title banner

子育て満点バイク in アジア<7>ソーシャルネットワークを活用した自転車の“オフ会” スコールを乗り切った「シンガポール2分の1周ライド」

  • 一覧

 シンガポールでは「Meetup」というソーシャルネットワークが人気です。そこでは、マラソン、ダンス、旅、中国語会話、飲み会など同じ趣味や興味、関心をもつ人や、赤ちゃんを持つママ、シングル女子、駐在員、学生など同じ立場やポジションにある人がウェブ上で10人~1万人も集まるグループを作っていて、誰かが「ミートアップ」(日本のオフ会のようなもの)を呼びかけることでリアルに出会い、集います。「Meetup」には、もちろん自転車のグループもあり、今回私は、そのミートアップに実際に参加してきました!

200人が集う自転車グループ「Bukit Pedals」から参加した今回のメンバー。スコールの中皆で雨宿り200人が集う自転車グループ「Bukit Pedals」から参加した今回のメンバー。スコールの中皆で雨宿り

大小そろう自転車グループ

 自転車のグループには、20人くらいのものから、1400人が所属する大規模なものまでさまざまなサイズのものがあります。また自転車のミートアップの多くは、週末に開催されるのが特徴です。加えて、常夏のシンガポールでは日中は暑くて走れないので19時半以降に走るナイトサイクリングも盛んですよ。

 私は、「Bukit Pedals」という200人のメンバーが所属しているグループで土曜日の朝に行われた「シンガポール2分の1周ライド(1/2 round island)」に参加をしてきました。半周といっても65km、例えるならばシンガポールは淡路島くらいの大きさがあります。

「平均時速20~25km」だったはずが…

日の出前の6時半に出発日の出前の6時半に出発

 初めてのライドではどんな様子かわからないので、今回は息子たちを夫に預けて行くことにしました。下の子は授乳中なのでできれば3時間、遅くとも4時間以内には帰りたい――まるでシンデレラ! 調べてみると、我が家の近くを通るコースだったので、そんな私にもぴったりでした。

 当日は朝7時の集合に間に合うよう6時半に家を出発。日の出は7時ごろなのでまだお月さんが出ていました。足慣らしに7kmほど走って着いた集合場所のマクドナルドでは、サイクルウェアを着た男性陣が“朝マック”中。「おはようございます」と挨拶をして立ち話に加わりました。

 企画者の若い男性が今日のコースについて説明を始めました。女性は、私のほかにもうひとりのシンガポール人の2人だけ。あとは20代前半から40代くらいのロードレーサーに乗った男性たちでした。あれ? これ速い会なんじゃないの?

ミートアップの集合場所になったマクドナルドミートアップの集合場所になったマクドナルド

 「みんな速そうですねぇ、私そんな速く走れないんですけどハハハ」と苦し紛れにいちおう主張しておくと、「大丈夫だよゆっくり走るから!」。…サイクルジャージ着た男の人のこの手の発言はあてにならないんですよね(笑)。

 ドキドキしながら走りはじめてみると、やっぱりみんな速い! ふとサイクルコンピューターを見ると「時速34km」。ミートアップのライド案内には「平均時速20~25km」と書いてあったのに。普段時速20kmちょっとで、たらたら走っている私にはとても刺激的でした。

雨が降ることが前提 雨対策もお手のもの

 20kmくらい走ったところでポツポツ雨が降り始めました。「防水しよう」とガソリンスタンドで止まり、携帯や財布などをジップロックや防水の袋に手際よく入れていきます。雨が止むまで休憩するのかと思いきや、「準備OK?」と再スタート。

 スコールの降る国のサイクリストたちは雨に慣れている…いや雨が降ることが前提なのです。それでもだんだん雨が強くなり、まるで水の中を泳いでいるくらいの大雨に(決して大げさなわけではありません)。

降り始めた雨は水の中を泳いでいるくらいのスコールに降り始めた雨は水の中を泳いでいるくらいのスコールに

 前が見えなくてはさすがに走れないので、バス停で雨宿りをすることにしました。シンガポールの自転車事情について尋ねたり、私が理事長となっているコグウェイ主催の「四国ディスカバリーライド」について紹介したり。四国ディスカバリーライドでは、今年の台湾開催のイベントと2015年10月に向けての参加者を獲得できました(笑)。

 楽しくおしゃべりをしながら1時間くらいたったころ、「止まないねぇ」「行こうか」と、止まない雨を待つのは止めて、ライドを再開しました。カラフルで素敵なサイクルジャージもドロドロ。でも、みなさんほぼ手ぶらで防水対策もしているので大丈夫なようです。タフです。

 雨宿りをしたにも関わらず、ほぼ予定通りの午前11時前にはゴールをして解散。無事、4時間ちょっとで腹ペコの息子が待つ家へと帰ることができました。ほっ。

◇         ◇

 今回のミートアップはなかなか楽しく、またやりたいと思っています。また、自転車のグループは少ないので狙い目。そのうち自転車、さらに育児のグループを作ろうと思っていますよ。

山田美緒山田美緒(やまだ・みお)

サイクリストとして世界中を旅した経験から一般社団法人コグウェイを設立し、「四国ディスカバリーライド」「コグウェイin台湾」などを主催。著書に、アフリカ大陸縦断記をまとめた『マンゴーと丸坊主』、女性サイクリストたちとの旅や交流の体験記『満点バイク』がある。2014年3月よりシンガポール在住。ブログURL(http://mantem.exblog.jp/

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

コグウェイ 子育て満点バイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載