大会・イベント情報2014W杯スタジアムを走る「天下分け目の東西対抗エンデューロ」 静岡県袋井市で11月3日開催

  • 一覧

 “東西対抗”をテーマにした自転車イベント「~日本分断!!~天下分け目の東西対抗エンデューロ in ECOPA」が11月3日、静岡県袋井市で開催される。昨年に続く第2回の開催で、5時間・3時間・2時間のサイクルエンデューロが行なわれる。現在参加者募集中で、申し込み締め切りは10月7日。

東軍・西軍に分かれて戦うユニークなサイクルエンデューロ東軍・西軍に分かれて戦うユニークなサイクルエンデューロ

 大会ではあらゆる要素が“東西対抗”を意識。参加者はエントリー時に東軍・西軍に分かれて申し込みを行い、通常の順位に加えて「東軍vs西軍」の勝敗も争われる。大会ゲストも東西両軍に分かれて参加。イベント演出以外にも、受付、待機エリア、スタッフなどなど、とにかく何でも“東西対抗”の要素が盛り込まれている。

 昨年の東西対抗では西軍が見事勝利をおさめた。今年はどちらが勝利するのか…それは参加者一人ひとりの走りに懸かっている。

晩秋の一日をサイクルエンデューロで楽しもう晩秋の一日をサイクルエンデューロで楽しもう
初開催の昨年は西軍が大勝利!初開催の昨年は西軍が大勝利!

 サイクルエンデューロは、ソロ(1人で走る)とチーム(2~5人で交替しながら走る)の各クラスが行なわれ、性別構成や車種により合計22のカテゴリーが設けられる。また、初めて自転車レースに出場する人のために、2時間ソロの「レースデビュークラス」を設定。レース前にはゲストライダーによるクリニックの開催を予定しているという。

エコパスタジアムエコパスタジアム
スタジアムの中もコースになるスタジアムの中もコースになる

 大会が行なわれる「小笠山総合運動公園エコパ」は、“健康とスポーツと自然”をテーマにしたスポーツパーク。コースは広大な公園内に4.8kmの周回コースを設定。県下最大の5万人収容で、2002年にFIFAワールドカップの公式戦も行なわれたエコパスタジアムがスタート・ゴール地点となり、スタジアム内を自転車で駆け抜けるという、ユニークなサイクルエンデューロだ。

 参加申し込みはスポーツエントリーで、インターネットやFAX、電話で受け付け中。申し込み締め切りは10月7日だ。

~日本分断!!~ 天下分け目の東西対抗エンデューロ in ECOPA

開催日:2014年11月3日(月・祝)
会場:小笠山総合運動公園エコパ(静岡県袋井市)
種目:サイクルエンデューロ(5時間・3時間・2時間)
主催:一般社団法人ウィズスポ
協力:K-mix
協力:エコパハウス、株式会社マトリックス
事務局:ウィズスポ事務局(ルーツ・スポーツ・ジャパン内)
大会WEBサイト:http://east-west.wizspo.jp/

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント ツール・ド・ニッポン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載