【Teamユキヤ通信】ツール・ドゥ・リムザン 最終第4ステージチームの総合優勝に貢献した新城幸也 「ホームのような気分で走れた」

  • 一覧

 フランスで開催されたツール・ドゥ・リムザンは8月22日、最終第4ステージが行なわれた。新城幸也(チーム ヨーロッパカー)はチームメートのステージ優勝やジャージ獲得をかけてアシストしたが惜しくも実らず、自身は13位でゴール。総合34位で大会を終えた。

最終第4ステージは13位でゴールした新城幸也(Photo: Miwa IIJIMA)最終第4ステージは13位でゴールした新城幸也(Photo: Miwa IIJIMA)

最終日は例年通りにラインレースからリモージュ市内に設定された1周6.2kmの周回を4周する、175.6kmのコース。
 
ここまでのステージでチームメートのシリル・ゴティエ(フランス)が総合4位、そしてペリグ・ケムヌール(フランス)が山岳、ポイント賞ともに2位につけていた。最終日の逆転をかけ、新城らを中心にチームがそれぞれの仕事に徹し、攻撃を仕掛けていった。

ペリグ・ケムヌールらが入った中盤の逃げグループ(Photo: Miwa IIJIMA)ペリグ・ケムヌールらが入った中盤の逃げグループ(Photo: Miwa IIJIMA)

 山岳ポイントを加算するために、新城はケムヌールをメーン集団から逃げ集団まで引き上げた。しかし、山岳賞1位のアクセル・ドモン(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアル)も逃げに入っていたため、差を埋めることができなかった。

 そして、新城が終始サポートした総合4位のゴティエは疲労の色が隠せず、チームは作戦をステージ優勝狙いに切り替えた。残り2周回でクリストフ・ケルヌ(フランス)が単独でエスケープ。個人タイムトライアルのフランスチャンピオンという実績のあるケルヌは、ハイペースの後続集団の追い上げからも逃げ続けた。ステージ優勝が見えたかと思われたが、惜しくも最後の直線200mで集団のゴールスプリントに飲みこまれた。

 ヨーロッパカーの勝利を託されたケビン・レザ(フランス)は絶好の位置でスプリントに入り、先頭の選手たちが横並びでゴールした。レザは自分が勝ったと確信してガッツポーズ。その後ろにいた新城らも手を上げて喜びの表情でゴールしてきたが、写真判定によりマヌエル・ベレッティ(イタリア、アンドローニジョカットリ・ベネスエラ)が1位、レザは2位となった。個人総合はマウロ・フィネット(イタリア、ネーリソットーリ)が優勝を飾った。

写真判定に持ち込まれたゴールスプリント。後ろに新城幸也の姿が見える(Photo: Miwa IIJIMA)写真判定に持ち込まれたゴールスプリント。後ろに新城幸也の姿が見える(Photo: Miwa IIJIMA)
個人総合優勝はネーリソットーリのマウロ・フィネット(Photo: Miwa IIJIMA)個人総合優勝はネーリソットーリのマウロ・フィネット(Photo: Miwa IIJIMA)

 新城は最終ステージで13位、総合34位でレースを終えた。ステージ優勝は挙げられなかったが、積極的にレースを展開してチーム総合1位に貢献した。得意とするリムザンを終えた新城は、次のように感想を語った。

 「休養明けで急きょ出場したが、日に日に調子も上がってきた。やはり、リムザンはコースを知っているだけあり、ホームのような気分で走れた。たくさんの応援もうれしかったし、チームのみんなのために走るのも楽しかった。自由に動くことができずに我慢のレースでもあったが、これから続くレースのことを考えると、ちょうどいい足がかりになったと思う。明日(24日)のシャトールー・クラシックや、来週のグランプリ・プルエーもがんばりたい。そして、世界選手権まできちんと調整していきたい」

 新城が24日に出場するシャトールー・クラシックは、チームメートのプライアン・コカール(フランス)が昨年優勝を飾ったワンデーレースだ。

(レポート 飯島美和)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載