新製品情報フジの最新エアロロード「トランソニック」発表 空力性能に加えコントロール性を重視

  • 一覧

 アメリカのバイクブランド「FUJI」(フジ)から、2015年モデルのエアロロードバイク「TRANSONIC」(トランソニック)が発表された。空力性能の追求とともに、剛性に代表されるコントロール性を重視し、プロライダーから信頼を得た高性能バイクだ。フレームセット「トランソニックSL」と、メーンコンポにシマノ105を搭載した完成車「トランソニック2.7」がラインナップされる。

フジ「トランソニックSL」(フレームセット販売)フジ「トランソニックSL」(フレームセット販売)

 トランソニックは、同社のさまざまなレース用バイクが持つ長所をエアロロードへ惜しみなく投入した自信作。トラックバイク「TRACK ELITE」(トラックエリート)とタイムトライアルバイク「NORCOM STRAIGHT」(ノーコムストレート)からは無数の風洞実験により極めたエアロダイナミクスを、ロードレース用の「ALTAMIRA」(アルタミラ)からは軽さを、「SST」からは圧倒的な剛性を誇るカーボン素材を譲り受けた。

 トランソニックSLと2.7はまったく同じ形状を持ち、違いはカーボン素材の種類。SLは、薄くても剛性を出せるカーボンを採用し、エアロロードでありながらフレーム単体で約995g(サイズ52cm)と軽量化を実現した。SLはマット塗装、2.7は艶のある塗装になっている。

フジ「トランソニック2.7」(完成車販売)フジ「トランソニック2.7」(完成車販売)
トップから見た「トランソニック2.7」トップから見た「トランソニック2.7」

 ブレーキは、前後ともにフロント用のダイレクトマウントブレーキを搭載。フロント用を採用したのは、「より小ぶりで軽量化を期待できるため」(担当者)という。また、チェーン落ちの際に車体へのダメージを抑えるため、チェーンリング内側にチェーンウォッチャーを装備している。

後輪に沿ったシートチューブ形状が特徴のトランソニック後輪に沿ったシートチューブ形状が特徴のトランソニック
印象的な形状のシートポスト後部とダイレクトマウントブレーキ印象的な形状のシートポスト後部とダイレクトマウントブレーキ
シートポスト前面にはすべり止めを配置シートポスト前面にはすべり止めを配置
カーボンランクが記された「トランソニックSL」のチェーンステー。ワイヤーは極力チューブ内を通る構造カーボンランクが記された「トランソニックSL」のチェーンステー。ワイヤーは極力チューブ内を通る構造

 エアロロードバイクながら、フレームの各チューブは極端に偏平しているわけではない。シートポスト後部からシートステーにかけての造形や、後輪に沿ったシートチューブの形状にエアロダイナミクスへの挑戦が表れている。空気の流れを乱すケーブルも極力チューブに内蔵された。

 フジのバイクを使用するUCI(国際自転車競技連合)プロコンチネンタルチームの「チーム ネットアップ・エンデューラ」(ドイツ)では、2014年のツール・ド・フランスで4台のトランソニックSLを実戦投入した。選手からは、平坦ステージや山岳の下りといった高速で走行する場面での安定性が特に評価されたという。


「トランソニックSL」(フレームセット)
サイズ(cm): 46、49、52、54、56
メインフレーム: C10 ultra high-modulus carbon, integrated head tube w/ 1 1/2″ lower, press fit BB30, double water bottle mounts
フォーク: FC-330 carbon monocoque w/ tapered carbon steerer
ヘッドセット: FSA, 1 1/8″ upper – 1 1/2″ lower, integrated w/ carbon top cover
シートポスト: Transonic aero carbon, 300mm (46-52cm), 350mm (54-61cm)
税抜価格: 230,000円
 
「トランソニック2.7」(完成車)
サイズ(cm): 46、49、52、54、56
メインフレーム: C5 high-modulus carbon, integrated head tube w/ 1 1/2″ lower, press fit BB30, double water bottle mounts
フォーク: FC-440 carbon w/ tapered carbon steerer
フロントディレイラー: Shimano 105, braze-on mount
リアディレイラー: Shimano 105, 11-speed
シフター: Shimano 105, STI, 11-speed
カセット: Shimano 105, 11-28T, 11-speed
ホイールセット: Oval 327 aero alloy clincher, 20 / 24h
タイヤ: Vittoria Zaffiro Pro Slick, 700 x 23, 60tpi, folding
ブレーキセット: Shimano 105 direct mount
ヘッドセット: FSA, 1 1/8″ upper – 1 1/2″ lower, integrated
シートポスト: Transonic aero carbon, 300mm (46-52cm), 350mm (54-61cm)
重量: 8.2kg
税抜価格: 240,000円

(文・写真 柄沢亜希)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

20~30万円のロードバイクフジ(FUJI)のロードバイク

20~30万円 フジ フレームセット ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載