バイクインプレッション2014「CERVELO R5」 エアロ効果にも注力、さらに完成度を高めたオールラウンドマシン

  • 一覧

 1995年に設立されたサーヴェロ。ブランド名の由来はイタリア語で頭脳を意味する「cervello」と、フランス語で自転車を意味する「vélo」を組み合わせた造語であるという。生まれ変わったR5は、エアロダイナミクスと剛性強化、軽量性を両立するために開発されたSquoval3(スクオーバル3)を採用。Rシリーズの頂点に君臨するRcaの性能を引き継いだ、ハイパフォーマンスな1台だ。

「CERVELO R5」(サーヴェロ R5)「CERVELO R5」(サーヴェロ R5)

「CERVELO R5」(サーヴェロ R5)
価格:600,000円(フレーム、税抜)
サイズ:48、51、54、56
カラー:ブラック
問い合わせ先:東商会 http://www.eastwood.co.jp/

スペック

フレーム:カーボン
フォーク:Cervelo FK35
変速機:カンパニョーロ・スーパーレコード(F)&(R)
ギヤ:カンパニョーロ・スーパーレコード 53×39T、12−25T(11s)
ホイール:イーストン・EC90AERO
重量:6.1kg(完成車実測値)

細く無駄のないフォルムのシートステーは25Cを使用できるクリアランスを確保している。スリムで真っ直ぐ伸びたシルエットが特徴的細く無駄のないフォルムのシートステーは25Cを使用できるクリアランスを確保している。スリムで真っ直ぐ伸びたシルエットが特徴的
前作よりも7.4g(7.4ワット相当)もの空気抵抗を低減したという、エアロ性能にも優れる軽量フレームだ前作よりも7.4g(7.4ワット相当)もの空気抵抗を低減したという、エアロ性能にも優れる軽量フレームだ
BBライト PF-30規格を採用。フレーム重量を約810g(サイズ51)と軽量に仕上げつつ、推進力にも自信ありBBライト PF-30規格を採用。フレーム重量を約810g(サイズ51)と軽量に仕上げつつ、推進力にも自信あり

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する

米山 Rシリーズはその特徴からヒルクライムを得意とするバイクというイメージがあるけれど、軽さを感じる加速が良かった。

松尾 R5はモデル名を継続して刷新されました。以前、Rシリーズに乗った際には、Sシリーズの方が好みだと感じたのですが、今回R5を試乗して印象が変わりました。乗り心地が良いし、これだけ軽くて楽に上れるのであれば、日本の道路環境にもマッチしてレースからツーリングまで楽に速く走ることができると思います。

米山 今回の試乗車は完成車販売モデルとは少しアッセンブルが異なっていたけれど、デュラエースDi2で組んだこの仕様で実測値6.1kgとは軽いね。ペダルとボトルケージを付けてもまだ余裕がありそうだよ。

松尾 そうですね。まず手に持ったときの印象は、月並みだけど指一本で持てるような軽さでした。その軽さは乗っても健在。軽いからといって、柔らかかったり、鈍く感じるということはなく、非常に軽快に走れました。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中

米山 剛性は軽さを感じるタイプ。そのなかでも、サーヴェロらしいというか、縦方向に刃のような独特の乗り味があった。

松尾 しかも、扱いやすさではライバル車種と比較しても優れていて、好きでした。剛性に関しては、思いっきり最大級のパワーをかけるとしなりがあり、それを生かせる走りができました。

米山 決してコンフォート系バイクではないけれど、快適性はどう評価した?

松尾 乗り心地の良さも抜群でしたよ。ただ振動は来ないけれど、足回りがちょっとばたつく感じです。これはホイールの剛性が高かったからかもしれません。

米山 ああ、確かにホイールの影響でかなりTTバイクっぽい感じだった。

松尾 ここは好みで足回りを調整ですね。あと気になったのはスプリントをしてみるとバックステーの動きが少し大きく、しなりを感じたんです。ボクの体重(67kg)より軽ければ気にはならない程度かも知れませんが。上りではダンシングで体重をペダルに乗せるだけで進み、パワーをかけた時の若干のしなりがリズムを生んで速度を上げたいと思うときも自在でした。

米山 個性が立ちつつ完成度の高さを感じるバイクだったね。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

50万円以上のロードバイクサーヴェロ(Cervelo)のロードバイク

50万円~ カーボン サーヴェロ バイクインプレッション フレームセット ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載