新製品情報キャノンデールから新型「SYNAPSE HI-MOD」登場 ディスクブレーキ仕様に特化

  • 一覧

 キャノンデールが2015年モデルのラインナップを発表した。ロードではエンデュランスタイプの「SYNAPSE」(シナプス)がアップデート。最上位機種のHI-MOD(ハイモッド)フレームがディスクブレーキ専用に刷新され、エンデュランスバイクの概念をさらに進化させている。(レポート 米山一輝)

ディスクブレーキ専用設計となった、SYNAPSE HI-MOD RED DISCディスクブレーキ専用設計となった、SYNAPSE HI-MOD RED DISC

 高速ロングライドに特化したロードバイクとして、昨シーズンに新登場したシナプスは、世界中での好評を受け、モデル数を増加させた。シナプス・カーボンは、先行して発表された新105モデルに加え、アルテグラモデル(完成車税抜30万円)がラインナップされ、予算に応じて選択しやすくなった。

SYNAPSE HI-MOD ULTEGRA DISCSYNAPSE HI-MOD ULTEGRA DISC
SYNAPSE CARBON ULTEGRASYNAPSE CARBON ULTEGRA
SYNAPSE CARBON 5 105SYNAPSE CARBON 5 105
SYNAPSE CARBON 6 105SYNAPSE CARBON 6 105
アルミフレームのSYNAPSE 105 DISCアルミフレームのSYNAPSE 105 DISC
アルミフレームのSYNAPSE SORA (Magnesium White w/ Jet Black, Gloss <03>)アルミフレームのSYNAPSE SORA (Magnesium White w/ Jet Black, Gloss <03>)

 新しくなったシナプス・ハイモッドは、ディスクブレーキ専用設計。ディスクブレーキ使用時の応力を考慮し、左右で異なるカーボンレイアップが採用された。形状は従来と同様ながら、中身は新しく作り替えられている。これに伴いフレーム重量は昨年モデルよりも45g増加したが、ディスクブレーキにより強力で安定したストッピングパワーを発揮することができる。またフロント・リアともオイルラインは内蔵化。もちろん変速システムはDi2対応で、ワイヤーはフレーム内蔵だ。

ブレーキキャリパーの位置が従来より後方にオフセットしたブレーキキャリパーの位置が従来より後方にオフセットした
フロントブレーキ周り。フォークもディスク専用に作られたものフロントブレーキ周り。フォークもディスク専用に作られたもの
ディスクブレーキ専用とあって、フォーク上部にブレーキ取り付け穴は存在しない。代わりにオイルラインの内蔵用ホールがディスクブレーキ専用とあって、フォーク上部にブレーキ取り付け穴は存在しない。代わりにオイルラインの内蔵用ホールが
複雑な形状のチェーンステー・シートステーは、SAVEプラスマイクロサスペンションシステムを構成する複雑な形状のチェーンステー・シートステーは、SAVEプラスマイクロサスペンションシステムを構成する

 ディスクブレーキ取付部周辺では、細かい最適化も行なわれている。リアブレーキは、従来よりもエンド側にキャリパーマウントを移した「リーチアラウンド リアマウント(RaR)」により、チェーンステーに掛かる力を最小限に抑えるとともに、路面のショックと振動を減らすSAVEテクノロジーの動作を邪魔しないようになっている。またフロントフォークエンドの切り欠き方向を、従来の下向きから斜め前向きに変更。ブレーキキャリパーの開きとエンドの向きを合わせることで、ディスク付きホイールの着脱を素早く行なえるようになっている。

フォークエンドの向きを変更し、ディスク付きホイールの着脱を容易にするフォークエンドの向きを変更し、ディスク付きホイールの着脱を容易にする
複雑な螺旋形状を描くシートステー。タイヤは太めの28cを装備複雑な螺旋形状を描くシートステー。タイヤは太めの28cを装備
シートチューブ下部は左右非対称デザイン。BBは幅広の新型73mm BB30Aシートチューブ下部は左右非対称デザイン。BBは幅広の新型73mm BB30A

