トップライダーが「楽しい」と絶賛するコース世界選手権帰りの清水一輝と末政実緒が瑞穂を制す MTB「ダウンヒルシリーズ」第3戦

  • 一覧

 マウンテンバイク(MTB)ダウンヒル競技の新しいシリーズ戦「DOWNHILL SERIES」(ダウンヒルシリーズ)の第3戦が9月13日、14日に島根県邑南(おおなん)町のMIZUHO MTB PARKで開催された。エリート男子クラスは清水一輝(MADISON SARACEN)が初優勝。エリート女子クラスでは、末政実緒(DIRTFREAK/SARACEN)が開幕からの3連勝を飾った。

開催初日の午後に行われたタイムドセッションではフィニッシュジャンプコンテストを併催され、飛距離とスタイルをジャッジした。ライダーは阿藤寛(COMMENCAL/Topknot)開催初日の午後に行われたタイムドセッションではフィニッシュジャンプコンテストを併催され、飛距離とスタイルをジャッジした。ライダーは阿藤寛(COMMENCAL/Topknot)
コースから見下ろしたベースエリア。大会期間中は好天に恵まれたコースから見下ろしたベースエリア。大会期間中は好天に恵まれた

 第3戦目にして初の快晴。気持ちの良いほどに真っ青な秋空と、まぶしいほどの芝生の緑。日差しは暑いが風は涼しく、最高のコンディション。会場には10のブースとREDBULLのパラソルが並んだ。

 会場となったMIZUHO MTB PARKは瑞穂ハイランドのスキー場に夏シーズンにだけオープンされる、西日本随一の標高差を誇るMTBコースである。今大会のために、コース全長1910m、1051mから723mまで標高差328mを駆け下りる特別コースが設定された。試走一本目を走り終えたライダーたちに聞くと、声をそろえて言う。「めっちゃおもしろい!!!」。MIZUHOのスタッフの情熱の詰まった今コースは、ジープロード、ワイドオープンのゲレンデ、3カ所のシングルトラックと、しっかりと作り込まれている。メーン会場からもコース途中が垣間見え、見所である大きなラダー&ドロップオフまでも歩いて2~3分ほどと、トップライダーからも観客からも高評価だ。

コースはジープロード、ワイドオープンのゲレンデ、3カ所のシングルトラックで構成。メリハリのある、ハイスピードコースが用意されたコースはジープロード、ワイドオープンのゲレンデ、3カ所のシングルトラックで構成。メリハリのある、ハイスピードコースが用意された
山腹に設けられたスタートゲート山腹に設けられたスタートゲート
第2シングル出口のラダードロップを飛ぶ永田隼也(AKI FACTORY TEAM)第2シングル出口のラダードロップを飛ぶ永田隼也(AKI FACTORY TEAM)
最終シングルに飛び込む加藤将来(LOVE BIKES RACING/ACCEL)。世界選手権ダウンヒル、ジュニアクラス日本代表最終シングルに飛び込む加藤将来(LOVE BIKES RACING/ACCEL)。世界選手権ダウンヒル、ジュニアクラス日本代表
高速セクションから連続バームへ、コースはドライコンディション。ライダーは久保諒策(CLEAT)高速セクションから連続バームへ、コースはドライコンディション。ライダーは久保諒策(CLEAT)
シングルトラックには効果的にラダーセクションが作り込まれていたシングルトラックには効果的にラダーセクションが作り込まれていた

 初日のタイムドセッションでは、ゴール直前のシングルトラックの出口に設けられたジャンプセクションにて「フィニッシュジャンプコンテスト」が行われた。このコンテストは、タイムドセッション参加者が自動的に参加となり、MIZUHO MTB PARKのスタッフが採点。飛距離とスタイルを競った。

