「TREK WORLD 2015 JAPAN」開催ロードバイクはエモンダが中心、マドンは“エアロ”に トレックが2015年ラインナップ発表

  • 一覧

 トレック・ジャパンは7月、国内販売店向けの展示会「TREK WORLD 2015 JAPAN」を京都で開催。2015年ラインナップを明らかにした。ロードバイクは7月に発表された「エモンダ」がラインナップの中心に。MTB、クロスバイクなども刷新され、シティーコミューターの新提案など、幅広いモデルが並んだ。(米山一輝)

広大な展示会場に、トレックのほぼ全ての製品が並んだ広大な展示会場に、トレックのほぼ全ての製品が並んだ
オーダーシステム「プロジェクトワン」の展示オーダーシステム「プロジェクトワン」の展示
ジョン・バークUSA社長が直々にプレゼンテーションジョン・バークUSA社長が直々にプレゼンテーション
別府フミも来日しプレゼンに登壇した別府フミも来日しプレゼンに登壇した

ロードバイクはエモンダ中心に

中央に完成車重量4.65kgの「エモンダSLR 10」が、誇らしげに飾られる中央に完成車重量4.65kgの「エモンダSLR 10」が、誇らしげに飾られる

 ロードバイクは発表されたばかりの軽量シリーズ「エモンダ」が中央に据えられた。完成車重量4.65kgの最上級モデルが、誇らしげにスケールに吊るされる。今回のトレックワールドのために一時帰国した別府史之選手(トレック ファクトリーレーシング)の実車も展示された。

 既存モデルとの住み分けは、マドンがエアロロード、ドマーネがエンデュランスロード、エモンダが軽量ロードという位置づけで、それぞれユーザーの目的に合わせて選択することになる。とはいえマドンはエモンダの登場によってラインナップが大幅に縮小され、3~6シリーズは一旦消滅。トップエンドの7シリーズと、アルミKVFフレームの2シリーズを残すのみで、ロードラインナップの主軸をエモンダに譲る形となった。

別府選手使用のエモンダSLR 9の実車が展示された別府選手使用のエモンダSLR 9の実車が展示された
今年の全日本選手権TTを制したスピードコンセプト9.9の実車も展示今年の全日本選手権TTを制したスピードコンセプト9.9の実車も展示
シートチューブ後ろには、ゼッケンプレート取り付け用ホルダーが直付けされているシートチューブ後ろには、ゼッケンプレート取り付け用ホルダーが直付けされている
フラットバーにはDi2のサテライトスイッチを装備。SRM使用でもレース仕様で6.8kgを下回るフラットバーにはDi2のサテライトスイッチを装備。SRM使用でもレース仕様で6.8kgを下回る
ジロ・デ・イタリアで活躍したジュリアン・アレドンド選手の山岳賞ジャージ実物も展示ジロ・デ・イタリアで活躍したジュリアン・アレドンド選手の山岳賞ジャージ実物も展示

 マドンの今後について、トレックUSAのジョン・バーク社長は「今はお話しすることができないが、近い将来、とても驚いてもらえるはず」とコメント。今回マドンを改めて「エアロロード」としてカテゴライズしたこともあり、今後はより空力性能を先鋭化する形で、大きく生まれ変わるのかもしれない。

 女性専用のWSD(Women’s Specific Design)は、フルカーボンの「シルク」が中軸を担う。IsoSpeedなどドマーネの技術を活用しつつ、一から女性のためにチューンされた専用モデルだ。また完成車20万円以下のエントリーグレードは、アルミフレームの「レクサ」がカバーする。その他エモンダやマドン、クロスバイクのFXシリーズなどにWSDがラインナップされる。

女性専用にチューンされた「シルク」シリーズ女性専用にチューンされた「シルク」シリーズ
エモンダの各グレードにもWSDモデルが設定されるエモンダの各グレードにもWSDモデルが設定される
アルミフレームにIsoSpeedを搭載するレクサSLXアルミフレームにIsoSpeedを搭載するレクサSLX

MTB・クロスバイクも充実

 トレックは近年、モデルイヤーという考え方を撤廃しており、ニューモデルは準備ができた段階で発表・発売するというスタンスだ。このため今回のトレックワールドに並んだニューモデルも、基本的にここ数カ月の間に発表済みのもの。MTBはオールマウンテンの「フューエルEX」や、フレームサイズによってホイール径が変わる「スマートホイールサイズ」を採用したモデルなどが新しい。

