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載