9月7日、この日だけ走れる“坂”へ「僕の後ろについてきて」 嬬恋・万座ヒルクライムに初挑戦する山本隆弘さんインタビュー

  • 一覧

 Cyclistの連載「201cmのサイクリスト」でおなじみの元バレーボール全日本代表、山本隆弘さんが、9月7日(日)に行われる「第3回 嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム」(愛称・恋ヒル)でヒルクライムレースに初挑戦する。本番まで約1カ月と迫る中、大会MCの白戸太朗さんが代表を務める東京・渋谷区のトライアスロンショップ「アスロニア」で、同じくMCでサイクリストでもある片岡由衣さんが山本さんに意気込みを伺った。

ヒルクライムレースに初挑戦する山本隆弘さん(右)を大会MCを務める片岡由衣さん(左)が直撃!ヒルクライムレースに初挑戦する山本隆弘さん(右)を大会MCを務める片岡由衣さん(左)が直撃!

クルマでは見えない景色が、自転車では楽しめる

片岡由衣さん:もともと、どうして自転車を始められたのですか?

山本隆弘さん:バレーボールの先輩だった益子直美さんに誘われたのです。今年2月に益子さんの旦那さんで元プロ・ロードレーサーの山本雅道さんのお店「BICYCLE FACTORY YAMAMOTO」で自転車を組んでもらってからなので、まだ半年ぐらいですね。

片岡:半年でヒルクライムなんて、果敢な挑戦ですね! 今はどれくらい自転車にハマってますか?

山本:だいぶハマってますよ!

片岡:本当ですか! うれしいですね(笑)

自転車で坂を走る達成感が好きと語る山本さん自転車で坂を走る達成感が好きと語る山本さん

山本:クルマでは見えない景色が、自転車なら見えるところがいいですね。クルマだと山道を走っていてもカーブがあるから前を向いてないといけない。でも、自転車だとゆっくりと周りを見ながら走れますよね。匂いも感じられるし。あと、自分の脚で坂を走り切るのは、達成感があります。このあいだ茨城県の筑波山へ練習に行ったときに、オートバイで上っている人を見て、あれも楽しいんだろうけれど、自転車の方が達成感は上だなと思いました。

片岡:これまで、どんなところへ行かれたんですか?

山本:いろいろ行きましたよ。「佐渡ロングライド」に参加したり、箱根を上ったり、先日は「京都美山サイクルグリーンツアー」へ。筑波山には、妻と秘密練習で行きました(笑)。

片岡さんから見た恋ヒルは、ヒルクライム初めての人にピッタリの大会片岡さんから見た恋ヒルは、ヒルクライム初めての人にピッタリの大会

片岡:奥様も乗られるんですか! ベストな自転車の楽しみ方だと思いますよ。奥様はいつ始められたのですか?

山本:僕が始めたら興味を持って、佐渡ロングライドがぶっつけ本番。僕と同じ130kmを走りましたよ。「恋ヒル」も一緒に参加します。

片岡:そうなんですか。私も去年「恋ヒル」に行って初めて知ったんですが、群馬県嬬恋村は文字通り夫婦愛の村なので、ご夫婦で参加されたら素敵だと思います。

バレーボールで経験しなかった新しいことに挑戦したい

片岡:ここ「アスロニア」はトライアスロンのショップですけれど、自転車を始めたらトライアスロンもやってみようって人も多いようです。山本さんは興味ありますか?

山本:泳ぐのはいいけれど、走るのは好きじゃないんです。バレーボールをやっているときにさんざん走ったので(笑)。バレーも教えるのは楽しいけれど、今は自分でプレーするのはちょっと(笑)。これまでやったことのない、新しいことに挑戦したいですね。

7月に完成したばかりの山本さんの2台目のロードバイク(右)はフレームサイズ650mm。一般的な520mmのロードバイク(左)と比べると、その大きさの違いは一目瞭然。直径700mmのホイールも小さく見える!?7月に完成したばかりの山本さんの2台目のロードバイク(右)はフレームサイズ650mm。一般的な520mmのロードバイク(左)と比べると、その大きさの違いは一目瞭然。直径700mmのホイールも小さく見える!?

片岡:私もトライアスロンに誘われるんですが、泳げないんです(笑)。今度、一緒にリレーでトライアスロンに出ましょうか? 私がランを走りますよ。ところで、バレーボールと自転車の共通点ってありますか?

山本:まったく違うと思いますよ。バレーは根性というか、瞬発力が大事。自転車でそれをやるともたないって、このあいだ箱根を上ったときに思いました。いかに楽にペダルを回して、力を残すかが大事なんだなと。

片岡:元アスリートなので、体力はあると思われるんじゃないですか?