フューエルEX 9.8 27.5は、27.5ホイールとF1で培われたサスペンションテクノロジーを投入したオールラウンドなトレイルバイクフューエルEX 9.8 27.5は、27.5ホイールとF1で培われたサスペンションテクノロジーを投入したオールラウンドなトレイルバイク
エントリーグレードのハードテールMTBでは、フレームサイズに応じてホイール径を変える「スマートホイールサイズ」を採用エントリーグレードのハードテールMTBでは、フレームサイズに応じてホイール径を変える「スマートホイールサイズ」を採用

 シクロクロスバイクは、今年初めにデビューした「ブーン」をトップエンドに据える。完成車20万円を下回るアルミフレームの「クロケット」も、十分な戦闘力を有するレースバイクだ。

ワイヤーがフレーム内蔵式になった7.4FXワイヤーがフレーム内蔵式になった7.4FX

 クロスバイクはFXシリーズが刷新され、新型のフレームになった。乗りやすく走行性能の高いフレームはBluetooth対応のデュオトラップSセンサーに対応し、上位モデルではワイヤーが内蔵式になった。ステム部分にサイクルコンピューターやスマートフォンのマウントを取り付けられるブレンダーシステムが導入されるなど、ライドを楽しむための各種アクセサリーに標準対応している。

ライト内蔵の街乗り「リンク」新登場

 街乗りバイクでは、新たに登場した「リンク」のコンセプトが面白い。高輝度LEDのフロント/テールライトをフレームに内蔵し、USB充電可能なリチウムイオンバッテリーをダウンチューブ下部にセットする。ディスクブレーキやフェンダーなどの実用的な装備に加え、トップチューブの樹脂製ガードといったディティールも面白い。

ライト内蔵など、街乗りに特化した装備のアーバンユーティリティー「リンク」ライト内蔵など、街乗りに特化した装備のアーバンユーティリティー「リンク」
フロントには550ルーメンの高輝度ライトを装備フロントには550ルーメンの高輝度ライトを装備
リアにはエンド付近に2つのテールライトを装備リアにはエンド付近に2つのテールライトを装備
ダウンチューブに専用バッテリーを装備するダウンチューブに専用バッテリーを装備する
クロスリップは街乗りチューンのシクロクロスクロスリップは街乗りチューンのシクロクロス

 シクロクロスバイクをベースにしたシティーコミューター「クロスリップ」は、軽量なアルミフレームに高い性動力のディスクブレーキを装備。振動を吸収するIsoZoneロードバーを採用している。

 トレックのルーツであるアドベンチャーツーリングバイクは、アルミ製の頑丈なアドベンチャーツーリングバイク「920」や、フロントにユニークな軽量ドライバッグシステムを装備するローディー系「720」、そしてクラシックなスチール製ツーリングバイク「520」をラインナップ。伝統的なたたずまいを見せつつ、いずれもディスクブレーキ装備となっている。

 ジュニア向けにはロードバイク「KRX」が新登場。軽量アルミフレームに26インチホイール、レース仕様のコンポを装備した本格派だ。

ロードバイク的な軽快さのツーリングバイク、720ロードバイク的な軽快さのツーリングバイク、720
720は専用の軽量バッグをフォーク左右に装備できる専用の軽量バッグをフォーク左右に装備できる
「究極のスチール製ツーリングバイク」を謳う520「究極のスチール製ツーリングバイク」を謳う520
KRXは26インチの本格派ジュニアロードKRXは26インチの本格派ジュニアロード

パーティー、モーニングライドで交流も

パーティーではフミと鶴見さんの音頭で乾杯パーティーではフミと鶴見さんの音頭で乾杯

 新モデルに触れた昼間だけでなく、夜には参加者の夕食を兼ねてのパーティーも行なわれた。ゲストとして別府史之選手や、俳優の鶴見辰吾さんも参加。販売店やトレック・ジャパンのスタッフらとともに交流を楽しんだ。

 早朝にはモーニングライドも実施。ここで参加者が乗るのはもちろんニューモデルのエモンダだ。フミや鶴見さん、ジョン・バークUSA社長も参加し、京都市郊外を約1時間半、ちょっとした峠も含んだ走りごたえのあるコースで、涼しい朝のライドを楽しんだ。

モーニングライドで賀茂川沿いを走るモーニングライドで賀茂川沿いを走る
鞍馬方面の峠を越えていく鞍馬方面の峠を越えていく
フミもモーニングライドに参加フミもモーニングライドに参加

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

トレック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載