「弱ペダ」コラボの記念ウェアも登場1週間にわたって盛り上がる「ジャパンカップ」 シクロクロス、“レジェンド”レースなど新機軸も

  • 一覧

 世界的スター選手のファビアン・カンチェッラーラ(トレック ファクトリーレーシング)の参戦が決まった「2014ジャパンカップサイクルロードレース」。12日に東京都内で開かれた記者発表会では、ともにビデオレターを寄せた新城幸也(チーム ヨーロッパカー)が「きっと面白いレースをする」、別府史之(トレック ファクトリーレーシング)も「ジャパンカップでの優勝が目標」と意気込みを語った。また大会オブザーバーの今中大介さん、ロードレース解説で知られる栗村修さんらがトークショーを展開し、1カ月余り先に迫った大会の魅力や、関連イベント、グッズ展開などをアピールした。

今中大介さん、栗村修さん、絹代さんがトーク形式で出場チームと選手を発表。栗村さんはカンチェッラーラの参戦に「イタヤ(宿泊ホテル)の封鎖が必要かも!」と大興奮今中大介さん、栗村修さん、絹代さんがトーク形式で出場チームと選手を発表。栗村さんはカンチェッラーラの参戦に「イタヤ(宿泊ホテル)の封鎖が必要かも!」と大興奮

別府はがレックチームのエースに カンチェッラーラがアシスト

オフィシャルエアラインの日本航空からは、栃木県出身のキャビンアテンダント2人が出席。選手の日本への快適な旅を約束したオフィシャルエアラインの日本航空からは、栃木県出身のキャビンアテンダント2人が出席。選手の日本への快適な旅を約束した

 メーンイベントとなるロードレースは、国内外の16チームを招聘して10月19日に宇都宮森林公園で開催される。UCI(国際自転車競技連合)のクラス分類でHC(超級)とに位置づけられる格式の高いレースだ。

 12日の記者発表会では、ともに所属チームを率いての参戦が決まった新城幸也(チーム ヨーロッパカー)、別府史之(トレック ファクトリーレーシング)の2選手からビデオレターが寄せられた。

発表会にビデオレターを寄せた新城幸也(左)と別府史之(右)発表会にビデオレターを寄せた新城幸也(左)と別府史之(右)

 新城は「(今年の国内公式戦では)唯一僕が参戦するレース。きっと面白いレースをするので、皆さんも是非ぜひ見に来てください」とアピール。また別府は「今シーズンはジャパンカップで優勝することが目標。応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。別府選手のマネージメントを行なう兄の始さんによると、トレックチームは別府をエースとし、カンチェッラーラがアシストを務める必勝体制で臨むことが決まっているという。

国内チームは15日以降に正式発表

 国内からはコンチネンタルチーム6チームとナショナルチームに出場枠が与えられる。国内コンチネンタルチームは、UCIランキング上位の2チームと、国内開催の国際レースや全日本選手権など指定5大会での成績に応じた3チーム、そして主催者推薦枠が1チーム設けられる。

 最後の選考対象レースとなる「ツール・ド・北海道」が9月13~15日に開催されるため、国内出場チームの正式決定は15日以降の予定。現時点では、UCIランキングで上位のヴィーニファンティーニ・NIPPO・デローザと、ブリヂストンアンカー サイクリングチームが他を引き離しており、出場はほぼ確定している。また主催者推薦枠も含め、地元チームの宇都宮ブリッツェンの出場が確実視されている。

 ナショナルチームは大学生などU23の若手選手を中心に、チームが選抜されなかった有力選手を加えて選ばれるもようだ。

クリテリウム5周年を記念し「レジェンドクリテリウム」を併催

会場には海外招待UCIプロチームのウェアとバイクが飾られた会場には海外招待UCIプロチームのウェアとバイクが飾られた

 ロードレースの前日には、宇都宮市中心部の大通りを封鎖して「ジャパンカップクリテリウム」が開催される。このレースには、ロードレースに出場するチームに加えて「クリテリウム・スペシャルチーム」が出場する。

 さらに、ジャパンカップにクリテリウムが導入されて今年で5周年を迎えることを記念し、過去の大会を彩った元選手ら“レジェンド”たちが走るエキシビションレース「レジェンドクリテリウム」も併催される。

大会までの1週間は「ジャパンカップウィーク」

「アジア最高峰の大会として恥じないよう頑張りたい」と佐藤栄一宇都宮市長「アジア最高峰の大会として恥じないよう頑張りたい」と佐藤栄一宇都宮市長

 記者発表会に登壇した宇都宮市の佐藤栄一市長は、「今年はロードレース開催までの1週間をジャパンカップウィークとし、街全体でジャパンカップを盛り上げる1週間にしたい。餃子、ジャズ、カクテルの3本柱で皆様をもてなしたい」と宣言した。

 「ジャパンカップウィーク」のキックオフイベントとして行なわれるのが、10月11日と12日に初開催の「ジャパンカップシクロクロス」だ。宇都宮市役所に隣接する城址公園で、国内トップレーサーによるエキシビションレースや、AJOCC(日本シクロクロス競技主催者協会)の公式戦が行なわれる。

 また、市街地中心部のオリオンスクエア付近に「ジャパンカップミュージアム」を10月1日~19日の期間限定で開設。映像コンテンツやお宝アイテムの展示、また大会限定オリジナルグッズの販売が行なわれる予定だ。

「弱虫ペダル」コラボなど記念ウェアを販売 オリジナル切手も初登場

 大会関連グッズも充実する。記念サイクルウェアは2種類作成。このうち、人気マンガ「弱虫ペダル」とのコラボウェアは、主人公が所属する総北高校のチームウェアのデザインをアレンジしたもので、作者の渡辺航さんによる手描きイラストとサインがプリントされる。もう1種類は鮮やかな5色のオリジナルデザインで、いずれも完全受注生産販売。ジャパンカップ当日までに受け取るためには、9月18日の1次オーダー締め切りまでの注文が必要という。

記念ウェアは2種類作成・販売される記念ウェアは2種類作成・販売される
オフィシャルグッズもさらに充実オフィシャルグッズもさらに充実

 このほかにTシャツ、タオル、リストバンド、サコッシュ、カウベルなどのオフィシャルグッズを企画。大会会場やジャパンカップミュージアムで販売される。

オリジナルフレーム切手が登場オリジナルフレーム切手が登場
オリジナルラベルのクラフトビール「麦太郎」「餃子浪漫」オリジナルラベルのクラフトビール「麦太郎」「餃子浪漫」

 コラボグッズとしては、オリジナルフレーム切手が初登場する。クリテリウムやロードレースの迫力ある写真を使用し、9月16日より宇都宮市内の郵便局で販売予定だ。クラフトビール「麦太郎」「餃子浪漫」にはジャパンカップ特別ラベルが登場。市内などで9月11日より販売を開始する。

(文 米山一輝/写真 平澤尚威)

発表会に出席した(左より)絹代さん、栗村修さん、大島研一JCF副会長、佐藤栄一宇都宮市長、今中大介さん、JALの村松優さん、田原あゆみさん発表会に出席した(左より)絹代さん、栗村修さん、大島研一JCF副会長、佐藤栄一宇都宮市長、今中大介さん、JALの村松優さん、田原あゆみさん

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2014 ジャパンカップ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載