全日本MTB選手権2014 クロスカントリー部門クロスカントリー男子は武井亨介が全日本初制覇 女子の與那嶺恵理と師弟アベック優勝

  • 一覧

 全日本マウンテンバイク選手権のクロスカントリー部門が7月20日、静岡県伊豆市の日本サイクルスポーツセンター(CSC)で行われ、男子エリートは武井亨介(チーム・フォルツァ!)が山本幸平(Specialized Racing Team)の7連覇を阻んで初の栄冠を獲得。女子エリートでは、その武井が指導する與那嶺恵理(サクソバンクFX証券)が独走で優勝し、師弟での全日本制覇を成し遂げた。

全日本初制覇を飾った武井亨介(チーム・フォルツァ!)。同じくタイトルを獲った與那嶺恵理(サクソバンクFX証券)と抱き合う全日本初制覇を飾った武井亨介(チーム・フォルツァ!)。同じくタイトルを獲った與那嶺恵理(サクソバンクFX証券)と抱き合う
昨年に引き続き、日本サイクルスポーツセンターで開催昨年に引き続き、日本サイクルスポーツセンターで開催

 日本CSC内に設定されているクロカンコースを舞台に、レイアウトを昨年から一部変更し、4250mのサーキットを周回して争われた。前日のダウンヒル競技の雨模様から一転して蒸し暑い天候となり、選手には大きな負担が予想された。

「最強のレーサー」山本幸平に打ち勝った武井亨介

 男子エリートクラスのコースは7周回、全長29.75km。当初は世界を転戦する山本がレースをリードするかと思われたが、武井が序盤から先頭を快走する展開となった。武井のペースは周回を重ねても全く衰えず、山本に20秒前後のリードを保つ。対する山本も武井のペースに合わせるかのように淡々と追走した。

 レースが動いたのは6周回目。山本がペースアップし、ついに最終・7周回目で武井に追いついた。この攻防で一時は山本がトップを奪うものの、武井は「狙っていた」という終盤の“仕掛け”区間で再度、山本を突き放すことに成功。17秒のリードを奪ってゴールし、初の全日本タイトルを獲得した。

レースを支配した武井亨介(チーム・フォルツァ!)レースを支配した武井亨介(チーム・フォルツァ!)
王者のオーラが消えたかのような山本幸平(Specialized Racing Team)王者のオーラが消えたかのような山本幸平(Specialized Racing Team)
終盤では両者の差は無くなるものの武井が冷静に対処終盤では両者の差は無くなるものの武井が冷静に対処

 武井はレース後、山本を称えつつ、ともに全力を出し切って戦った結果だと語った。

 「幸平は強い。彼の強さを知っているから、今日は(山本にとって)バッドラックだったね。今日は俺の日だった。また来年もやりたいね。来年も勝ってこそ本物だと思う。とにかく彼(山本)は強い。今日の幸平の調子が悪いとかではなく、彼の全力に僕が全力でねじ伏せたということです」

 武井は選手としてだけでなく、コーチとして與那嶺恵理を指導する立場でもある。共に走りながらマンツーマンで指導するなかで、自身も大きな栄冠を勝ち取った。しかし、あくまで目標の中心は與那嶺のオリンピックだという。

初の栄冠に輝いた武井亨介(チーム・フォルツァ!)初の栄冠に輝いた武井亨介(チーム・フォルツァ!)

 「僕の選手としてのキャリアは終わっていて、(與那嶺)恵理さんに6年後の東京オリンピックでメダルを取らせる事が僕の仕事。もっと僕が(コーチとして)頑張るために、獲ったこの立場(全日本チャンピオン)を使いたい。少なくともアンダーの子供達が困らない状況は作りたい」

 そして武井は、現在の大会運営に苦言を呈した。

 「オルガナイザーやコミッセールはこの無観客試合をなんとかするべきだ。これではスポンサーは付かない。北米ではロゴの露出やメーカーゾーンのブースがないレースはありえない。レース運営は、選手にパフォーマンスを発揮させるよう努めるべきなのに、選手に規則を守らせるだけになっているのが衝撃的でした」

 「現場は頑張っていますが、今の体質のJMA・JCFに関わるなという事です。だからジャパンチームに関わる暇もない。どこのメーカーも来ないこんな色気の無い会場はヤバいね」

7連覇を逃した山本幸平。ゴール後うなだれる7連覇を逃した山本幸平。ゴール後うなだれる
5年ぶりに全日本を走った元王者、竹谷賢二(SPECIALIZED)は-1LAPの14位5年ぶりに全日本を走った元王者、竹谷賢二(SPECIALIZED)は-1LAPの14位

 敗れて全日本7連覇を逃した山本は、レースを振り返って敗北の弁。

 「イメージでは例年通り単独で行こうと思っていたけれど、今年の体調がバッチリ合わなかった。自分らしい“世界を目指す山本幸平”は、今日はいなかったということです」

 3位には斉藤亮(ブリヂストンアンカー)が入った。打倒山本の最右翼といわれ、チームを移籍して臨んだ今季の全日本だったが、結果的にはチームメートの平野星矢と表彰台争いを繰り広げるレースとなった。

