東京・臨海副都心で自転車の祭典遊びもレースも満喫できる「湾岸サイクルフェスティバル」開幕 27日も開催

  • 一覧

 東京・臨海副都心を舞台とする自転車の祭典「湾岸サイクルフェスティバル2014」が7月26日に開幕した。初日は、学生を中心とする本格的なレース「湾岸クリテリウム」や、大人も子供も三輪車で競う「三輪車クリテリウム」、お台場や有明を自転車で巡る「ツール・ド・湾岸」など多彩な催しが行われた。27日も開催される(入場無料)。

「湾岸サイクルフェスティバル」の人気イベント「三輪車クリテリウム」「湾岸サイクルフェスティバル」の人気イベント「三輪車クリテリウム」

大人気のアトラクション「人力発電かき氷」。自分でペダルをこいで発電し、かき氷機を回せば、無料で食べられる大人気のアトラクション「人力発電かき氷」。自分でペダルをこいで発電し、かき氷機を回せば、無料で食べられる
「ビタミンiファクトリー」は、幼児向けに自転車教室を開催。わずか30分で自転車に乗れるようになる子もいるという「ビタミンiファクトリー」は、幼児向けに自転車教室を開催。わずか30分で自転車に乗れるようになる子もいるという

最新バイクを試乗できる

 昨年までは「お台場サイクルフェスティバル」と称されていたイベントで、今年はメーン会場をより東側のシンボルプロムナード公園「夢広場」に移し、規模を拡大して開催している。りんかい線「東京テレポート」駅とゆりかもめ「青海」駅の間にあたり、ショッピングモール「東京お台場パレットタウン」やトヨタ自動車のショールーム「メガウェブ」の目の前に位置する好立地だ。

ヨネックスは今春発売したカーボンフレーム「カーボネックス」の試乗車を大量に用意しているヨネックスは今春発売したカーボンフレーム「カーボネックス」の試乗車を大量に用意している
パナソニックではクロモリロードバイクの試乗車が人気パナソニックではクロモリロードバイクの試乗車が人気

 会場ではブース出展社による試乗会が行われ、クリテリウムレースが行われていない時間帯に、好きなバイクを借りて乗ることができる。各社の最新モデルや、憧れの高性能バイクを試すことができるチャンスだ。

 また、出展ブースではパーツやウエア、アクセサリーなどの即売も行われており、好みの商品を買い求めるサイクリストたちで賑わった。

キャットアイのブースではサイクルコンピューターやライトの特価販売もキャットアイのブースではサイクルコンピューターやライトの特価販売も
ブリヂストンサイクルのブースでは、最新バイクの試乗に加え、タイヤやアクセサリーの販売も行われているブリヂストンサイクルのブースでは、最新バイクの試乗に加え、タイヤやアクセサリーの販売も行われている
コリドーレのブースでは、ロードバイクブランド「サルト」、サイクルウェアの「ピセイ」などを展示販売コリドーレのブースでは、ロードバイクブランド「サルト」、サイクルウェアの「ピセイ」などを展示販売
ジオライドジャパンのブースでは、ロードバイクの「KOGA」(コガ)とMTBの「コメンサル」を展示ジオライドジャパンのブースでは、ロードバイクの「KOGA」(コガ)とMTBの「コメンサル」を展示
「江東区湾岸部コミュニティサイクル」のブースでは、話題のシェアサイクルをPR「江東区湾岸部コミュニティサイクル」のブースでは、話題のシェアサイクルをPR
ガールズケイリンとランドリーのコラボによる可愛らしいTシャツも販売中ガールズケイリンとランドリーのコラボによる可愛らしいTシャツも販売中

新MAVICカーを初お披露目

 「MAVIC」(マヴィック)は、レースやサイクリングイベントで、チームや選手を問わずホイール交換などのサービスを提供する「ニュートラルカー」(通称:マヴィックカー)の新車両を初公開している。ベース車両は、スバルの新しいステーションワゴン「レヴォーグ」。この新車両は8月からレースの実戦に投入する予定という。

MAVICはニュートラルカーの新車両を初公開。ベース車両はスバル「レヴォーグ」MAVICはニュートラルカーの新車両を初公開。ベース車両はスバル「レヴォーグ」
屋根の上のキャリアには大量のホイールとニュートラルバイクを積載できる屋根の上のキャリアには大量のホイールとニュートラルバイクを積載できる

