健康づくりや環境問題へ取り組み片山右京さんにさいたま市が「自転車まちづくりアドバイザー」を委嘱

  • 一覧
清水勇人さいたま市長(右)から委嘱状を受け取る片山右京さん =1日、さいたま市役所(川峯千尋撮影)清水勇人さいたま市長(右)から委嘱状を受け取る片山右京さん =1日、さいたま市役所(川峯千尋撮影)

 自転車利用を推進し健康づくりや環境問題へ取り組むさいたま市は1日、元F1レーサーで自転車選手としても活躍した片山右京さん(51)に、「さいたま自転車まちづくりアドバイザー」を委嘱した。

 片山さんはF1を引退後、自身が監督を務める自転車チーム「チームUKYO」を発足。昨年10月の国際自転車レース「さいたまクリテリウム by ツールドフランス」では、芸能人応援団の団長として大会を盛り上げた。

 愛車のロードバイクとともに同市役所を訪れた片山さんは「道路環境は良くなってきているが、利用者のマナー違反など問題は多い。幅広い年代の人に楽しみながら自転車の魅力を伝えていけたら」と話した。

MSN産経ニュースより)

この記事のタグ

チームUKYO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載