バイクインプレッション2014「CARRERA PHIBRA EVO」 モノコック構造を採用し軽量化された超個性派モデル

  • 一覧

 カレラは歴史のあるイタリア有数のバイクブランドだ。良い意味で未だ見慣れることのない独特の容姿を持つ「フィブラ」は、2008年の発表から市場のニーズとテクノロジーの進化に合わせて「フィブラワン」「ツー」と変化を辿り、2014年モデルは「フィブラEVO」となった。モノコック構造を採用し、5サイズ展開と軽量化、そして魅力的な価格を手にしている。最終進化となるのか、エヴォリューションの実態と実力とは。

「CARRERA PHIBRA EVO」(カレラ フィブラ エヴォ)「CARRERA PHIBRA EVO」(カレラ フィブラ エヴォ)

「CARRERA PHIBRA EVO」(カレラ フィブラ エヴォ)
価格:240,000円(フレーム、税抜)
サイズ:XS、S、M、L、XL
カラー:WHITE/BLACK/LIGHT BLUE/RED 他5色
問い合わせ先:ダイナソア http://www.dinosaur-gr.com/brand/carrera/bike/

スペック

フレーム:T-700SC HM50 T – HS40 – HS60 T 1K
フォーク:CM30 carbon 60HM 1K 1-1/8” – 1,5”
変速機:カンパニョーロ・スーパーレコード(F)&(R)
ギヤ:カンパニョーロ・スーパーレコード 53×39T、11-25T(11s)
ホイール:カンパニョーロ・ボーラウルトラTWO
重量:1130g(Mサイズフレーム)、390g(フォーク)

個性的なルックスのなかでも一際目を引くトップチューブからシートステーの一連の形状。モノコック構造になりサイズオーダーを失ったがフレームの軽量化を手にした個性的なルックスのなかでも一際目を引くトップチューブからシートステーの一連の形状。モノコック構造になりサイズオーダーを失ったがフレームの軽量化を手にした
電動コンポーネントにも対応し、ワイヤはフレーム内蔵式を採用する。専用のエアロシートポスト電動コンポーネントにも対応し、ワイヤはフレーム内蔵式を採用する。専用のエアロシートポスト
極太ダウンチューブとボリュームのあるBB周り極太ダウンチューブとボリュームのあるBB周り

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中

米山 フィブラは非常に個性的でおもしろい形状をしたフレームだよね。カラーもまた斬新で、一度見たら忘れないでしょう。カレラというレーシングブランドのファン以外でも、誰しも目を奪われるよ。品よく組み上げたら、周りのバイク仲間に見せて回りたくなるかもね。

松尾 ルックスの迫力は随一ですね。どこに持っていっても注目されるこの派手さを受容できる人なら、所有欲を存分に満たしてくれる1台です。乗った印象は、カッチリ系でどんどんパワーをかけたいバイクです。以前のフィブラに乗った時は、かなりピーキーな印象を受けましたが、今回のフィブラEVOは乗りやすく、更にレーシーになったと感じました。

米山 走りの印象はキビキビとしていて、剛性はしっかり。その上バネ感もあった。なので、跳ねるように気持ちよく加速したよ。

松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する

松尾 そうですね、採点すると加速は10点中8.5点です。踏んだ瞬間の加速が今まで乗ったバイクの中でもかなり鋭い印象で、さらに速度に伸びを持たせた味付けになっていたと思います。

米山 軽快でバランスが良く、乗り心地も良い。でも、見た目同様に乗り味にもポップな個性があるね。

松尾 ちょっと振動を拾うし、大きなギャップにはカラダを合わせてあげる必要があったけれど、乗り心地はおおむね悪くないです。ニッチな方向へ走り過ぎず、カレラらしくレーシーで、クリテリウムやロードレースに適している。また、重心が低めなので、ダンシングや大きな動きが必要なときにバイクをコントロールしやすいですね。コーナーでの安定感は、カレラの他のラインナップの中でも良いモデルだと思います。前作のもっと尖っていた感じも良かったですが、極端なバランスから乗りやすい方向へと整えられていたので、フィブラEVOは良いマイナーチェンジだと思います。

米山 レースバイクとしての標準をキレイにクリアしている。軽さをキーワードに良いバランスに仕上げられているので、このタイプが好きな人にはいいね。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

20~30万円のロードバイクカレラ(CARRERA)のロードバイク

20~30万円 カーボン カレラ バイクインプレッション フレームセット ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載