バイクインプレッション2014「BIANCHI OLTRE XR.2」 誰もが爽快な走りを体感できる名門ブランドのレーシング性能

  • 一覧

 イタリアの歴史あるブランド、ビアンキ。ブランドカラーの「チェレステ」は、往年の名選手の鮮烈な走りとともに自転車ファンの心をとらえ続けている。スチールバイクの時代から続くレース性能への探究心は、カーボン全盛の現在まで変わることなく受け継がれてきた。今回試乗する「OLTRE XR.2」は、レーシング部門を表すレパルトコルサに属するコンペティションモデルだ。

「BIANCHI OLTRE XR.2」(ビアンキ オルトレ XR.2)「BIANCHI OLTRE XR.2」(ビアンキ オルトレ XR.2)

「BIANCHI OLTRE XR.2」(ビアンキ オルトレ XR.2)

価格:370,000円(フレーム、税抜)
サイズ:47、50、53、55、57、59、61
カラー:CK、OF、TT、OA
問い合わせ先:サイクルヨーロッパ http://www.cycleurope.co.jp/bianchi/

スペック

フレーム:HoC OLTRE XR2 カーボン
フォーク:フルカーボン HoC 1.5″- 1-1/8″
変速機:シマノ・デュラエース(F)&(R)
ギヤ:FSA・SL-K ライトコンパクト 50×34T、11-28T(11s)
ホイール:フルクラム・レーシング5
重量:7.1kg(完成車実測値)

シートステーの接合部はボリュームがあり、ブレーキのマウント部はリブで構成されているシートステーの接合部はボリュームがあり、ブレーキのマウント部はリブで構成されている
TTバイクのトレンドに近い、ヘッド周辺とフロントフォークのデザイン。エアロ効果が高そうな印象を受けるTTバイクのトレンドに近い、ヘッド周辺とフロントフォークのデザイン。エアロ効果が高そうな印象を受ける
ワイヤーは内蔵式を採用。エアロシートピラーは1ボルトで固定するスタイルだワイヤーは内蔵式を採用。エアロシートピラーは1ボルトで固定するスタイルだ

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する

米山 最近のロードバイクのグラフィックがシンプルでシャープな傾向にある中、ダウンチューブの大きなブランドマークを筆頭に、かなりゴージャスな印象を受ける。自分は好きです。

松尾 ロゴがちりばめられたこのスタイルは、今では少数派で、個性になっていますね。オルトレはコンポーネント違いがあり、試乗車はアルテグラとデュラエースのミックスコンポーネントに、ホイールはレーシング5でした。他にDi2仕様もあります。選択肢が広いのはユーザーフレンドリーですね。また、FSAのパーツを多く採用していますが、改めてFSAのハンドルは使いやすくて良いなと。

米山 乗り味といい、選んで失敗のないロードバイクだよね。変なクセもなく扱いやすい。

松尾 トップチューブはかなり硬めで、細くて芯が詰まっている感じでした。この手のバイクは上半身が疲れてしまい、扱いにくさを感じて好みではないのですが、ダウンチューブとの相性がよく、ダウンチューブからBB付近にかけてタメがあったのが良かったです。伸びのある爽快な走りができました。また、直進安定性の高さにもいい影響を出していたと思います。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中

米山 安心感のある剛性感だった。でも硬すぎる感じはなかった。快適性も乗りやすい印象で、ウィークポイントは特に見当たらない。加速は軽めだけど、そこそこ引っかかりもあり、長い上りも良く走りそうだよ。

松尾 上りでは腕でハンドルを固定するようにすれば、ペダルを踏み込んだ際にフレームがリズムを作ってくれるので扱いやすいと思います。下りは芯がしっかりしているのでコーナーでも不安がありません。

米山 どんな速度域でもフラットに走りを楽しむことができるね。

松尾 イタリアンバイクらしく巡行時のバランスに優れていて、直進安定性も高かったので、まさにオールラウンドに楽しめる1台ですね。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

30~50万円のロードバイクビアンキ(Bianchi)のロードバイク

30~50万円 カーボン バイクインプレッション ビアンキ フレームセット ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載