接続ポイントの目印はオレンジ色のロゴマークしまなみ海道や道後温泉などに公衆無線LAN設置 愛媛県が整備を推進

  • 一覧
接続ポイントを表示する共通のロゴマーク=愛媛県庁接続ポイントを表示する共通のロゴマーク=愛媛県庁

 愛媛県は、無料でインターネットに接続できる公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」のサービスを今月下旬から始める。瀬戸内しまなみ海道エリアの観光施設や道後温泉など松山市中心部に接続ポイントを設ける。外国人観光客らの利便性を高めるのが狙いで、協力する通信会社や飲料メーカーなどが整備、運営を担う。

 今年10月、しまなみ海道で国際サイクリング大会が開かれるのをはじめ、平成29年には「えひめ国体」開催も決まっている。大規模イベントの開催を控え、県や市町、通信事業者らで構成する「県公衆無線LAN推進協議会」は、公衆無線LANの環境整備を検討していた。

 NTT西日本など通信事業会社や飲料用自動販売機を設置する飲料メーカーなど8社が協力し、公衆無線LANの設置、運営を担う。道の駅や旅館などしまなみ海道沿いの観光施設に150カ所、道後温泉や商店街など松山市中心部に80カ所を目標に順次整備していく予定。

 同推進協議会が設置した接続ポイントであることを知ってもらうため、オレンジ色の共通のロゴマークも作製。県情報政策課によると、多くの事業者が協力していることで通信会社を限定することなく無料で利用できるという。観光庁が外国人観光客を対象にしたアンケートでも公衆無線LAN設置を求める声が多かったという。同課は「今後は県内全域で整備を進めていきたい」としている。

MSN産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

しまなみ海道

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載