振動減衰フォークもラインナップタイムの新フラッグシップ「スカイロン」、オールラウンドモデル「アイゾン」が登場

  • 一覧

 フランスのタイム(TIME)が2015年モデルのラインナップを発表した。新モデルとして、ロードバイクのフラッグシップ「スカイロン」、オールラウンドモデルの「アイゾン」がデビュー。またロードの上位モデル向けに、画期的な振動減衰システムを内蔵した「アクティブ」フォークが登場した。ペダルでは、軽さをさらに追求した「エクスプレッソ15」が登場する。

ネーミングもフレーム形状も刷新 タイムの新潮流

新しいフラッグシップロード「SKYLON」(スカイロン)新しいフラッグシップロード「SKYLON」(スカイロン)

 新たに登場した「SKYLON」(スカイロン)は、前フラッグシップのZXRSからネーミングもフレーム形状も刷新。タイムの新潮流にあると言えるだろう。細身でエッジの効いた形状のフレームが多かったタイムだが、スカイロンは全体的にマッシブでしかも角を丸めた新しいデザインとなっている。性能はプロレースユースを突き詰め、空力特性やねじれ剛性、BB剛性などをZXRSよりも向上させた。BB386を採用、左右非対称のチェーンステーは、左右ワンピース構造となっている。

 またオールラウンドに使えるセカンドグレードに、「IZON」(アイゾン)が新登場。継続となったロングライドモデル、「Fluidity」(フルイディティ)とともに、ラインナップを強化している。

IZON(アイゾン)IZON(アイゾン)
Fluidity(フルイディティ)Fluidity(フルイディティ)

振動減衰システム内蔵の画期的な「アクティブ」フォーク

アクティブフォークを搭載した「IZON AKTIV」アクティブフォークを搭載した「IZON AKTIV」

 2015モデルでタイムが満を持して投入したのが、画期的な振動減衰システムを搭載した「AKTIV(アクティブ)フォーク」だ。25から50ヘルツの、ライダーにとって最も不快な低周波数帯の振動を抑えるため、フロントフォーク先端部に、高層ビルなど大型建築でも使われるチューンド・マス・ダンパー(同調質量ダンパー)を内蔵。フォークから伝わる振動を約3割カットすることに成功した。

 このシステムでは路面からの振動が伝わった際に、ダンパー自体が振動することで、特定の周波数の振動強度を抑える。フレームやフォーク自体の素材の弾力性に依存しないため、自転車のパフォーマンスに悪影響を与えないメリットがあり、ライダーに悪影響を与える振動数だけを取り除くことが可能だ。

アクティブフォークのカットモデル。フォーク先端部からスプリングブレードを介してマス(質量体)が取り付けられるアクティブフォークのカットモデル。フォーク先端部からスプリングブレードを介してマス(質量体)が取り付けられる

 アクティブフォークはスカイロン、アイゾン、フルイディティの3モデルで、それぞれのモデルに合わせて調整された専用のものが装備される。なお3モデルとも、従来からのRTMフォーク装備バージョンを選択することも可能。両者の価格差は9万円(税抜)で、アップグレード用にアクティブフォーク単体の販売も行なわれる予定だという。

SKYLON AKTIV 570,000円(フレームセット、税抜)
IZON AKTIV 520,000円(フレームセット、税抜)
Fluidity AKTIV 460,000円(フレームセット、税抜)
SKYLON 480,000円(フレームセット、税抜)
IZON 430,000円(フレームセット、税抜)
Fluidity 370,000円(フレームセット、税抜)

さらに軽さを突き詰めた「エクスプレッソ15」

さらなる軽量化を果たしたエクスプレッソ15さらなる軽量化を果たしたエクスプレッソ15

 独自のフローティングシステムと軽さで人気を誇るタイムのロードペダルには、ニューモデル「XPRESSO(エクスプレッソ)15」が登場した。セラミックスピードベアリング、ライトカーボンボディを採用して、重量が従来のエクスプレッソ12(片側77g)に比べ、10.5gの軽量化(片側66.5g)を果たしている。価格は5万8000円(税抜)。

 またミッドレンジのエクスプレッソ8には、限定モデルとして各国の国旗をデザインしたモデルが登場する。価格は通常のエクスプレッソ8と同じ2万1000円(税抜)。

◇      ◇

 正確な出荷時期は未定となっているが、ロードフレームが年明け頃、ペダルは年内を見込んでいるという。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

30~50万円のロードバイク50万円以上のロードバイクタイム(TIME)のロードバイク

30~50万円 50万円~ タイム フレームセット ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載