男子・女子ともに今年の全日本DHI王者が優勝福井和泉は安達靖がマッドコンディションを制す MTB「ダウンヒルシリーズ」第2戦

  • 一覧

 マウンテンバイク(MTB)ダウンヒル競技の新しいシリーズ戦「DOWNHILL SERIES」(ダウンヒルシリーズ)第2戦が8月16、17日、福井県大野市の福井和泉MTB PARKで開催された。第1戦と同様にマッドで難しいコンディションのなか、エリート男女ともに今年の全日本王者がレースを制した。

ダウンヒルシリーズ第2戦の舞台となったのは福井県の福井和泉スキー場ダウンヒルシリーズ第2戦の舞台となったのは福井県の福井和泉スキー場

 福井和泉MTB PARKはオープンしてから5年目の比較的新しいMTBパーク。過去にスキージャム勝山でコースクリエイターとして活躍したMAD-MAX(マッドマックス)の2人によって造られた、“サンデーライダーが楽しく走れる”がコンセプトのコースだ。今回はお盆時期の開催にも関わらず、西は島根県から東は東京都までの82人がエントリーした。

 コースは「ショットガン」と呼ばれるコースを使用。マウンテンバイクの要素がすべて詰めこまれた、テクニックとフィジカルの両方を強く必要とされる、全長1.27㎞のハードコースだ。加えて第1戦に続く雨予報の天気がプラスされ、タフなレースになることは想像に難くない。また、今回の会場では搬送に時間がかかるため、試走は1人3本と決められており、練習時間は皆が平等になるよう配慮された。

大会期間中は雨が降り続き、開幕戦に続いてまたしてもマッドコンディションのレースとなった大会期間中は雨が降り続き、開幕戦に続いてまたしてもマッドコンディションのレースとなった
搬送にはトラックと4WD車両が使われた。ゲレンデトップまでの約20分間は、参加者同士の乗り合いで会話も弾む搬送にはトラックと4WD車両が使われた。ゲレンデトップまでの約20分間は、参加者同士の乗り合いで会話も弾む

 土曜日に行われたタイムドセッション。この結果によって日曜日の本戦のスタート順を決めるが、参加は必須ではない。ただし、ポイントが加算されるということもあって参加率は高い。曇ったり大雨になったり、晴れ間が見えたりと天気に翻弄されるなか、トップライダーさえも転倒が相次ぐほど、コースは雨でツルツル。でも、参加者の顔から笑顔は消えない。同じく雨に降られた第1戦に続き、「最高のマウンテンバイク日和」である。タイムドセッションを制したのは、ワールドカップ帰りの清水一輝(MADISON SARACEN FACTORY TEAM)。2秒遅れで第1戦の優勝者阿藤寛(COMMENCAL/Topknot)、続いて井本はじめ(LoveBikes)が入った。

タイムドセッション1位の清水一輝(MADISON SARACEN FACTORY TEAM)タイムドセッション1位の清水一輝(MADISON SARACEN FACTORY TEAM)
エリート男子2位の井本はじめ(LoveBikes)エリート男子2位の井本はじめ(LoveBikes)

 日曜日。前夜、豪雨と雷に襲われた大野市だったが、朝には小康状態になった。しかしコースはドロドロ、ツルツル、コネコネの超マッドコンディションだ。前日のタイムドセッション時からまた大きくコンディションが変わったコースを、当日のたった2本の試走で攻略するのはプロでも難しい。

 試走が終わる頃には雨も上がり、本戦へ向けてスタート地点への搬送が始まる。本戦では、転倒やコース脇の小川に転落する参加者が続出した。抜かれ際に2人そろって転倒して優勝を逃すライダーもいるなど、悪コンディションならではのドラマも生まれる。そのたびにゴール周辺に集まった観客からは「わぁっ!」と声が上がり、コース脇からは声援が飛んだ。

試走では雨合羽を着ていた参加者も、本戦ではジャージ姿でスタート地点へ試走では雨合羽を着ていた参加者も、本戦ではジャージ姿でスタート地点へ
これぞマッドレース!コースには深い水たまりがいくつも出現したこれぞマッドレース!コースには深い水たまりがいくつも出現した
新旧トップライダーも参戦。左から永田隼也(AKI FACTORY TEAM)、黒沢大介(TRANSITION/FUST)、清水一輝(MADISON SARACEN FACTORY TEAM)、内嶋亮(Dynoco)新旧トップライダーも参戦。左から永田隼也(AKI FACTORY TEAM)、黒沢大介(TRANSITION/FUST)、清水一輝(MADISON SARACEN FACTORY TEAM)、内嶋亮(Dynoco)

