新製品情報ブリヂストンサイクル「ヘルムズ」に全156パターンの「カラーオーダーシステム」登場

  • 一覧
新色キャンディオレンジのヘルムズ「H2X」新色キャンディオレンジのヘルムズ「H2X」

 ブリヂストンサイクルとサイクルアパレルブランド「narifuri」(ナリフリ)が共同開発したシティライド向けバイク「HELMZ」(ヘルムズ)に、「カラーオーダーシステム」が採用された。4モデルに13色のフレームカラー、3色のロゴカラーによる組み合わせによって、バリエーションは全156種類。自らの街乗りスタイルやファッションにあわせて、オリジナリティのあるカラーコーディネートを楽しめるようになった。

13種類のフレームカラーバリエーション13種類のフレームカラーバリエーション

ロゴの色も選べてオリジナリティがアップ

 フレームカラーは13色が用意された。ラインナップは14年モデルのSR1で人気だったT.ストロングネオンイエローのほか、イリュージョンカラー3色、ダイヤモンドカラー3色、キャンディーカラー4色、メタリックカラー2色。ヘルムズの魅力を、色によってさまざまに表現できる。

ロゴカラーは(左から)ブラック、ホワイト、カモフラージュの3色ロゴカラーは(左から)ブラック、ホワイト、カモフラージュの3色

 ロゴはカモフラージュ(同色迷彩)、ブラック、ホワイトの3種類。ストリート感のあるカモフラージュはサドル、バーテープと同じデザインで、落ち着いた質感のためコーディネートしやすく、オリジナリティも備えた色彩となっている。

 カラーオーダーシステムが採用されたのはカーボンベルト駆動でドロップハンドルの「SR1」、ライザーバーの「S10」、チェーン駆動でブルホンバーの「H2X」、ライザーバーの「H10」の4モデル。埼玉県上尾市にあるブリヂストンサイクルの工場で塗装の職人が1本ずつ丁寧にハンドメイドで仕上げ、ユーザーのリアルな利用シーンを強く意識したシティバイクだ。2014年モデルからの変更点として、H2Xは旧「H1X」から名称が変わり、ホイールはXEROホイールからフルクラムクアトロCXになった。またH10は、ハンドルがストレートバーからライザーバーに変更されている。

ヘルムズ「SR1-C」ヘルムズ「SR1-C」
ヘルムズ「H10-C」ヘルムズ「H10-C」

HELMZ「カラーオーダーシステム」概要
対応車種・税抜価格:
H2X-C、SR1-C 185,000円
H10-C、S10-C 128,000円
サイズ:510、530、550
発売予定日:2014年10月上旬より順次発売

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ブリヂストンサイクル ヘルムズ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載