工具はともだち<53>すばやく回す、大きな力をかける 種類豊富な駆動工具はそれぞれに特長あり

  • 一覧
さまざまなタイプがある駆動工具類さまざまなタイプがある駆動工具類

 前回の記事を掲載した時期もそうでしたが、今回も台風の予報が…。大雨の地域の皆さまは、どうぞお気を付けください。

 さて、前回に引き続き、駆動工具についてもう少し掘り下げていきます。「駆動」を辞書で調べてみると「動力を伝えて動かすこと」と書かれています。つまり、工具類に力を加えることによって、ボルト・ナットを回しやすくするのが駆動工具の役割です。

 駆動工具類には、ラチェットハンドルをはじめスピンナハンドル、スライドヘッドハンドル、ドライバ型ハンドルなどが含まれ、それぞれに特徴があります。

 ラチェットハンドルは名前の通りラチェット機構を備え、手の往復運動だけで素早い「締付け・緩め」作業を可能にしてくれます。レバーの操作で回転方向を瞬時に切り替えることもできます。最もメジャーな工具の1つなので、ご存知の方も多いかと思います。

前後の動きでネジを締付け、緩められるラチェットハンドル前後の動きでネジを締付け、緩められるラチェットハンドル
図1は早回しに適した状態。図2は大きな力をかけられる図1は早回しに適した状態。図2は大きな力をかけられる

 スピンナハンドルはブレーカーバーとも呼ばれ、先端にソケットレンチやビットソケットを接続するのが基本的な使い方です。ハンドル部分がラチェットハンドルよりも長いので大きな力をかけることが可能で、強く締まったネジを緩める時に威力を発揮します。ヘッド部は折り曲げることができ、ネジに対してまっすぐにすれば早回しが可能です。

 自転車に使用されているボルトは比較的低い力で締付けられているので、使用頻度は多くはありませんが、タイヤ交換などに使うと作業がはかどりますよ。

ヘッドを端にスライドさせた図1は力をかけやすい。図2のようにヘッドをバーの中央に移動させると早回しができるヘッドを端にスライドさせた図1は力をかけやすい。図2のようにヘッドをバーの中央に移動させると早回しができる

 スライドヘッドハンドルも、この工具だけではネジを回すことはできず、ソケットレンチなどをヘッド部に差し込んで使用します。ヘッド部はバーの両端までスライドさせることができます。

 力をかけたい場合は、ヘッド部をバーの先端にスライドさせて使用。ヘッド部をバーの中心にした場合は、スピンナハンドル同様、早回しして使うことができます。使用される方の好みもありますが、私は早回しに使うことをお勧めしたいですね。

 その他にも、アルファベットの“T”のような形状をしたT型ハンドルや、ハンドル部分がドライバ型の形状ながら先端部分にラチェットハンドル同様の差し込み角が設定されているドライバ型ハンドルなど、駆動工具には多くの種類が存在しています。

 時々、工具好きの方から「違うメーカーの組み合わせで使うと、接続部にガタツキがでませんか?」という質問をされます。答えは「でます!!」。なぜなら同じ工具類でも、メーカーによって寸法の余白のもたせ方はさまざま。たとえ何十分の一であったとしても、ガタツキが発生してしまう可能性は大きくなります。できれば、同じメーカーにそろえていただきたいです。

 KTCの全製品を掲載したカタログが3年ぶりに発行されました。テーマごとに製品が掲載され「サイクルツール」の項目もあります。詳しくは、下記リンクのウェブサイトをご覧くださいね。

小池覚(こいけ・さとる)

KTC(京都機械工具)へ入社後、販売企画や商品開発に携わる。学生時代から二輪、四輪が趣味で、整備経験が豊富。自転車は実は始めたばかりだが、工具のプロとして、サイクリストにも整備の“いろは”を伝えることに燃えている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

KTC 工具はともだち

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載