「OUT THERE NIPPON」第1弾は西伊豆・宮島・玄界灘冒険心くすぐるバイクアドベンチャーを日本でも企画 ブラックバーンがウェブページを公開

  • 一覧
「OUT THERE NIPPON」のトップページ「OUT THERE NIPPON」のトップページ

 サイクルアクセサリーの「Blackburn」(ブラックバーン)は、米本社が取り組んできたバイクアドベンチャー企画の日本版となる「OUT THERE NIPPON」のウェブページを公開した。第1弾として静岡・西伊豆、広島・宮島、福岡・玄界灘の3ルートを走行したツーリングエッセイが、写真とともに掲載されている。

 ブラックバーンの本国・アメリカでは、“アドベンチャーサイクリスト”としてチームを結成した「ブラックバーン・レンジャース」の6人が、2013年に北米を代表する2大ロングトレイル「グレート・ディバイド」4429kmと「パシフィック・コースト・ハイウェイ」2805kmを走破。1975年の同社設立当初から続くというアドベンチャースピリットを体現した。その様子を収録した動画がウェブ上で公開され、日本語サイトでは一部字幕付きで見ることができる。

 動画では「オフィスで座っていても何もわからない」とアウトドアへ繰り出す社員らと、そのかたわらにはブラックバーン製品が映し出される。OUT THERE NIPPONの旅でも、防水素材とシームレス構造が高い防水性を発揮する「ユニバーサル・パニアー」や、雨が降る状況下などで実際に大活躍する「バリアー マップケース」などをフォトスライドショーで見ることができる。

 今回、日本の各ルートの旅で使用された製品は、ウェブサイトに掲載されているショップで購入可能。また新製品は、8月中旬に発売が予定されている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツーリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載