【Teamユキヤ通信】ツール・ド・フランス笑顔で「絶好調」宣言 新城幸也が記者会見でツール後半戦への意気込み語る

  • 一覧

 ツール・ド・フランスは第10ステージまで終了し、7月15日に1回目の休息日を迎えた。新城幸也は1時間ほど軽く自転車に乗り、夕方には日本からの取材陣向けに単独記者会見を開いた。

日本のプレス向けに開いた記者会見で笑顔を見せる新城幸也 (Photo: Mwa IIJIMA)日本のプレス向けに開いた記者会見で笑顔を見せる新城幸也 (Photo: Mwa IIJIMA)

 会見で新城は終始リラックスし、取材陣も驚くほど元気な様子で、会話を楽しんでいるように語った。

 「特に休息日が待ち遠しいという感覚ではない。そのくらい余裕があるし、絶好調だ。まだ逃げに入れていないので、これからのステージで何かしたいと思っている。休息日はあまり動かないから、食事制限している。でも、昨日はワインを2杯飲んだ(笑)」

 一方、有力選手のリタイアが相次いだことについて質問されると、次のように語った。

 「フルームのリタイアは残念、コンタドールのリタイアはツールが寂しくなる。ニバリの強さは感じているけど、ツールはまだ決まっていない」

会見後にマッサージを受ける新城幸也 (Photo: Mwa IIJIMA)会見後にマッサージを受ける新城幸也 (Photo: Mwa IIJIMA)

 16日の第11ステージは、前半はフラットなコースだがじわじわと上っていき、終盤にかけて3級山岳が3つ、4級山岳が1つ現われる187.5kmのコースで行われる。

(レポート 飯島美和)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2014 ツール2014・ユキヤ通信

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載