山本:自分でもそう思って、調子に乗って速いペースで上ったんです。佐渡ロングライドで、難所の「Z坂」を上れたから大丈夫かなと思ったら、箱根ではまさかの18㎞ずっと上り。6kmぐらいで脚がパンパンになりました(笑)。

「恋ヒル」は景色を楽しまないともったいない

身長170cmの片岡さんも、山本さんのロードバイクにはトップチューブにまたがるので精いっぱい身長170cmの片岡さんも、山本さんのロードバイクにはトップチューブにまたがるので精いっぱい

片岡:私は去年の「恋ヒル」で、ゴール地点のMCを担当してみなさんを出迎えたんです。お話を聞くと、最初は斜度がきついけれど、そこで頑張り過ぎないで我慢すれば、その後は緩やかになって楽しく走れるそうです。やはり、ペース配分が大事なんですね。あと女性や子どもが多い大会だなと思いました。ヒルクライムというとガチンコ勝負みたいな大会もあるんですが、恋ヒルは景色を楽しみながら走りたいという人が多いですね。

山本:普段はクルマでしか走れないコースだから、年に1回の景色を楽しまないと。ただ競技としてだけ走るのは、もったいないですね。

片岡:そういう意味で、この恋ヒルは初めてのヒルクライムにはすごくいいコースですね。(白戸)太朗さんも去年上りながらみなさんと声を掛け合っていたし、団長(安田大サーカス:団長安田さん)も走りながらみんなと仲良くなって、どんどん仲間を増やしていましたよ。

山本:僕もチームで走りたいですね。ブログでも募集しているんです。景色を楽しんで走りたい人は、僕の後ろについてきてください! 僕は背が高いから、誰かが前を走っても風よけにならないんで、先頭を走りますよ。でも、僕が前を走っても、下から風が抜けてくるらしいですが(笑)。

サドルの高さも片岡さんの胸あたりまで!サドルの高さも片岡さんの胸あたりまで!

片岡:本当ですか(笑)。きっと山本さんは目立つでしょうから、みなさん集まってきてほしいですね。あと、景色もいいけど、ゴール後は万座温泉にも入れるし、嬬恋村名産のキャベツとか、おもてなしの食べ物も充実しているんです。

自転車談議に笑顔が絶えない2人自転車談議に笑顔が絶えない2人

山本:ロングライドだと、僕はついついエイドステーションに長居しちゃうんですよね。10分ぐらいで出なきゃいけない、と言われているときも、30分ぐらいいちゃうんです。だって、食べ物がおいしいじゃないですか(笑)。

片岡:それがロングライドの楽しみですものね。恋ヒルのおもてなしはゴールしてからなので、ゆっくりできますよ。

山本:温泉に入れて、これでビールがあったら最高ですね! でも、(帰路の)下りもあるから、ビールは東京に戻って反省会しながらにしようかな。

片岡:あとは天気ですね。去年は雨で寒かったんです。

山本:僕は晴れ男なので、任せてください。これまで参加したイベントも天気はよかったし、気温も暑すぎずちょうどよかったんです。

片岡:頼もしいですね! 当日を楽しみにしています!

(構成:嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム大会実行委員会 取材協力:アスロニア)

「第3回 嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム」

「この日しか走れない“坂”」、万座ハイウェーを上る“恋ヒル”「この日しか走れない“坂”」、万座ハイウェーを上る“恋ヒル”

 9月7日(日)に開催されるヒルクライムイベント。コースとなる「万座ハイウェー」は自動車専用道路のため、自転車で走れるのは一年通じてこの大会当日のみ。まさに「この日しか走れない“坂”」だ。嬬恋村の特産品「高原野菜」を活かした地元住民からのふるまいサービスも大好評。万座温泉提携施設を一律500円(税込)で利用できる特典も。今大会では初の試みとして、キッズやビギナーのためのショートコースも設定。エントリーは8月22日(金)まで。

エントリーサイト:西武トラベルスポーツエントリーランネットLAWSON DO SPORTS

山本隆弘山本隆弘

元バレーボール選手。201cmの長身サウスポーとしてスパイクやサーブを武器に、Vプレミアリーグのパナソニック・パンサーズや全日本でエースとして活躍。2008年には北京オリンピックに出場した。2013年に現役引退してからは解説者、タレントとして活動。身長に合わせたオーダーメードのロードバイクで、初めてのスポーツ自転車に挑戦中。山本隆弘オフィシャルブログ「志」http://ameblo.jp/takahirokokorozashi/

片岡由衣

東京都出身。「グレイトアース」「湾岸サイクルフェスティバル」など、自転車やスポーツのイベントでMCを務めるほか、ラジオDJとしても活躍中。スキー、バレーボール、マラソン、自転車などを楽しむスポーツウーマンでもある。

トライアスロンコンセプトストア「アスロニア」

 プロトライアスリート・スポーツナビゲーターとして活躍する白戸太朗さんが代表を務めるトライアスロンコンセプトストア。トライアスロンアイテムは都内でも最大級の品揃えで、トレーニングルーム、ロッカー、シャワーなども備え、トライアスリートを全面的にサポートする。白戸さんは、今年の恋ヒルにも大会MCとして参加。

〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目1番24号鳩森八幡神社ビル1F
TEL03-3470-7227 FAX03-5413-7572
平日 12:00~21:00
土・日・祝 11:00~19:00
定休日:毎週火曜日

トライアスロンコンセプトストア「アスロニア」トライアスロンコンセプトストア「アスロニア」
トライアスロンでは都内でも最大級の品揃えトライアスロンでは都内でも最大級の品揃え

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント ヒルクライム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載