新製品情報ラファが秋冬の限定長袖ジャージ発売 “アメリカ最強カップル”デーヴィス・フィニー夫妻がモチーフ

  • 一覧

 ロンドン発のロードウェアブランドRapha(ラファ)から、2014年秋冬の限定ウェア「Davis Phinney Long Sleeve Jersey」(デーヴィス・フィニー ロングスリーブジャージ)と「Connie Carpenter Long Sleeve Jersey」(コニー・カーペンター ロングスリーブジャージ)が発売された。ラファ定番のロングスリーブジャージをベースに、「アメリカ自転車史上最強のカップル」と言われたデーヴィス・フィニーとコニー・カーペンターをモチーフにデザイン。秋のアウターとして、冬はミッドレイヤーとして着ることのできるスポーツウール製ジャージだ。

デーヴィス・フィニーをモチーフにしたラファの2014年秋冬限定ジャージ「デーヴィス・フィニー ロングスリーブジャージ」デーヴィス・フィニーをモチーフにしたラファの2014年秋冬限定ジャージ「デーヴィス・フィニー ロングスリーブジャージ」

 限定ジャージのモチーフになっているデーヴィスとコニーは元自転車選手のアメリカ人夫妻で、今ではUCIプロツアーチーム「BMCレーシング」で活躍するテイラー・フィニーの両親としても知られている。

 1984年、史上初めて女子のロードレースが五輪種目に採用されたロサンゼルス五輪で、コニー・カーペンターは僅差のスプリントを制して金メダルを獲得し、この勝利を最後に現役を引退。同大会のチームタイムトライアルで銅メダルを獲得したデーヴィス・フィニーはその後にプロロードレーサーとなり、ツール・ド・フランスでは2度のステージ優勝を飾った。

 デーヴィスは引退後、40歳の若さでパーキンソン病に罹患。長い闘病生活を経て日常生活に復帰し、その経験から、パーキンソン病の患者をサポートする「デーヴィス・フィニー財団」を設立して活動を続けている。

五輪の女子ロードレース初代金メダリストであるコニー・カーペンターをモチーフにした「コニー・カーペンター ロングスリーブジャージ」五輪の女子ロードレース初代金メダリストであるコニー・カーペンターをモチーフにした「コニー・カーペンター ロングスリーブジャージ」

 ジャージのジップタブはそれぞれが獲得したメダルのデザイン。襟口にはコニーの口癖であり、財団のモットーである「Every victory counts」(すべての勝利が重要)がプリントされている。また、デーヴィス・フィニー ロングスリーブジャージのフロントジップタブは、指先への負担が少ない通常よりも大きいタブを採用している。コニー・カーペンター ロングスリーブジャージはラファ初の女性用限定アイテムとなる。

 ジャージの売り上げの一部は財団に寄付され、その活動費用に充てられる。

Davis Phinney Long Sleeve Jersey
サイズ:XS~XXL
価格:32,000円

Connie Carpenter Long Sleeve Jersey
サイズ:XXS~XL
価格:32,000円

ロードレースの熱狂とパーキンソン病の闘病を映像に

 ラファはデーヴィスとコニーの限定ジャージ発売に際し、ドキュメンタリーフィルムを制作した。二人と、彼らを良く知る人物が1984年のロス五輪、そしてパーキンソン病の闘病について語っている。

 撮影はラファのロケ写真を手がけるベン・インガム。五輪を取り巻くアメリカロードレースの熱狂と、パーキンソン病を経たデーヴィスが至った境地を表す力作だ。フィルムはこちらから視聴できる。

この記事のタグ

ジャージ|サイクルウェア商品一覧ラファ(Rapha)のサイクルウェア商品一覧

サイクルウェア ジャージ ラファ 新製品情報

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載