チームを移籍して全日本に挑んだ斉藤亮(ブリヂストンアンカー)は平野星矢(ブリヂストンアンカー)と競り合う結果にチームを移籍して全日本に挑んだ斉藤亮(ブリヂストンアンカー)は平野星矢(ブリヂストンアンカー)と競り合う結果に
男子エリート表彰 山本幸平(Specialized Racing Team)・武井亨介(チーム・フォルツァ!)・斉藤亮(ブリヂストンアンカー)男子エリート表彰 山本幸平(Specialized Racing Team)・武井亨介(チーム・フォルツァ!)・斉藤亮(ブリヂストンアンカー)

文句なしの優勝を飾った與那嶺 U23は沢田時が連覇

早々に独走体制を築いた與那嶺恵理(サクソバンクFX証券)早々に独走体制を築いた與那嶺恵理(サクソバンクFX証券)

 女子エリートは6周回・25.50kmで争われ、與那嶺が独走で優勝した。昨年の全日本でもトップでゴールしたが、チェーン切れの機材補給をめぐって降格処分となり、その後、日本スポーツ仲裁機構での仲裁により降格処分が取り消されるという複雑な経緯から、この日はゼッケン0番での出走だった。

 「レースの展開は見ての通りです。自分との戦いでした。この一年は成長を感じているので、6年後の東京オリンピックを目指して来年何をするかです」

 レース後、将来を見据えたコメントを語った與那嶺。昨年は思わぬ降格処分を受け、表彰式でナショナルチャンピオンジャージを着ることができなかった。今年は晴れて表彰台の中央に上がり、笑顔でチャンピオンジャージに袖を通した。

女子ナショナルチャンプは與那嶺恵理(サクソバンクFX証券)が獲得女子ナショナルチャンプは與那嶺恵理(サクソバンクFX証券)が獲得
2位争いは末政実緒(Unior Tools/LITEC)が中込由香里(チーム シーナック)を押さえるシーンもあった2位争いは末政実緒(Unior Tools/LITEC)が中込由香里(チーム シーナック)を押さえるシーンもあった
女子エリート表彰 中込由香里(チーム シーナック)・與那嶺恵理(サクソバンクFX証券)・末政実緒(Unior Tools/LITEC)女子エリート表彰 中込由香里(チーム シーナック)・與那嶺恵理(サクソバンクFX証券)・末政実緒(Unior Tools/LITEC)

 2位争いは前日にダウンヒル15連覇を果たした末政実緒(Unior Tools/LITEC)と、大ベテラン中込由香里(チーム シーナック)が争い、中込が競り勝った。

 6周回で行われた男子U23は、沢田時(ブリヂストンアンカー)と中原義貴(キャノンデール)の一騎打ちとなったが、中原が転倒で遅れてしまう。沢田もパンクでホイールを交換し、2人の差は縮まったものの、沢田が連覇を達成した。

(レポート 中尾亮弘)

男子U23は沢田時(ブリヂストンアンカー)と中原義貴(キャノンデール)の一騎打ち男子U23は沢田時(ブリヂストンアンカー)と中原義貴(キャノンデール)の一騎打ち
男子U23は沢田時が連覇男子U23は沢田時が連覇
男子U23表彰 中原義貴(キャノンデール)・沢田時(ブリヂストンアンカー)・前田公平(スコット)男子U23表彰 中原義貴(キャノンデール)・沢田時(ブリヂストンアンカー)・前田公平(スコット)
ユースは北林力・ジュニアは平林安里(ともにWESTBERRG ProRide)が制覇ユースは北林力・ジュニアは平林安里(ともにWESTBERRG ProRide)が制覇

男子エリート
1 武井亨介(チーム・フォルツァ!) 1時間23分15秒78
2 山本幸平(Specialized Racing Team) +17秒09
3 斉藤亮(ブリヂストンアンカー) +53秒26
4 平野星矢(ブリヂストンアンカー) +1分6秒68
5 恩田祐一(ミヤタ-メリダ) +3分15秒68
6 小野寺健(ミヤタ-メリダ) +4分3秒19
7 門田基志(ジャイアント) +6分41秒82
8 松本駿(スコット) +7分30秒48
9 大渕宏紀(DECOJA NEXTPHASE) +7分59秒95
10 松尾純(ミヤタ-メリダ) +-1ラップ

女子エリート
1 與那嶺恵理(サクソバンクFX証券)1時間33分44秒68
2 中込由香里(チーム シーナック) +1分29秒68
3 末政実緒(Unior Tools/LITEC) +2分6秒43
4 小林可奈子(AZUMINO FOX MASSI) +2分15秒42
5 ケリー美枝子 +5分30秒76

U23男子
1 沢田時(ブリヂストンアンカー)1時間19分1秒60
2 中原義貴(キャノンデール) +45秒72
3 前田公平(スコット) +3分77

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

MTBレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載