 夜には、多くのライダー、出展者、会場スタッフが参加した「MIZUHO NIGHT POWERED BY SRAM」と称された前夜祭が行われた。会場のテラスエリアでお酒を片手にバーベキューを楽しむ。公式戦であるJシリーズでは考えられない光景だが、ここぞとばかりにトップライダーたちとの交流を深める参加者の姿も見られた。なかでも、トップライダーのコース試走動画をスクリーンに映し出し、井手川直樹(DEVINCI/STRIDER)や末政実緒(DIRTFREAK/SARACEN)の解説を聞けるという絶好の機会も。各選手が翌日の本戦に向けて、コース攻略のイメージを高めた。また、タイムドセッション中に行われたフィニッシュジャンプコンテストの表彰式も行われ、男子は九島勇気(玄武/Mondraker)、女子は村田実里(VAN-QUISH)に賞金と副賞が贈られた。

高速区間をぶっ飛ばす九島勇気(玄武/Mondraker)。このレースからバイクをモンドレイカーにチェンジ、いきなりの好走を見せた高速区間をぶっ飛ばす九島勇気(玄武/Mondraker)。このレースからバイクをモンドレイカーにチェンジ、いきなりの好走を見せた
競技の方向性をクロカンにスイッチした末政実緒だが、ダウンヒルでのスムーズな走りは健在競技の方向性をクロカンにスイッチした末政実緒だが、ダウンヒルでのスムーズな走りは健在
混戦のチャレンジクラス男子を制したのは藤村飛丸(MADDY CHOCOLATE)混戦のチャレンジクラス男子を制したのは藤村飛丸(MADDY CHOCOLATE)

 本戦当日も快晴。スーパードライの路面は滑りやすく、前日の試走時から転倒も相次ぐ。しかし「ひゃっほーう!」と声を出しゴールする姿を見ていると、いかに楽しいコースであるかは一目瞭然だ。

 エリート男子クラスでは、第1戦の優勝者・阿藤寛(COMMENCAL/Topknot)や第2戦優勝者の安達靖(DIRTFREAK/SARACEN)が精彩を欠く。フリーライドバイクやエンデューロバイクを持ち込んだ井手川や永田隼也(AKI FACTORY TEAM)も「フルサスDHバイクが必要でしたね…」とレース後に語ったように、タイムが伸びない。そんななか、見るからにスピード域の違う走りを見せた清水が唯一3分を切るタイムをたたき出して優勝。ノルウェーで行われたMTB世界選手権から帰国してすぐのレースで、ダウンヒルシリーズ3人目の勝者となり賞金10万円を手にした。タイムドセッションで1位だった九島勇気は約2秒差の2位に、3位には井本はじめ(LoveBikes)が入った。

エリート男子優勝の清水一輝(MADISON SARACEN)。世界選手権から帰国して間もないレースを制したエリート男子優勝の清水一輝(MADISON SARACEN)。世界選手権から帰国して間もないレースを制した
ファーストタイマークラスの専用ルートもドライコンディションによって高速化した。砂塵を上げて走るライダーは昼田吉昭(ちゅう吉DH部)ファーストタイマークラスの専用ルートもドライコンディションによって高速化した。砂塵を上げて走るライダーは昼田吉昭(ちゅう吉DH部)
開幕戦が行われた十種ヶ峰のレースオーガナイザー、志賀孝治もエリートクラスに参戦開幕戦が行われた十種ヶ峰のレースオーガナイザー、志賀孝治もエリートクラスに参戦

 清水はレース後「すごく楽しかったです!色んなところで失敗したけど、楽しかったんで良かったなと思います」と振り返り、コースについても「日本のコースっぽくないなと思いました。すごく流れのあるコースだな、と。コースを作った人に聞くと、いろんなところを走ってきて、そのノウハウを還元して作った、みたいなことを言っていたので、確かにそれを感じたコースでしたね」と海外レースを転戦する清水らしいコメントを残した。

エリート女子は末政実緒(DIRTFREAK/SARACEN)が勝利。彼女もノルウェーでの世界選手権に参戦していたライダーだエリート女子は末政実緒(DIRTFREAK/SARACEN)が勝利。彼女もノルウェーでの世界選手権に参戦していたライダーだ

