新製品情報ブリヂストンがロードタイヤ「エクステンザ」を刷新 最軽量モデルは145gを実現

  • 一覧

 ブリヂストンサイクルはロードバイク用タイヤ「EXTENZA」(エクステンザ)の、レース向け3モデルをフルモデルチェンジする。新たに発表されたのは、「R1X」「R1G」「R1S」の3モデル。全体の性能アップとともに軽量化が図られ、シリーズ最軽量モデルとなるR1Sでは、本体145gを達成している。12月発売予定。

レース用「エクステンザ」がフルモデルチェンジレース用「エクステンザ」がフルモデルチェンジ

 オールラウンドタイプの「R1X」は、RR1Xの後継となるモデル。バランスの取れた性能を発揮し、クラウン形状、トレッドゴム、パンクプロテクターを見直すことで、ウェット性能の強化と軽量化が図られた。磨耗インジケーターの廃止もあって、旧モデルの最軽量クラスと同等の重量を実現した。R1Xのみ23Cに加え、25Cがラインナップされる。

担当者が「ウチは実測値!」と胸を張る。R1Sの実測重量は、カタログ値よりさらに1g軽い、144gを示していた担当者が「ウチは実測値!」と胸を張る。R1Sの実測重量は、カタログ値よりさらに1g軽い、144gを示していた

 ハイグリップタイプの「R1G」はRR1HGの後継。グリップ性能に特化した新コンパウンドを採用することで、シリーズ最強のグリップ力を発揮する。ブリヂストンアンカーのロードチームが欧州遠征で使用し、石畳などの荒れた路面でも高性能を発揮するとの評価を得ているという。

 軽量タイプの「R1S」はRR1SLの後継。その重量は145gと、超軽量を謳っていたRR1SLの180gから、さらに35gもの軽量化を達成した。高密度ケーシングを使用し、パンクプロテクターも廃止するなど徹底的に贅肉を削ぎ落とすことで、驚異的な軽さを実現している。TTやヒルクライム、サーキットレース用のスーパー決戦タイヤだ。

■R1X
税抜価格:5,800円
サイズ:700x23C、700x25C
カラー:ブラック
重量:180g(23C)、190g(25C)

■R1G
税抜価格:6,300円
サイズ:700x23C
カラー:ブラック
重量:185g(23C)

■R1S
税抜価格:6,300円
サイズ:700x23C
カラー:ブラック
重量:145g(23C)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

タイヤ|サイクルパーツ商品一覧

サイクルパーツ タイヤ ブリヂストンサイクル 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載