世界に1台のデザインを作ろうトレックの超軽量バイク「エモンダ」がカスタムプログラム「プロジェクトワン」に登場

  • 一覧
トレック「プロジェクトワン」のウェブページに表示された「Émonda SLR」トレック「プロジェクトワン」のウェブページに表示された「Émonda SLR」

 「TREK」(トレック)のカスタムバイクプログラム「プロジェクトワン」のラインナップに、超軽量ロードバイク「Émonda」(エモンダ)が加わった。今回追加されたのは、ハイエンドモデルの「Émonda SLR」と女性向けモデルの「Émonda SLR WSD」。両モデルともに、アメリカ・ウィスコンシン州のトレック本社工場で生産されるという。

 プロジェクトワンは、数えきれないほどのカラーパターンや、豊富なパーツオプションで、世界に1台の自分だけのバイクが作れるプログラムだ。ウェブサイト上では、実際にカラーやパーツを選択して、できあがりのイメージを見ることができる。

UCIプロチーム「トレック ファクトリーレーシング」のイェンス・フォイクトもプロジェクトワンをPR(7月2日、柄沢亜希撮影)UCIプロチーム「トレック ファクトリーレーシング」のイェンス・フォイクトもプロジェクトワンをPR(7月2日、柄沢亜希撮影)

 エモンダのプロジェクトワンへのラインナップ登場にあわせて、新しいペイントパターン「KOM」も登場。「Domane 6」シリーズと「Speed Concept 7」シリーズのペイントパターンも刷新された。

 また、先日発表されたばかりのステムと一体型のハンドルバー「Bontrager XXX Integrated Bar/Stem」が、パーツ選択オプションとして追加。さらに、重量が5g以下の特殊塗装「ベイパーコート」がSpeed Concept 7シリーズを除く全モデルで新たに選択可能になった。

 ロードバイクのブランドマネージャー、マイケル・マイヤー氏は、「エモンダがツール・ド・フランス開幕と同時に発表されて以来、プロジェクトワンに対する多くのリクエストをもらってきた。エモンダは、ライダーのアイデアを具現化するための最高のキャンバスとなる」とコメントしている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

トレック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載