 今回、エリート男子クラスにはすでに引退している歴代の名選手も多く参加していた。4度全日本を制した内嶋亮、2009年の全日本チャンピオン向原健司、1998年アジアチャンピオンの竹本将史たちだ。これに対し、今年4年ぶり5度目の全日本を制した安達靖(DIRTFREAK/SARACEN)、さらに2013年全日本チャンピオン井手川直樹(Devinci/STRIDER)や、今年の全日本2位の永田隼也(AKI FACTORY TEAM)ら現役選手達がどこまで“今の世代”の力を見せつけるか。

マッドコンディションの路面で転倒者が続出したマッドコンディションの路面で転倒者が続出した
コース後半のフラットコーナーは氷のように滑りやすくなっていた。ライダーは京都から参戦の藤村飛丸(MUDDY CHOCOLATE)コース後半のフラットコーナーは氷のように滑りやすくなっていた。ライダーは京都から参戦の藤村飛丸(MUDDY CHOCOLATE)
女子チャレンジクラスにはクロカンの相野田静香も参戦。自身はじめてのダウンヒルレース参加となった女子チャレンジクラスにはクロカンの相野田静香も参戦。自身はじめてのダウンヒルレース参加となった
大会最年少参加者の古城栄翔君はまだ小学生。開幕戦に続いての参加となったが、今回は24インチのダウンヒルバイクを持ち込んだ大会最年少参加者の古城栄翔君はまだ小学生。開幕戦に続いての参加となったが、今回は24インチのダウンヒルバイクを持ち込んだ

 次々に選手がゴールするが、タイムは伸びず、土曜日のタイムドセッションに比べると全体的に7~8秒プラスのタイム。ゴールしたライダーはほとんどが首を振りながら笑って言う「これは、ヤバい!」「氷みたいだった!」と。試走時ともまったく変わってしまったコンディションに、トップライダーさえほとんどが転倒。そんななか、レース後「朝の試走よりも思った以上に路面が変わってしまっていましたね。正直、走っていてそんなに速いって言う感覚はなかったんですが、結果的に上手くまとめられたかなと思います。」と話した安達靖が、やはり経験値の差なのか、2位に4秒近い差を付けて優勝を決めた。2位に井本、3位に阿藤が入った。

エリート男子優勝の安達靖(DIRTFREAK/SARACEN)エリート男子優勝の安達靖(DIRTFREAK/SARACEN)
エリート女子優勝の末政実緒(DIRTFREAK/SARACEN)エリート女子優勝の末政実緒(DIRTFREAK/SARACEN)
初戦十種ヶ峰優勝で今回も3位に入った阿藤寛(COMMENCAL/Topknot)初戦十種ヶ峰優勝で今回も3位に入った阿藤寛(COMMENCAL/Topknot)
Jシリーズと遜色のないメンバーで激戦となった男子エリートを制したのは安達靖(DIRTFREAK/SARACEN)Jシリーズと遜色のないメンバーで激戦となった男子エリートを制したのは安達靖(DIRTFREAK/SARACEN)
エリート女子クラス優勝の末政実緒(DIRTFREAK/SARACEN)エリート女子クラス優勝の末政実緒(DIRTFREAK/SARACEN)

 エリート女子は全日本選手権15連覇を成し遂げた末政実緒(DIRTFREAK/SARACEN)が後続に32秒差をつけて第1戦に続いての優勝を果たした。

 次戦は9月13日~14日。島根県邑智郡、MIZUHO MTBPARKを舞台に行われる。

レポート・平野志磨子
写真・DOWNHILL SERIES/Ryuta IWASAKI(八重洲出版)

ファーストタイマー女子表彰式ファーストタイマー女子表彰式
ファーストタイマー男子表彰式ファーストタイマー男子表彰式
チャレンジ女子表彰式チャレンジ女子表彰式
チャレンジ男子表彰式チャレンジ男子表彰式
エリート女子表彰式エリート女子表彰式
エリート男子表彰式エリート男子表彰式
大会終了後の集合写真大会終了後の集合写真

【動画  コースプレビュー】

Rider:永田隼也選手(AKI FACTORY TEAM)
Director:SLmedia 映像ディレクター 山村優介

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

MTBレース ダウンヒル ダウンヒルシリーズ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載