【Teamユキヤ通信】ツール・ド・フランス 第6ステージ新城幸也はスプリントをアシスト、エースのピエールが横風で遅れる 「雨はもう嫌だ…」

  • 一覧

 ツール・ド・フランス第6ステージ、新城幸也(チーム ヨーロッパカー)は先頭から54秒遅れの区間85位でレースを終えた。

ブライアン・コカールと並んでカメラに笑顔で応える新城 (Photo: Miwa IIJIMA)ブライアン・コカールと並んでカメラに笑顔で応える新城 (Photo: Miwa IIJIMA)

 この日はフラットな194kmで、スタート直後に4選手の逃げが決まった。前日のパヴェ(石畳)ステージでの落車のケガや、体力的なダメージを負っている選手が大半を占める集団は、逃げを射程圏内に置きながら、ゆっくりとレースを進めた。

 しかしそんなメーン集団を、この日も強い風と、冷たい雨が襲った。現在ポイントジャージを保持しているペテル・サガン(キャノンデール)や、フランスチャンピオンのアルノー・デマール(エフデジ ポワン エフエル)ら有力選手たちが次々と落車してしまう。

 逃げていた4選手は、残り20km付近でまず2選手が集団に戻り、残り13kmを前にして全員が吸収された。ところがスプリンターを擁するチームの位置取り合戦が始まろうかというこのタイミングで、激しい横風で集団は2つに分裂。ヨーロッパカーの総合上位を狙うエース、ピエール・ローランは後ろに取り残されてしまう。

メーン集団はキッテルのゴールスプリントに備えてジャイアント・シマノがコントロール。中国人選手として初めてツールを走るジ・チェンが先頭を引く (Photo: Miwa IIJIMA​)メーン集団はキッテルのゴールスプリントに備えてジャイアント・シマノがコントロール。中国人選手として初めてツールを走るジ・チェンが先頭を引く (Photo: Miwa IIJIMA )

 スプリンターのブライアン・コカールが前方集団に残ったことから、ブライアンと一緒に前方の集団に残った新城は、ゴールまで残り2kmからスプリントの位置取りを開始。トップスピードで先頭を引き続ける。その様子は、ゴール地点の会場内の大型ヴィジョンに映し出され、今年で引退するフランスの名物MC、ダニエル・マンジャスも興奮気味に、「ユキヤ・アラシロっ!」と名前を連呼。大歓声が起きた。

 残り1kmを切ったところから、次のスプリント要員アシストのケヴィン・レザが先頭に立ち、新城の仕事は終了。ブライアンは完璧な形でゴールスプリントに入ったものの、大柄のスプリンターたちに前を阻まれて行き場を失い、この日は8位に終わった。

 そして後ろの集団になってしまったピエールは、この日もタイムを失ってゴール。現在マイヨジョーヌのニバリから、6分17秒遅れの総合35位。ピエールならばこれからの山岳ステージで十分に差を詰められると、気持ちを切り替えたいところだ。

ゴール直後の新城 (Photo: Miwa IIJIMA​)ゴール直後の新城 (Photo: Miwa IIJIMA )

 レース後の新城は悔しい表情で語った。

 「横風を警戒するようにとピエールに伝えたが、タイミング悪く後ろに下がってしまった。自分が戻って集団を引いても、どうにもならない差が開いた。現場の判断でブライアンのアシストに回って、スプリントの良い形が作れた。

 ピエールは、山岳で挽回できる。自分の調子も上がってきているので、その時自分は精一杯ピエールのアシストする。チームメートが落車に巻き込まれたが、大事に至らず良かった。雨はもう嫌だ…」

 第7ステージはエペルネ〜ナンシーまでほぼフラットな234.5kmの長丁場。雨の予報が出ており、風も強いようなので、気の抜けないステージになりそうだ。

(レポート 飯島美和)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2014 ツール2014・ユキヤ通信

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載