目が不自由でも風を感じて走る喜びを視覚障害者の生活充実を後押し 「タンデム自転車」公道解禁を求める声

  • 一覧

 サドルが2つ、ペダルも2組備えた、2人乗り用の「タンデム自転車」。2人でこぐため楽に走行でき、視覚障害者にとっては後部座席に乗ることで自転車を楽しみ、行動範囲を広げることもできる。ただ、2人乗りでの公道走行を禁止する都道府県が多く、解禁されているのは兵庫、愛媛、長野、広島など8県にとどまる。愛好者や視覚障害者から、タンデム自転車の走行解禁を望む声が上がっている。 (産経新聞大阪文化部 横山由紀子)

各地で異なる対応

タンデム自転車を楽しむ全盲の鈴木昭二さん(後方)。掛け声と共に息を合わせて乗るのがコツだ=大阪市西淀川区(横山由紀子撮影)タンデム自転車を楽しむ全盲の鈴木昭二さん(後方)。掛け声と共に息を合わせて乗るのがコツだ=大阪市西淀川区(横山由紀子撮影)

 2人で乗車するタンデム自転車は、1人乗り自転車よりも車体は50~60センチほど長い。後方に乗る人はハンドル操作の必要がないため、視覚障害者や高齢者、子供らが乗車して行動範囲を広げることができる。

 道路交通法上は、タンデム自転車で公道を走行することは違反ではない。しかし、各都道府県の公安委員会が乗車人員の制限を定めることができ、地域によって対応が異なっている。現在、タンデム自転車で公道走行が可能なのは兵庫、愛媛、広島、宮崎、佐賀、長野、山形、新潟の8県だ。鳥取県は、制限解除に向けて検討している。

普及目指す大阪府

 公道走行が認められていない大阪府では、視覚障害者らの団体が中心となって平成24年、普及を目指す任意団体「大阪でタンデム自転車を楽しむ会」(事務局・大阪市西淀川区)を設立した。

 大阪府道路交通規則では、「3輪自転車の乗車人員は乗車装置に応じた人員を超えないこと」とあるため、3輪のタンデム自転車であれば2人乗車の公道走行が可能になる。そこで同会では、後方に2つの車輪を設置した3輪のタンデム自転車を用意して貸し出したり、試乗会を行っている。

 同会会長で、大阪市東淀川区の全盲の視覚障害者、鈴木昭二さん(64)は時々、この3輪のタンデム自転車での走行を楽しむ。前方に健常者に乗ってもらい、「せーの」の掛け声で2人でペダルを踏み込む。途中、「曲がりますよ」「はい」「ストップします」と息もぴったりだ。

 鈴木さんは、「風を感じて気持ちいい。自転車に乗れる喜びを感じるひとときです。視覚障害者は、徒歩やバス、電車などで移動しますが、そこに自転車が加われば、行動範囲が広がりとても便利になります」。実際、視覚障害がある鍼灸(しんきゅう)師の男性からは、健常者の妻と一緒にタンデム自転車で往診に出掛けたい、という声があがっているという。ただ、現状の3輪では、重さが加わりこぐのも大変だ。鈴木さんは、「通常の2輪での解禁を望んでいます」と話す。

社会参加促す手段に

大阪市内で開かれた勉強会。パラトライアスロン選手の山田敦子さん(写真中央)は「タンデム自転車が広がってほしい」と訴えた=大阪市西淀川区(横山由紀子撮影)大阪市内で開かれた勉強会。パラトライアスロン選手の山田敦子さん(写真中央)は「タンデム自転車が広がってほしい」と訴えた=大阪市西淀川区(横山由紀子撮影)

 8月5日には、同会主催でタンデム自転車の勉強会を大阪市内で開催した。2人用のタンデム自転車を使ったバイクに、スイム、ランの3種目を競うパラトライアスロン(障害者のトライアスロン)の選手で、視覚障害者の山田敦子さん(40)=兵庫県尼崎市=が、「タンデム自転車があれば、視覚障害者も自転車に乗る楽しみを味わうことができる。タンデム自転車が多くの公道で使えるようになってほしい」と訴えた。

 大阪市立大学大学院工学研究科の吉田長裕准教授(交通計画)は、「タンデム自転車の活用は、移動手段が限られている視覚障害者にとって、通勤や通学が便利になり社会参加が促されるほか、手軽に買い物に行くことができるなど行動範囲が広がり、生活の充実にも直結する。大きな可能性を秘め、かつエコロジーな乗り物の普及が進む意義は大きい」と話している。

産経新聞・大阪版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載