空気入れ、工具、更衣室も設置愛媛・松山空港に「サイクルステーション」 しまなみへ、空港からサイクリング楽しんで

  • 一覧
サイクルステーションについて説明する門田さん(右)=松山市(黒河仁朗撮影)サイクルステーションについて説明する門田さん(右)=松山市(黒河仁朗撮影)

 飛行機で愛媛県を訪れるサイクリストの利便性を向上させようと、松山市の松山空港は8月12日、自転車の組み立てや解体などができるサイクルステーションを設置した。しまなみ海道で10月、国際サイクリング大会が開かれることから、利用が期待される。

 場所は同空港ターミナルビル1階東端の観光バス乗降場前で、サイクルスタンド2基と空気入れを設置。整備工具は案内所に申し出れば借りられる。また、ビル内にお遍路さんと共用で更衣室も設置。男女各部屋に畳2枚が敷かれ、壁には縦約2メートル、横約90センチの姿見が設置されている。

 開設式で渡邊秀夫空港長は、「空港からサイクリングを楽しんでほしい」とあいさつ。今治市在住のプロライダー・門田基志さんは、自転車を組み立てるデモンストレーションを行い「使いやすいスペース」と評価。「これで世界中のサイクリストとつながれます」と期待を込めた。

産経新聞・愛媛版より)

関連記事

この記事のタグ

サイクルスタンド しまなみ海道

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載