ガールズ年代別はワールドゼッケンの3人がそれぞれ優勝接戦を制した松下巽が連勝 JBMXFシリーズ第4戦・秩父大会

  • 一覧
男子エリート決勝、松下巽(ゼッケン#38)、三瓶将廣(ゼッケン#79)男子エリート決勝、松下巽(ゼッケン#38)、三瓶将廣(ゼッケン#79)

 BMXレースの国内シリーズ、JBMXFシリーズ第4戦が8月24日、埼玉県秩父市の秩父滝沢サイクルパークで開催され、男子エリートは前戦の上越大会に続き松下巽(早稲田大学大学院)が優勝した。

 男子エリート決勝では、スタートから松下と三瓶将廣(一般社団法人 SYSTEMATIC BMX)、古幡陵介(REDLINE)が横一線で争う展開となった。第1ストレートのジャンプでは低くこなした松下がリード。三瓶と古幡がこれを追うものの、第2ストレートのプロセクションで3番手を走っていた古幡がミスにより転倒。三瓶の追撃を振り切りトップを守った松下が連勝を飾った。3位には池上悠斗(Ringo Road)が入った。

 ガールズカテゴリーには、7月に開催された世界選手権のファイナリスト3人が出場。11-12歳の薮田寿衣、13-14歳の丹野夏波、15歳オーバーの畠山紗英が、世界選手権での順位にワールドの頭文字「W」を付けたワールドゼッケンで出走し、それぞれが実力を発揮して各クラスで優勝した。

 また3歳から5歳の各年齢別や、3カテゴリーのランニングバイクレースも開催。幅広い年齢層が楽しめる大会となった。

ガールズ11-12歳優勝の薮田寿衣ガールズ11-12歳優勝の薮田寿衣
ガールズ13-14歳優勝の丹野夏波ガールズ13-14歳優勝の丹野夏波
ガールズ15歳オーバーの畠山紗英ガールズ15歳オーバーの畠山紗英
ランニングバイクの3歳クラスランニングバイクの3歳クラス
男子エリート表彰男子エリート表彰

男子エリート結果
優勝 松下巽(早稲田大学大学院)
2位 三瓶将廣(一般社団法人 SYSTEMATIC BMX)
3位 池上悠斗(Ringo Road)

ガールズ11-12歳クラス結果
優勝 薮田寿衣
2位 浅見葵
3位 小丹明希

ガールズ13-14歳クラス結果
優勝 丹野夏波
2位 永禮美瑠
3位 早川優衣

ガールズ15歳オーバークラス結果
優勝 畠山紗英
2位 朝比奈綾香
3位 滝口かりん

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

BMX

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載