自転車教育がもたらす未来の社会像を考える子供向け自転車教室「ウィーラースクール」のシンポジウム 東京・南青山で8月19日開催

  • 一覧

 子供向け自転車教室「ウィーラースクール」の意義を学び、将来の展開を議論するシンポジウムが8月19日、東京都港区のOVE南青山で行なわれる。2003年より関西を拠点に、子供自転車教室を全国に広めてきた団体「ウィーラースクールジャパン」の活動を通じて、子供たちへの自転車教育がもたらす未来の社会像を考える。

一本橋、渡れるかな? ウィーラースクールでおなじみのひとコマ。真剣な表情でチャレンジする一本橋、渡れるかな? ウィーラースクールでおなじみのひとコマ。真剣な表情でチャレンジする

 「ウィーラースクール シンポジウム in TOKYO なぜ子どもたちに自転車教育が必要なのか ~ヨーロッパから来た子ども向け自転車教育に学ぶこと~」と題されたこのシンポジウム。まずウィーラースクールジャパン代表のブラッキー中島隆章さんが、「ひとりでも多くの子どもに自転車に乗る楽しみを」というテーマで基調講演を行なう。ヨーロッパでの自転車教育の現状や、ウィーラースクールジャパンの活動について紹介。子どもへの教育の意義とそのゴールについて語る。

 続いてパネルディスカッション「地域に根付く自転車教室の成果とその未来への可能性」が行なわれる。パネリストはブラッキー中島隆章さん、栗村修さん、廣瀬佳正さん、山本雅道さん、小林成基さんの5人。それぞれ子供向け自転車教室に関わってきたパネリストが、各地で開催される教室の事例とその成果、また自転車競技の底辺拡大とその将来性を見据えた教育との連携などを、サイクルライフナビゲーターの絹代さんの進行で議論する。

 参加費は無料。定員は50人で、申し込みは7月14日(火)から、ウェブサイトで受け付ける。

ウィーラースクール シンポジウム in TOKYO なぜ子どもたちに自転車教育が必要なのか
~ヨーロッパから来た子ども向け自転車教育に学ぶこと~

主催: ウィーラースクールシンポジウム実行委員会
ブラッキー中島隆章、栗村修、廣瀬佳正、山本雅道、絹代
協力: NPO法人 自転車活用推進研究会
日程: 2014年8月19日(火) 午後6:00開場、6:30開始
会場: OVE南青山 東京都港区南青山3-4-8 KDXレジデンス南青山 1F
パネリスト:
ブラッキー中島隆章(ウィーラースクールジャパン代表)
栗村 修(宇都宮ブリッツェン テクニカルアドバイザー・Jsports解説者)
廣瀬 佳正(宇都宮ブリッツェン ゼネラルマネージャー)
山本 雅道(元ロード日本代表 バイシクルファクトリーヤマモト代表)
小林 成基(NPO法人 自転車活用推進研究会 理事長)
進行: 絹代(サイクルライフナビゲーター)
参加費: 無料
定員: 50人(一般受付開始7月14日(火) メディア関係は随時)

【タイムテーブル】
午後6:30~ 基調講演 ブラッキー中島隆章(約40分)
テーマ:「ひとりでも多くの子どもに自転車に乗る楽しみを」
(休憩)
午後7:20~ パネルディスカッション(約1時間)
テーマ「地域に根付く自転車教室の成果とその未来への可能性」
その後、質疑応答など

【参加申し込み】
申し込みはWEBサイトから http://cyclingschool.jp/symposium

【問い合わせ】
電話でのお問い合わせ 0771-75-5055(ウィーラースクールジャパン事務局)
メールでのお問い合わせ info@cyclingschool.jp

子ども自転車教室の現場で見えてきたこと(ブラッキー中島)

 ウィーラースクールを続けてきて10年近くになり、自転車教育が社会にもたらす影響を実感することが多くなりました。

 わたしたちが目指すスクールは、当然、競技者の底辺拡大は目的の一つにあるかとは思いますが、全国で多くの子どもたちと向き合う中、今の日本の現状では、もっと底辺の教育が必要であるという事実を痛感することが多くあります。

 数多くの自転車教室というものを通じて気づくこと。それは、ただサイクルスポーツというものだけにとどまらせず、交通安全、市民生活、町の振興、都市計画、果ては、コミュニケーションの方法や親子の関係に至るなどなど、多岐に渡る未来への可能性です。わたしたちがこれまでの数万の子どもたちと接する中で経験したその情報を整理し、この機会にウィーラースクールという手法が持つ社会的な可能性を一人でも多くの人に知って欲しいと思います。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載