総勢約400人、外国人もエントリー自転車で震災復興の願いをつなぐ「四国霊場88サイクル駅伝」 台風で中断も再スタートへ

  • 一覧
総本山善通寺を元気に出発したサイクリストたち=香川県善通寺市総本山善通寺を元気に出発したサイクリストたち=香川県善通寺市

 四国霊場八十八カ所全コース約1400kmを自転車リレーで走破する「四国霊場88サイクル駅伝」(同実行委主催)が8月8日、第75番札所・総本山善通寺(香川県善通寺市)をスタートした。

 四国霊場開創1200年の年に10回目の節目を迎えた今回は、東日本大震災犠牲者の慰霊と併せて早期復興を願う被災者に代わって霊場を代参し、託された思いをつなぐ。

 17歳から89歳までの398人がエントリーし、四国霊場を海外に発信するため呼びかけたところ外国人約25人が参加。東日本大震災殉難者追悼・早期復興祈願代参には約700人の希望があった。

 当初計画では16日までの9日間で実施して善通寺にゴールすることにしていたが、台風11号の接近で初日は出発式の後、高松市内の第84番札所・屋島寺まで進んで中断した。

四国八十八カ所霊場を自転車でリレーする「四国霊場88サイクル駅伝」で、善通寺をスタートする参加者四国八十八カ所霊場を自転車でリレーする「四国霊場88サイクル駅伝」で、善通寺をスタートする参加者

 総本山善通寺での出発式には浜田恵造知事、「うどん県副知事」の要潤さんらが出席。在日の韓国人たちと参加する駐神戸大韓民国総領事館の李成權(イ・ソンゴン)総領事が「お互いに、このすばらしい歴史を世界に発信できるように一緒に頑張っていきたい」とあいさつ。要さんの出発合図で、第1走者を務めた浜田知事ら約25人がスタートを切った。

 13日から当初計画通りの行程で16日まで実施する予定。中断した行程の日程については検討中。

MSN産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載