 ロードラインナップ全体ではマイナーチェンジが中心となるが、パフォーマンスロード(SUPERSIX EVO、CAAD10、CAAD8)の完成車でタイヤサイズが700x25cに、リアスプロケットが11-28Tに、フロントギアが52-36Tに原則統一されるなど、ワイドタイヤ・ワイドギアレシオの流れに沿った変更が行なわれている。同様にエンデュランスロード(SYNAPSE)ではリアが11-32T、フロントが50/34Tとさらにワイドなギアが選択され、リアディレイラーはロングケージタイプとなっている。

新しいSYNAPSE HI-MODを、さっそく試乗インプレ

SYNAPSE Hi-MOD ULTEGRA DISCSYNAPSE Hi-MOD ULTEGRA DISC

 新しいシナプス・ハイモッドに試乗する機会を得た。ディスクブレーキに最適化されたニューモデルで、シマノ・アルテグラDi2コンポの「SYNAPSE Hi-MOD ULTEGRA DISC」。油圧式の140mmディスクブレーキを前後に装備する。

 フレームは大きめで、ハンドルは若干高め。ドロップハンドルもコンパクトで、下ハンドルを持ったときの感覚は、スプリントというより高速巡航向きという印象を受けた。乗り味は快適かつゆったりめだが、フニャフニャしているわけでなく、しっかり芯を押さえつつ、路面の凸凹にキレイに追従しているという感覚だ。28cの太いタイヤも相まって、多少雑な走行ラインを取っても、バイク任せでどんどん走ってくれる。下りはクセがないニュートラルな印象だった。

 約20kmの試乗をこなす間に、不意の雨に降られてしまったが、ディスクブレーキの効用を試すにはかえって好都合だった。油圧ということで、長い下り坂で強力なストッピングパワーが必要な場合でも、一本指のレバー操作で済むのは超楽チン。握力が落ちてくるようなスーパーロングライドや、長い峠のダウンヒルをこなすことも多いグランフォンドで活躍するのはもちろん、通常のライドでもライダーの負担を大きく軽減してくれるだろう。

 何度かフルブレーキングを試してみたが、不安は全く感じなかった。従来のリムを挟むタイプのブレーキに比べ、悪天候時にも安定したブレーキングができるメリットは大きい。ローディーとしては、ちょっと聞き慣れないブレーキ音が鳴るのは気になったが、これは文字通り慣れの問題だろう。

 UCI(国際自転車競技連合)は公式のロードレースにおいてディスクブレーキの使用を許可していないため、グレードの高いレースには使えないバイクなのだが、そちらへの未練を残さず、最上位モデルをディスク専用で作ってくるあたり、エンデュランスバイクへのキャノンデールの本気度が伝わってくる。まだディスクにはちょっと腰が引けるというユーザーには、ハイモジュラスでないシナプス・カーボンがキャリパーブレーキを採用している。こちらも他ブランドのハイモジュラスフレームに匹敵する軽さを誇っており、お手頃な完成車価格も含めておすすめのモデルだ。

SYNAPSE HI-MOD DISC FRAME SET
フレームセット価格:365,000円(税抜)
カラー: Berserker Green w/Magnesium White, and Jet Black Gloss (01)
サイズ: 48, 51, 54, 56, 58cm

SYNAPSE HI-MOD RED DISC
完成車価格:740,000円(税抜)
カラー: Berserker Green w/Magnesium White, and Jet Black Gloss (01)
サイズ: 48, 51, 54, 56, 58cm

SYNAPSE HI-MOD ULTEGRA DISC
完成車価格:550,000円(税抜)
カラー: Chacoal Grey w/ Abyss Blue and Ultra Blue, Gloss (02)
サイズ: 48, 51, 54, 56, 58cm

SYNAPSE CARBON ULTEGRA
完成車価格:300,000円(税抜)
カラー: 40 Blue w/ Jet Black, Gloss (03)
サイズ: 48, 51, 54, 56, 58cm

 

関連記事

この記事のタグ

30~50万円のロードバイク50万円以上のロードバイクキャノンデール(Cannondale)のロードバイク

30~50万円 50万円~ キャノンデール ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載