本格レースから、遊び心満載の企画まで

 本格レース「湾岸クリテリウム」は、お台場地区の大きな遊歩道を一部封鎖してコースを設定。初日は大学生の公式戦「全日本学生RCS」第5戦が行われ、そのスピードや迫力、手に汗握る展開で大いに盛り上がった。2日目の27日には、国内最高峰のロードレースシリーズ「Jプロツアー」の公式戦も行われる。

「湾岸クリテリウム」初日のメーンレースは学生の公式戦「湾岸クリテリウム」初日のメーンレースは学生の公式戦

 本格的なレースが行われる一方、遊び心満載の企画も。クルマのボディにアニメキャラなどをペイントした「痛車」(いたしゃ)にならって、キャラクターをテーマに仕上げた自転車「痛チャリ」のコンテストが行われ、ディスクホイールなどに好みのキャラを描いたロードバイクが登場。その完成度の高さに、熱い視線が注がれていた。

「痛チャリグランプリ」の入賞作品。完成度は抜群「痛チャリグランプリ」の入賞作品。完成度は抜群
「痛チャリ」を熱心に見つめる来場者「痛チャリ」を熱心に見つめる来場者
総北高校と箱根学園の選手も会場に姿を見せた総北高校と箱根学園の選手も会場に姿を見せた

 また、来場者が身に着けているオリジナルジャージの中から優れたデザインを選ぶ「ジャージコンテスト」では、ビールテイストの清涼飲料「ホッピー」をモチーフにしたデザインが最優秀に選ばれ、ウェアを着る家族が表彰された。司会の団長安田さんが、ウエアを着るシバイヌにマイクを向けるとペロンとひと舐めされ、会場の爆笑を誘った。

「ジャージコンテスト」の審査員を務めたちゃりん娘のメンバー「ジャージコンテスト」の審査員を務めたちゃりん娘のメンバー
ジャージコンテストでグランプリを受賞した家族。団長安田さんがジャージ姿のワンちゃんにマイクを向けると、ペロンとひと舐めジャージコンテストでグランプリを受賞した家族。団長安田さんがジャージ姿のワンちゃんにマイクを向けると、ペロンとひと舐め
「ジャージコンテスト」の優勝ジャージもワンちゃんに着せられました「ジャージコンテスト」の優勝ジャージもワンちゃんに着せられました
三輪車クリテリウムには一般の来場者も挑戦三輪車クリテリウムには一般の来場者も挑戦

 三輪車クリテリウムは午前中から夕方にかけて何度も開催され、一般の来場者も多数参加した。

 マシンは三輪車といっても大人が運転できる特大サイズながら、やはりクランクが短いためペダリングが難しい。そのうえ、重心が高くてホイールベースが短いことから安定性を欠き、スムーズに走らせるのは一苦労。

 出場者が蛇行したり、転んだりするたびに、コース外で見守る観客から「頑張れ!」と歓声が飛んでいた。

ちゃりん娘の平野由香里さんちゃりん娘の平野由香里さん
スポーツナビゲーターの白戸太朗さんスポーツナビゲーターの白戸太朗さん
Cyclistに「つれづれイタリア~ノ」を連載しているマルコ・ファヴァロさんCyclistに「つれづれイタリア~ノ」を連載しているマルコ・ファヴァロさん

 このほか、お台場・有明地区をガールズケイリンの選手や、自転車ガールズユニット「ちゃりん娘」のメンバーと一緒に自転車で巡る「ツール・ド・湾岸」も初開催され、参加者らは約10kmのコースを走って東京湾岸の景観を楽しんだ。

 「湾岸サイクルフェスティバル」は27日も開催される。このうち「湾岸クリテリウム」は朝8時半からJプロツアーの予選がスタート。決勝は午後2時半からの予定となっている。

「湾岸クリテリウム」レーススケジュール

■7月27日(日)
8:30-10:30 JBCF Jプロツアー予選(12周/17.4㎞)
11:00-11:30 JBCF フェミニンツアー第19戦+学連女子決勝(10周/14.5㎞)
14:10-15:20 湾岸クリテリウム・スペシャルステージ(5周/7.25km)
14:30-15:20 JBCF Jプロツアー決勝(24周/34.8㎞) *Jプロツアー第12戦
※レース詳細は、日本学生自転車競技連盟 http://www.remus.dti.ne.jp/~jicf/ を参照

チーム スカイのウエアで決めた家族連れチーム スカイのウエアで決めた家族連れ
三輪車クリテリウムはギャラリーも盛り上がりました三輪車クリテリウムはギャラリーも盛り上がりました

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載