受講者には特製の自転車安全免許弱虫ペダル × 宇都宮ブリッツェン 自転車安全教室でコラボ、県内の子供たち向けに開催

  • 一覧
ブリッツェンの選手たちはレースだけでなく、自転車安全教室など地域の社会貢献活動にも取り組むブリッツェンの選手たちはレースだけでなく、自転車安全教室など地域の社会貢献活動にも取り組む

 宇都宮市を本拠地とするプロ・ロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」が、栃木県内で社会貢献活動として取り組む自転車安全教室で、自転車ロードレースアニメ「弱虫ペダル GRANDE ROAD」とのコラボレーションを行なうことになった。「弱虫ペダル × 宇都宮ブリッツェン 自転車教室」として、県内の幼稚園、保育園、小学校、中学校、高校で自転車教室を実施する。

 ブリッツェンがチーム創設以来の社会貢献活動として、レース以外にも積極的に取り組むのが、地元での自転車安全教室だ。創設6年目を迎えた今年は、のべ受講者数が2万9225名(9月現在)となり、地域の多くの子供たちに自転車の交通ルールや乗車技術を伝えている。原作マンガが累計発行部数1000万部を超え、アニメも大人気でこの秋から第2期シリーズが始まる「弱虫ペダル」とのコラボにより、これまで以上に子供たちの交通ルール遵守意識を向上させる考えで、パワーアップした自転車安全教室を目指す。

自転車安全免許と反射ステッカーのデザイン自転車安全免許と反射ステッカーのデザイン

 自転車安全教室の機材を運搬するトラックには、栃木日野自動車提供の「日野デュトロ ハイブリッド」に、弱虫ペダル × ブリッツェンのPRデザインを施し、自転車安全教室を幅広くアピール。また教室の受講者には、弱虫ペダル × ブリッツェンの反射ステッカーと自転車安全免許がプレゼントされる。


今後の自転車安全教室実施スケジュール
9月30日(火)宇都宮市立 旭中学校 参加生徒数 500人(全校生徒)
10月18日(土)ジャパンカップ自転車安全教室 参加生徒数 50人
(ジャパンカップ公式ウェブサイト上で受講者募集予定)
11月18日(火)下野市立 祇園小学校 参加生徒数 350人(全校生徒)

※自転車安全教室の依頼、問い合わせはサイクルスポーツマネジメントまで
※弱虫ペダル×宇都宮ブリッツェン自転車安全教室は基本的に栃木県内限定で、対象は園児から高校生まで

関連記事

この記事のタグ

宇都宮ブリッツェン 弱虫ペダル

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載