 エリート女子クラスでは、末政が2位以下に15秒差を付けて圧勝し、開幕戦から3連勝を果たした。MTB世界選手権のクロスカントリー女子エリートに出場した末政が、清水と同様に帰国後のレースで勝利した。

 表彰台には赤いソファーのホットシート(暫定で最速タイムを出している者が座るイス)が用意されていたり、前夜祭参加者のために近隣のホテルからバスが出されたりと、「おもてなし」が光った今会場。レース後には「すばらしいコースと最高のおもてなし。この楽しみをしらないなんて損ですよ!」というトップライダーのSNSへの書き込みも多く見られた。「来年は、もっともっとパワーアップしてたくさんの方の参加を待っています」と話す会場スタッフの心意気を、アナタもどうか感じに来て欲しい。

 次戦は11月1~2日。舞台を愛知県瀬戸市のSRAM PARKに移して行われる。

レポート・平野志磨子
写真・中川裕之 / SLmedia
動画・SLmedia 映像ディレクター 山村優介

エリート男子、表彰式。1位 清水一輝(MADISON SARACEN)、2位 九島勇気選手(玄武/Mondraker)、3位 井本はじめ(LoveBikes)、4位 黒沢大介(LOVEBIKES/FUST)、5位 永田隼也(AKI FACTORY TEAM)エリート男子、表彰式。1位 清水一輝(MADISON SARACEN)、2位 九島勇気選手(玄武/Mondraker)、3位 井本はじめ(LoveBikes)、4位 黒沢大介(LOVEBIKES/FUST)、5位 永田隼也(AKI FACTORY TEAM)
エリート女子、表彰式。1位 末政実緒(DIRTFREAK/SARACEN)、2位 牧野瑠衣、3位 村田実里(VAN-QUISH)エリート女子、表彰式。1位 末政実緒(DIRTFREAK/SARACEN)、2位 牧野瑠衣、3位 村田実里(VAN-QUISH)
ファーストタイマー女子、表彰式。1位 竹林香織(KLRC)ファーストタイマー女子、表彰式。1位 竹林香織(KLRC)
チャレンジ男子、表彰式 1位 藤村飛丸(MADDY CHOCOLATE)、2位 武田恭輔(Magic Carpet)、3位 高野欽司(nustyle555 よしむたMTBクラブ)、4位 久保諒策(CLEAT)、5位 濱田朋宏(GOOD TROUBLE)チャレンジ男子、表彰式 1位 藤村飛丸(MADDY CHOCOLATE)、2位 武田恭輔(Magic Carpet)、3位 高野欽司(nustyle555 よしむたMTBクラブ)、4位 久保諒策(CLEAT)、5位 濱田朋宏(GOOD TROUBLE)
チャレンジ女子、表彰式。1位 川述沙織、2位 崎野真子チャレンジ女子、表彰式。1位 川述沙織、2位 崎野真子
ファーストタイマー男子、表彰式。1位 郷丸勝範(ちゅう吉福山店DH部)、2位 三藤大祐(ちゅう吉福山DH部)、3位 昼田吉昭(ちゅう吉DH部)、4位竹林真也(KLRC)、5位 石津健(ケンズレーシング)ファーストタイマー男子、表彰式。1位 郷丸勝範(ちゅう吉福山店DH部)、2位 三藤大祐(ちゅう吉福山DH部)、3位 昼田吉昭(ちゅう吉DH部)、4位竹林真也(KLRC)、5位 石津健(ケンズレーシング)
エリートクラスだけでなく、ファーストタイマークラスでも上位3人によるシャンパンファイトが行われたエリートクラスだけでなく、ファーストタイマークラスでも上位3人によるシャンパンファイトが行われた
レース終了後にはイベント参加者による集合写真を撮影したレース終了後にはイベント参加者による集合写真を撮影した

【動画 コースプレビュー】
ライダー:永田隼也選手(AKI FACTORY TEAM)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

MTBレース ダウンヒル ダウンヒルシリーズ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載